【愛煙家向け】バルセロナ空港(T1)での荷物チェック後の喫煙スペースについて

みなさんこんにちは。

やっと梅雨が明けたと思ったら、とてつもない猛暑に突入しました。

今日は、友人と長野県長野市を訪れていますが、盆地の長野は暑い、暑い・・・・

美味しい信州そばをいただいて、東京への新幹線を待つ間に、先日訪れたスペインのバロセロナ空港で見つけた喫煙所と、
その行き方についていろいろな事に気が付いたので報告したいと思います。

まず、喫煙所の場所の説明の前に、ひとつ説明したいことがあります。

EUについてです。

EUについて

EU(ヨーロッパ連合)という言葉を聞いたことは皆さんあると思います。

最近では、イギリスがEUから脱退するとかしないとかでニュースを騒がせていますね。

私もEUの専門家ではないため詳しいことはネットで検索してほしいのですが、ここで説明したいのは、
EU加盟国においては域内の人がVISA無しで自由に移動することができます。
シェンゲン協定とか言ったと思います。

海外に行くときは出発する国で出国審査を経て、投薬する国で入国審査を行います。
しかし、EUの域内の国ではこの審査が不要となります。
(厳密に不要かどうかは国によって違うかもしれませんので詳しい方はご指摘いただければと思います・・・・)

そうするとEU域内の空港では、目的地がEUの域内であれば出入国審査は不要となり、
EU域外の国が目的地であれば、通常同様に出入審査、イミグレーションやパスポートコントロールとも言うと思いますが、
そのゲートで審査を受けて通過する必要があります。

つまり、EU域内の空港では目的地によって、飛行機搭乗までの動線が異なってくるということです。

バロセロナ空港の喫煙所

今回のバロセロナ空港(ターミナル1)の喫煙所がまさしく、そのEU域内が目的地のフロアに存在しているということです。

それでは具体的に紹介していきたいと思います。

ます、手荷物検査が終わると、行き先がA、B、C、D、Eの様な記号で示されています。
A~Cが、EU域内の空港が目的地の便で、D、EがEU域外の空港が目的地の便が出発するゲートへの道。

(写真はD、Eに進んだ先にあるゲートです)

A~Cまでの、EU域内に向かうためその印に従って進めば出国審査のゲートはありません。

一方、D,Eのルートは出国審査のカウンターでパスポートを確認してもらう必要があります。

出国審査を受けていないという点では、A~Cまでのルートと、D、Eルートで出国審査を受ける前までのエリアは
同じエリアと言えるので、仮にA~Cのルートに進んでも怒られることは無いと思います。
責任は持てませんが・・・・

EU域内目的地のルートに向かう

A~Cのルートへ向かいエスカレータを下り、右方向へ進みます。

しばらく歩くと、FRIDAYSの看板が見えてきます。

その先が、中庭エリアとなっており、ここに灰皿が設置してあります。

EU域外が目的地である場合は、まずA~Cのルートを進んで中庭に進み、その後来た道を戻ってD、Eのルートへ進み、
出国審査を済ませれば問題ないと思います。

(A~CのルートにはD,Cルートよりもお土産屋さん等が多く存在します)

但し、出国審査が混雑して乗り遅れる危険もあるので十分注意が必要です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

愛煙家の皆さんも、そうでないみなさんも、喫煙所の場所から始ままり、EUのルールや、空港の動線について触れることが出来たと思います。

海外旅行では、空港での乗換で長時間空港で待つ場合もあると思いますが、空港内を探検してみるのも、なかなか面白いと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

<>