荷物送って、手ぶらで空港に行こう

次に荷物についてですが、オトコ旅の性質上、午後だけ会社を休んで土日で!なんてこともしょっちゅうあります。その場合に考えなくてはならないのが荷物。一般的には、ある程度大きなスーツケースを持っていきますが会社から直接空港へ向かうことを考えると、そのスーツケースを会社へ連れて行く必要があり、非常に面倒です。

大きい荷物は空港へ送っちゃおう!

そこで筆者のオススメは空港への宅配便です。これは航空会社の関連会社が行っているサービスで筆者はJAL-ABCという会社をよく使っています。流れとしては、事前に荷物をパッキングしておき、インターネットで集荷の予約を行います。集荷後、空港のターミナルあるJAL-ABCのカウンターで受け取り、チェックインして手荷物を預けることができます。また、荷物が多いときも助かるサービスです。先日、ベトナムでゴルフをしたときに、クラブは先に空港へ送っていたので、空港で引き取り、大きなカートに積んで楽チンでした。

帰りの送料無料が付帯されているクレジットカード

利用機会が多い人は空港までの送料割引や、帰国してから自宅への送付費用がタダになるクレジットカードが便利です。筆者が利用しているのはこちら。


年会費がかかりますが、空港のラウンジ(カード会社用)も利用できるので旅の多い方には非常に便利です。次回以降の記事で機内で快適に過ごすためのツールを紹介したいと思います。

もしものための旅行保険!
機内グッツを準備しよう!
やっぱり電車か地下鉄、なければタクシー!
旅の準備

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

【海外】パスポートは絶対忘れるな。それ以外はたいがいお金で買える

いよいよ一通り、航空券や宿泊先の確保ができ、オトコ旅の準備が整ってきました。この記事では出発前の準備について書いていきたいと思います。まず、一番大切なことは何があってもパスポートだけは持っていくということです

パスポート忘れたら全て水の泡

なぜなら当日パスポートを忘れてしまった際は飛行機にすら乗れずこれまでの準備が水の泡となってしまうからです。
当たり前のことですが、パスポートが無ければ日本から出国すること以前に、航空券の発券すらすることが出来ません。日本のパスポートが最強である理由について他の記事で描きましたが、他国に入国する際はVISAという入国、滞在許可証の様なものが必要です。

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!


日本のパスポートはそのVISAが免除される国の数が世界で一番多いということで最強と言われています。あまり知られていないかもしれませんが、航空会社は発券するときに、その乗客が滞在する国の有効なVISAを所有しているか確認する必要があり、VISAの無い乗客を搭乗させることは出来ないルールになっています。従って、パスポートがない状態で航空券を発券できる可能性はほぼ0パーセントだと言えます。
忘れ物を無くすことはなかなか難しいと思いますが、持ち物それぞれ重要度が異なりますので、1番重要なパスポートをまず忘れない様にすることで、大きなリスクを回避することが可能です。そのほかの物については、目的地によりますが、そこでも人が暮らしているため最低限、生きる為に必要なものは揃えることができますし、友人から借りたりすることも可能です。

お金で買えないパスポートだけは、何があっても必ず持っていく。それ以外であれば最悪なんとかなる。ちなみに筆者はメンバー同士で出発前にパスポートをバックに入れた証拠写真をSNS等でシェアするようにしています。

重要書類は手荷物として持ち込むべし!(2018.6追記)

 事前に荷物をしっかり準備していても、手荷物が到着空港で出てこないという事件が発生しました。オトコ旅では航空券の費用を抑える為に乗継便を使うことがよくありますが、乗継便ではバゲージロストのリスクがあります。バゲージロストとは、預けた手荷物が、何らかの理由で到着時に受け取れなくなることです。降機後、手荷物を取りに行くと思いますが、いつまでたっても荷物が出てこない。荷物が出きってベルトコンベアが停止した状態になっても自分の荷物が出てこない場合は、近くのカウンターに居る人に問い合わせるしかありません。特に乗継便では、バゲージロストが発生する可能性がありますので、注意が必要です。詳細は以下の記事を参照していただきたいのですが、

空港で預けた荷物が無くなる???


あらたな教訓としては特に、複数の国を周遊する場合は、パスポートとVISA関係書類、印刷したe-チケットなどは手荷物として機内に持ち込む方が良いですね。特にオトコ旅では短期間に多くの国を巡るるスケジュールが多いので、手荷物が航空会社から届くまでに、他の国に移動するという計画もあります。スーツケースの帰りを待っていては、ほかの国へ渡航できないケースもあります。事前のリスクヘッジが重要ですね。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



荷物送って、手ぶらで空港に行こう

【経験談】海外旅行に保険は必要なのか?

【格安・海外】やっぱり電車か地下鉄、なければタクシー!

オトコ旅の準備