【国際免許】ランカウイ島でレンタカーを使うことのオススメ

2018年、JGCサファイヤ修行ということで、

11月の週末に2回マレーシアを訪れました。

マレーシアのクアラルンプールは何度か訪れたことがあるので

今回はランカウイ島を目的地に。

金曜昼間に出発し、

金曜日はクアラルンプールで宿泊、

翌日はクアラルンプールからランカウイ島に移動し1泊。

3日目の夕方にクアラルンプールに戻りそこから夜行便で

4日目の朝に東京に到着するという日程で、

ランカウイ島には1.5日しか滞在できないという弾丸旅行です。

さて、ランカウイ島の場所を確認しましょう。

ほとんどタイの国境に近いリゾート地です。

皆さんも名前は聞いたことのある島だと思います。

移動はやはりレンタカーが便利

交通機関はタクシーぐらいしかありません。

マレーシア人の友人も絶対レンタカーとのこと。

島も小さいしドライブしてみたいということもあり、レンタカーを借りました。

国際免許を使った海外でのレンタカーはこちらの記事を参照してください。

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

空港でレンタカーの呼び込み合戦

ランカウイの空港に降りると、

出口でレンタカー屋さんの呼び込み合戦が始まります。

ランカウイ流?

(実際にはずらりと並んだカウンターから「レンタカー借りて~~」という感じで声を出しています笑)

とりあえず、一番近くにいたおじさんと交渉開始。

言い値では無くて値段交渉しよう

翌日の夕方のフライトで帰国なのでそれまでの時間を提示。

値段交渉で、最終的には

150(¥4,000)リンギットを

130(¥3,500)まで下げてもらい契約成立。

海外で値切るときのコツですが、

まずは、相手の値段を確認、

その後、自分が欲しい金額のさらに安い金額を

提示します。

お互い「う~ん・・・」と言いながら

最終的には両者が妥協するという形で

自分が納得する金額で合意という作戦です。

これ、結構うまくいきますよ!

受付してからレンタカーを借りるまで

受付で国際免許を見せて、お金を払ったら、

「車止めにブラザーがいるからそっちに行って」と

言われました。

「ブラザーに写真送るから写真撮らせて」と言われハイチーズ!

車止めに行くと、ブラザーが出現。

早速傷のチェックをしてから出発、と思いきや

「とりあえずガソリン入れて!」って言われました。

これも、ランカウイ流なのか?

すかさず、スタンドの場所を聞きますが、

分かったような分からないような・・・・

このゆる~い感じが結構好きです。。

何とか辿りつきましたが、

場所はこのあたり、

満タンで返却する必要はないので20Lほど入れました。

返却の方法

返却の際には事前にもらった名刺の連絡先に連絡します。

空港で借りたところに車を停車しておくと、

係員が確認しにくるので、

それで完了。

そんなに面倒ではありません。

現地の人と連絡が必要になる場合もあるのでスマホは使える様に

しておきたいですね。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

まとめ

マレーシアのランカウイ島での移動手段は

国際免許を使って、

レンタカーが便利。

値段は交渉して安くする。

スタンドの位置は、あらかじめ

地図で確認しておくのが良いと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





AISのプリペイドSIM(SIM2Fly)でローミング可能な国をまとめてみた

みなさんこんにちは

雨が降ったり、気温が下がったりする今日この頃ですが、

雨で落ちた花粉が、一気に舞い上がる晴れの日に、かなり恐怖を感じています。

壁越しに隣の部屋から大きなくしゃみが聞こえてくるのもこのシーズンならではかもしれません。

なんと、くしゃみ1回あたり2kCal消費するらしく、100回すれば、ごはん一善分の200kCalを消費する計算になり、ダイエットにも?

とも思いますがそんなにくしゃみしたら頭がくらくらになってしまい、ダイエットどころでは無いですね。あと数週間の辛抱でしょうか・・・。

さて前回、複数の国を訪問する際にはローミングSIMが便利だという話をしました。

詳細は以下の記事を参照してもらいたいと思いますが、簡単に言えば、

日本国内で事前に買うことが出来て

値段も安くて、

複数の国で使える(ローミング)

定額のプリペイドSIMの様なものです。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

料金プランはどうなっているのか?

