AISのプリペイドSIM(SIM2Fly)でローミング可能な国をまとめてみた

みなさんこんにちは

雨が降ったり、気温が下がったりする今日この頃ですが、

雨で落ちた花粉が、一気に舞い上がる晴れの日に、かなり恐怖を感じています。

壁越しに隣の部屋から大きなくしゃみが聞こえてくるのもこのシーズンならではかもしれません。

なんと、くしゃみ1回あたり2kCal消費するらしく、100回すれば、ごはん一善分の200kCalを消費する計算になり、ダイエットにも?

とも思いますがそんなにくしゃみしたら頭がくらくらになってしまい、ダイエットどころでは無いですね。あと数週間の辛抱でしょうか・・・。

さて前回、複数の国を訪問する際にはローミングSIMが便利だという話をしました。

詳細は以下の記事を参照してもらいたいと思いますが、簡単に言えば、

日本国内で事前に買うことが出来て

値段も安くて、

複数の国で使える(ローミング)

定額のプリペイドSIMの様なものです。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

料金プランはどうなっているのか?

そこで今回紹介したいのは、AISのSIM2FlyというSIMカードです。

AISのホームページによると、大きく分けて

アジア向けと、

グローバル向けのパッケージが用意されています。

それぞれに、使用できるデータ容量と、期間によって料金を設定しています。

アジア・オーストラリア向け
(17国・地域)
グローバル向け
(72国・地域)
通信 4G/3Gローミング 4G/3Gローミング
データ容量 1GB,4GB,5GB 1GB,4GB,15GB
期間 2,8,8日間 3,15日間,1年間
値段 119THB(約¥400)
299THB(約¥1,000)
399THB(約¥1,400)
299THB(約¥1,000)
899THB(約¥3,200)
2,799THB(約¥9,800)

 

よく見ると1年間プランというのがあります。

容量が15GBなので月割りすると約1月1GBで、年間1万円、

しかも70ヶ国以上ローミングで使える。

もちろん日本国内でもソフトバンクかドコモをローミングで使うことができるので、

スマホであまりデータ通信をしない方で、

かつ海外に行く機会が多い人はこのプランを使い続けるというのもありかもしれません。

ただ、通話は出来ないので、通話が必要な方は他の手段を用意するか、

2枚SIMが使えるスマホを買う必要があると思います。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

通話は出来ないと言ってもLINE(アプリを使った通話含む)などはできるので、

最近困ることは少なくなってきているのではないかと思います。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

アジア・オーストラリア向けでローミング可能なと地域

まずアジア向け使える国・地域は17個所で、

皆さんが旅行で行く機会がありそうな場所は、

台湾、韓国、フィリピン、中国、香港、

マカオ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、

カンボジア、ミャンマー、インド、オーストラリアなどが

ローミング可能です。

アジアのメジャーな観光地に行くのであればこのSIMで充分ですね。

但し残念なことに、最近成長著しいベトナムは含まれていません。

ベトナムに旅行に行く場合は違うSIMを用意したほうが良さそうですね。

使用できる国をこちらにまとめましたので

詳細はこちらで確認してみてください。

グローバル向けでローミング可能な地域(アジア)

アジアで使える地域は、アジア向けSIMで使える国・地域に加えて、

ベトナム、ブルネイ、バルト3国他になります。

ベトナム以外の国を訪れる機会がある方には便利だと思いますが、

アジア向けとほぼ変わらないと考えた方がよさそうです。

グローバル向け(オセアニア・アメリカ)

オセアニア、北アメリカエリアでは、

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、

アメリカ合衆国(ハワイ含み)となりますので、

このメジャーな国に行く場合は非常に便利ですね。

グローバル向け(中南米)

次に中南米ですが、

メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、アルゼンチン他となります。

アメリカ大陸の多くをカバーしていますが、

ブラジルや、ペルー、チリ、エクアドルはカバー出来ていないようなので、

これらの国で利用する場合には他のSIMを探す必要がありそうですね。

グローバル向け(欧州)

次に欧州地域ですが、この辺りはかなりカバーが出来ると言っていいと思います。

イギリス、アイルランド、ドイツ、

イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルはもちろんOK。

北欧は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、

他にも、ロシア、ポーランド、トルコ、ギリシャなどで使えます。

欧州で周遊旅行するならこのSIM2Flyしかない!といった感じですね。

グローバル向け(中東・アフリカ)

中東についてですが、

最近は中東系の航空会社の安いチケットを使って

欧州を訪れる人も多いのではないでしょうか?

