空港で預けた荷物が無くなる???

今回は、空港で手荷物を預けてその荷物がどこかにいってしまった場合について書きたいと思います。
先日決行したオトコ旅で友人の荷物がターンテーブルから出てこない、いわゆるバゲージロストが発生しました。
ロサンゼルスからサンフランシスコ乗り換えでカンクンでの荷物ピックアップの際に荷物がありません。

荷物だけニューヨークへ?

確認すると、ヒューストン、ニューヨーク便に紛れているようで、翌日にホテルへ持ってくるとのことでした。翌日は終日海で遊んでおり、フロントも19時で人がいなくなることもあって入手できず。

結局旅行最終日に預けた荷物を開ける羽目になりました。加えて、キャスターが1個なくなっていました。そして成田に帰国すると、キャスターがもう2個なくなり、残ったのは1個です。

重要書類は手荷物として機内に持ち込むべし!

カウンターに問い合わせたところ、航空会社で修理をしてくれるとのことで、後日送付することとなりました。
相変わらずの強行スケジュール、1週間の中で3か国滞在という中で手荷物が使えないというのは非常に困りましたが、不幸中の幸いとはこのことで、友人は他国へのVISA関係の書類や携帯の充電器等々最低限必要なものは、手荷物として機内に持ち込んでいました。もちろん、衣類等は現地で調達することとはなりましたが、友人を最初の訪問国に置き去りにすることなく一緒に旅をすることができました。

ホテルの選定にも注意が必要!

また、今回は24hフロント対応可能なホテルを選んだはずなのに、9時から17時でフロントが閉まってしまうという点も荷物がいち早く手元に来なかった点としてあります。そのあたりは宿を選ぶ際に十分確認した方が良さそうです。
初めて身近な人のバゲージロストを経験しましたが、皆さんも手荷物に最低限必要なものを入れておくなど、リスクヘッジが必要かもしれません。特に複数の国を移動する際は注意が必要です。また、カード付帯の海外旅行保険なので衣類等の購入費用を補償してくれるものもありますので事前に確認することをお勧めします。

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!