そこで今回紹介したいのは、AISのSIM2FlyというSIMカードです。

AISのホームページによると、大きく分けて

アジア向けと、

グローバル向けのパッケージが用意されています。

それぞれに、使用できるデータ容量と、期間によって料金を設定しています。

アジア・オーストラリア向け
(17国・地域)
グローバル向け
(72国・地域)
通信 4G/3Gローミング 4G/3Gローミング
データ容量 1GB,4GB,5GB 1GB,4GB,15GB
期間 2,8,8日間 3,15日間,1年間
値段 119THB(約¥400)
299THB(約¥1,000)
399THB(約¥1,400)
299THB(約¥1,000)
899THB(約¥3,200)
2,799THB(約¥9,800)

 

よく見ると1年間プランというのがあります。

容量が15GBなので月割りすると約1月1GBで、年間1万円、

しかも70ヶ国以上ローミングで使える。

もちろん日本国内でもソフトバンクかドコモをローミングで使うことができるので、

スマホであまりデータ通信をしない方で、

かつ海外に行く機会が多い人はこのプランを使い続けるというのもありかもしれません。

ただ、通話は出来ないので、通話が必要な方は他の手段を用意するか、

2枚SIMが使えるスマホを買う必要があると思います。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

通話は出来ないと言ってもLINE(アプリを使った通話含む)などはできるので、

最近困ることは少なくなってきているのではないかと思います。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

アジア・オーストラリア向けでローミング可能なと地域

まずアジア向け使える国・地域は17個所で、

皆さんが旅行で行く機会がありそうな場所は、

台湾、韓国、フィリピン、中国、香港、

マカオ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、

カンボジア、ミャンマー、インド、オーストラリアなどが

ローミング可能です。

アジアのメジャーな観光地に行くのであればこのSIMで充分ですね。

但し残念なことに、最近成長著しいベトナムは含まれていません。

ベトナムに旅行に行く場合は違うSIMを用意したほうが良さそうですね。

使用できる国をこちらにまとめましたので

詳細はこちらで確認してみてください。

グローバル向けでローミング可能な地域(アジア)

アジアで使える地域は、アジア向けSIMで使える国・地域に加えて、

ベトナム、ブルネイ、バルト3国他になります。

ベトナム以外の国を訪れる機会がある方には便利だと思いますが、

アジア向けとほぼ変わらないと考えた方がよさそうです。

グローバル向け(オセアニア・アメリカ)

オセアニア、北アメリカエリアでは、

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、

アメリカ合衆国(ハワイ含み)となりますので、

このメジャーな国に行く場合は非常に便利ですね。

グローバル向け(中南米)

次に中南米ですが、

メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、アルゼンチン他となります。

アメリカ大陸の多くをカバーしていますが、

ブラジルや、ペルー、チリ、エクアドルはカバー出来ていないようなので、

これらの国で利用する場合には他のSIMを探す必要がありそうですね。

グローバル向け(欧州)

次に欧州地域ですが、この辺りはかなりカバーが出来ると言っていいと思います。

イギリス、アイルランド、ドイツ、

イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルはもちろんOK。

北欧は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、

他にも、ロシア、ポーランド、トルコ、ギリシャなどで使えます。

欧州で周遊旅行するならこのSIM2Flyしかない!といった感じですね。

グローバル向け(中東・アフリカ)

中東についてですが、

最近は中東系の航空会社の安いチケットを使って

欧州を訪れる人も多いのではないでしょうか?

使える国は、カタール、オマーン、クエート、イスラエルなどで使うことが出来ます。

個人的にはUAEでも使うことが出来ればかなり便利だと思いますね。

訪れる人も増えてますし、エミレーツ航空やエティハド航空などの拠点もありますからね。

一方アフリカは、エジプトと南アフリカだけ。

この地域はもう少し頑張って欲しいところですね。

ケニア、エチオピア、モロッコなど今後是非とも行ってみたい国が

アフリカにはたくさんあるので、今後のAIS、SIM2Flyに期待したいと思います。

まとめ

複数国に滞在するなら、AISのローミングSIM、SIM2Flyがお勧め。

アジア(ベトナム除く)を回るならアジア向けが安くてオススメです。

オセアニアなら、メジャーなオーストラリアとニュージーランドはカバー。

アメリカ大陸なら、カナダ、アメリカ、メキシコ、アルゼンチンが

カバーされてますが、ブラジルなどが含まれていないので南米はまだまだ完璧ではない。

ヨーロッパはほぼ完全にサポートされているので利用する価値ありです。

中東とアフリカは今後のAISの取り組みに期待というところですね。

使用できる国をこちらにまとめましたので詳細はこちらで確認してみてください。

いかがでしたでしょうか?AISのSIM2FlyはAmazonで購入することができて、

日本でも使えるので、出発前に日本で使えるかの確認をして機内に乗り込むことが出来ます。

現地の空港で、SIMを買う必要も無いので時間の節約になりますね。

皆さんも、このローミングSIMを使って海外旅行を楽しんでいただけたらと思います。


アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly


ヨーロッパ周遊 アジア周遊 プリペイド SIMカード!3G/4Gデータ通信【15日間4GBデータ定額】AIS Sim2Fly Sim

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>