【オススメ・キューバ】ハバナからバラデロのホテルとプライベートビーチへ

今回はキューバのバラデロについて書いていきたいと思います。

何故キューバを訪れかについては以下の記事を参考にしてください。

【格安・海外】クラッシクカーが消える前に行くべきキューバ!

さて、キューバの位置ですがメキシコの東端から東、

アメリカのフロリダの南でしょうか。

社会主義国キューバ

キューバと言えば、社会主義国で

カストロ議長が思い浮かぶのではないでしょうか?

その他にもスポーツ選手や高度な教育システムで有名です。

キューバへの入国は主にカナダ経由とメキシコ経由があると思いますが

今回はメキシコのカンクンから向かいました。

飛行機が空港に着陸すると同時に拍手喝さい。

日本人からすると不思議な光景です。

余談ですが、残念なことに、帰国してから数ヶ月後に

キューバ国内線で飛行機が墜落する事故があったようです。

ハバナからバラデロまではタクシーで2時間程度

本題に戻りますがキューバの空港に到着し、

目的地のバラデロまで数時間のタクシーの旅です。

キューバの通貨は、

価値で言えば日本の20分の1ぐらいなのですが、

外国人は外国人専用の通貨を使います。

その通貨の影響もあってタクシー代も結構な額に。

目的地を伝えて値段交渉をしていると、

みんなそんな安い金額では無理の様子、

他をあたろうとしていると、

ちょっと待ってろと言われ、

待ってると、別のタクシーが登場。

不審感を抱きつつ、

面倒なので何でもいいという結論へ。

そこから陽気な運転手との旅が始まります。

聞いたことのないメーカーの車で何年使っているか分かりません。

窓を開けようとしたら、

運ちゃんが降りて助手席の窓を

真剣白刃取りのように手で挟んで開けてくれます。

そしてドヤ顔で「オートマテーイーコ(automático)!!」と。


自動だと言いたいのでしょう笑笑

しかもエンジンランプ点灯しっぱなしの車には

なかなか日本では乗れません。

道中は、運ちゃんの独壇場で、

どこで見たか分からない侍が

刀で切る仕草で盛り上げてくれました。

オールインクルーシブのリゾートホテル



バラデロではこのMuthu Playa Varaderoホテルに宿泊。

プライベートビーチ付きのオールインクルーシブプランです。

オールインクルーシブというのは宿泊費用の中に滞在中の

食事や飲み物代が全て含まれているものです。

したがってホテルの敷地内では財布を持ち歩く必要がありません。

好きな時間に食べ飲みが出来る仕組みです。

ホテルの敷地内に複数の

レストランとバー、

クラブ、プール、ビーチなどがあり

ホテルから出る必要はありません。

ちなみにホテルの周りを移動する場合は車が無いと不便です。

Wi-Fiのカードもフロントで購入することが出来るので

フロント近くの席やバーなら、ネットを楽しむことが出来ます。

ホテルの滞在中に葉巻を買わないかと2回聞かれました。

1人は、西洋人でビーチの監視員をしている男性、

もう1人は何回か会話したウエイターのおじさんです。

何か怪しい気がしたので断りましたが、

もしかしたら麻薬なんかも絡んでいるかもしれません。

麻薬関係は国によってはかなり罪が重い場合もあり、

下手をすれば乗り継ぎ地で御用となって帰国出来ない可能性もあります。

皆さんもくれぐれも注意してください。

筆者の場合は航空券発券時により細かなセキュリティチェックを受ける

乗客に選ばれ(多分ランダム)乗り継ぎ地の

ヒューストンで洋服付いているものを機械で検査し、

手荷物も再度詳細までチェックされました。

5分程度で終わりましたが・・・

史上No.1:バラデロのビーチ

さていよいよ、ビーチですが

これまで行ったビーチの中で最も綺麗なビーチです。

どこまでも続く白い砂浜。サイコーですね!


翌日は、同じタクシーで中心地に戻ります。

小さなお店で途中下車し、

ビールをいただいて出発です。

いかがですかキューババラテロのビーチ?

筆者は日程の都合上1日しか滞在できませんでしたが

次は1週間ぐらい滞在したところですね〜〜

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



AIS北米・中米・南米周遊SIMカードを使ってみる

次回のオトコ旅、ロサンゼルス、カンクン(メキシコ)、ハバナ(キューバ)で使用するSIMカードについて書いていきたいと思います。

海外でスマホを使うためにSIMを買ったり、Wi-Fiルーターを借りたりすると思いますが、それぞれのメリットについては、
こちらの記事を参照してください。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

いろいろな国で使えるタイAISのSIMカード

今回は、AISというタイの会社の、北米・中米・南米で使える周遊可能なSIMを使ってみたいと考えています。

周遊で使えるSIMについての詳しい説明はこちらの記事を参照してください。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

「北米」「中南米」「南米」 15日間周遊 定額データ通信 プリペイド SIM カード 海外国内通信専門店どこでもネット

4GBまで、15日間使用することができ、3,500円程度です。

筆者はこれまで複数の都市で使用できるSIMを使ったことがありませんが、

今回チャレンジしてみようと思います。まず、アメリカ大陸で使える国は以下の通り。

【アメリカ】

アメリカ (サイパン・グアムは除く)

カナダ  コロンビア  メキシコ





キューバは周遊SIMが使えない・・・

そうです、ハバナが入っていません。

今回、ハバナの携帯事情を調べましたが、なかなか厳しいようです。

そして、事前にハバナでも使えるSIMカードが売られていますが、

なんと今年の4月8日で発売終了とのことで、現地で購入する方式としました。

スマホの受信できる周波数を事前に確認!

さて、SIMフリー端末を使う上で確認が必要なのが、SIMフリー対応のスマホであることと、

各国各社の提供している周波数を自分のスマホが受信できるかどうかです。

AISのホームページより、各国でローミングするキャリアを確認し、

それぞれのキャリアが提供している周波数を確認しました。

筆者のオトコ旅チームが持参するi-Phone6S(A1688)とXperia(SO-04J)で

使用可能かどうかについて下の表にまとめています。

アメリカ、メキシコでは4G/LTEも使用できそうですので、

快適なスマホ生活が出来そうです。キューバについても、現地でSIMが手に入れば、

電話やSMSくらいはできるのではないかと思います。

実際のレビューについては帰国後書いていきたいと思います。

実際に使用してみた感想(2018.5.5追記)

4/27より、実際にこの周遊SIMを使用してみました。

飛行機搭乗前に友人たちとSIMを差し替アクティベート。

アクティベートといってもただ、SIMを入れ替えるだけですが・・・。

i-PhoneユーザーでMVNOを使っている方で、キャリアの設定(プロファイル)を

インストールしている人はプロファイルの削除をすると、

自動的にAISの設定がされるようになっています。

このあたりの設定はAPNの設定と言われますが、

詳細は以下の記事も参考にしてみてください。

【格安・海外】海外で現地SIMを使うときの準備(APN設定方法など)

日本ではソフトバンクの4Gがしっかり掴めています。

日本で設定が出来ちゃうのは便利ですね。

次に目的地のロサンゼルス。AT&TやT-Mobileの4Gがしっかり掴めてます。

SNSのアップやLINEも問題なく使えました。

もちろん、乗り換えで利用したサンフランシスコ、ヒューストンにおいても

問題なく使用できました。

メキシコは、カンクンからグランセノーテでも問題なくTelcelの4Gが掴めましたが、

場所によっては3Gとなることもありました。

これはSIMの問題ではないのではないかと思います。

また、トゥルム遺跡から南にある細長い半島の方にも車を走らせましたがこちらは圏外でした。

キューバでは観光客向けSIMは無い??

さて、課題となっていたキューバですが電話だけでも

使用できるSIMだけでも入手したいと思い、

空港1階のインフォメーションで尋ねてみると、向かいの電話会社にあるよ!

タクシー使うときは割引するから言ってね!と言われ

行くと閉店中。店の前に立っていた人に聞くと空港の2階にあると言われ、

行ってみると無い。

よくよく考えた結果、キューバの人は携帯(通話+SMS)を使用しているが

SIMを差し替えて使ったり、SIMを販売するという文化には

まだなっていないのではないか。。。

確かに日本でもSIMを差し替えるという話は

i-Phoneが発売されSIMフリーという言葉が徐々に出始めてから広まったと思います。

そもそも日本のキャリアは携帯機器と通信をセットで販売していて、

機器と通信を分けて使用することができない形だったので、

SIMを差し替える必要がなかったわけです。

キューバも機器にSIMを挿入して使用しているんでしょうけど、

外国人がSIM単体で購入できる時代はもう少しなのかもしれません。

但し、日本国内のキャリアと契約している携帯で、海外でも使える設定にしてあれば、

CubaCellの電波が入り電話とSMSが可能です。

通信手段はWi‐Fiのプリペイドカード

データ通信をするのであれば、Wi-Fiのプリぺードカードが必要となります。

筆者はバラテロのホテルで1CUC/60分で購入しましたが

ハバナ市内でも購入することが可能なようです(行列の様ですが)。

筆者はハバナのホテルから近い、海沿いのマレコン通りでWi-Fiにアクセスしていました。

尚、この通りは夜になると女性が声をかけてくる通りの様です。

海外でSIMを利用する方は以下の記事も参考にしてみてください。

【格安・海外】中国国内だってLINE,FBができる!

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!