使える国は、カタール、オマーン、クエート、イスラエルなどで使うことが出来ます。

個人的にはUAEでも使うことが出来ればかなり便利だと思いますね。

訪れる人も増えてますし、エミレーツ航空やエティハド航空などの拠点もありますからね。

一方アフリカは、エジプトと南アフリカだけ。

この地域はもう少し頑張って欲しいところですね。

ケニア、エチオピア、モロッコなど今後是非とも行ってみたい国が

アフリカにはたくさんあるので、今後のAIS、SIM2Flyに期待したいと思います。

まとめ

複数国に滞在するなら、AISのローミングSIM、SIM2Flyがお勧め。

アジア(ベトナム除く)を回るならアジア向けが安くてオススメです。

オセアニアなら、メジャーなオーストラリアとニュージーランドはカバー。

アメリカ大陸なら、カナダ、アメリカ、メキシコ、アルゼンチンが

カバーされてますが、ブラジルなどが含まれていないので南米はまだまだ完璧ではない。

ヨーロッパはほぼ完全にサポートされているので利用する価値ありです。

中東とアフリカは今後のAISの取り組みに期待というところですね。

使用できる国をこちらにまとめましたので詳細はこちらで確認してみてください。

いかがでしたでしょうか?AISのSIM2FlyはAmazonで購入することができて、

日本でも使えるので、出発前に日本で使えるかの確認をして機内に乗り込むことが出来ます。

現地の空港で、SIMを買う必要も無いので時間の節約になりますね。

皆さんも、このローミングSIMを使って海外旅行を楽しんでいただけたらと思います。


アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly


ヨーロッパ周遊 アジア周遊 プリペイド SIMカード!3G/4Gデータ通信【15日間4GBデータ定額】AIS Sim2Fly Sim

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

3月に入ってだいぶ暖かくなって来ました。気温が上がってくると何だか外に出たい気持ちになってきますね。今回は海外旅行に必須なスマホを快適に使う為のローミングSIMについて書きたいと思います。

海外でどうやってスマホを使うかについては、過去の記事を参考にしてください。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

さて、一般的な海外旅行は目的地となる国との往復になると思いますが、オトコ旅場合は乗継便などを使い複数の国に滞在することが多くあります。

乗継便に関する記事は過去の記事を参考にしてください。

【海外旅行】乗継便で入国するにはどうすれば良いか!?

【格安・海外】乗換えをうまく使ってみよう!

複数の国に滞在する場合

滞在国でスマホを使う場合は、その地域の電話会社のプリペードSIMを購入することになりますが、複数の国を訪れる場合は、訪れる国の分だけSIMを準備す必要があります。

そうなるとその分だけ費用が嵩むことになりますし、SIMの入れ替えや、あらかじめ国内で購入出来ないSIMの場合は現地空港などでお店を探す必要があります。そこで、複数の国を跨いで使用出来る周遊SIM、ローミングSIMというものが便利になってきます。

ローミングって何?

ローミングという言葉は、ちょっと難しいかもしれませんが、今使っている電話会社のSIMを使って、海外でも通話やデータ通信をするというイメージです。

もちろん、海外には今使っている電話会社の電波は飛んでいません。従ってそこの地域の電話会社の電波を使う必要があります。でも、海外に到着してスマホの電源を入れた時にたくさんのSMSを受信することはよくありますよね。

これは、自分が利用している電話会社と海外電話会社の間で海外でも使える様な仕組みにしている為です。

電話の場合は基本的待受では料金はかかりませんが、滞在国に電話する場合は滞在国→日本→滞在国のルートとなるため国内通話より通話料金が高額になりますし、日本からの電話を受ける場合は日本から滞在国までの通話料は受ける側が支払う形で、電話に出なくても料金が発生する仕組みです。

仕事以外ではひっきりなしに電話がかかってくる人は少ないと思うので心配はないと思いますが、データの場合は要注意です。

よく海外でスマホを使用して高額の請求が来たという話がありますが、データの場合はデータ通信が目に見えないことと、日本国内は定額ですが海外での通信は定額ではなく、高額な設定なので高額な請求となります。

従って、海外で使用する前にデータローミング機能をオフにしておけばその心配は無くなります。

近年では、日本の主要電話会社も1日あたりの上限金額を決めていますが、それでも1日あたり千円以上するので長期滞在では高額となってしまいます。

ローミングで安いSIM?

ローミングについてはなんとなくイメージ出来るようになって頂ければと思いますが、もしこのローミング料金が期間定額で安かったとすれば‥‥

海外旅行が多い人にとっては無敵ですね。

そんな物があるのか?と思われそうですが、あります!

それが周遊SIM、ローミングSIMです。

もちろん日本の電話会社ではありません。海外の電話会社で取り扱っているのです。一般的に日本の携帯利用料金は高いと言われますが、海外で日本並みの料金設定では誰も購入してくれません。予想するにそれが安い理由なのではないかと思います。

ローミングSIMについては、いろんな会社がありますが、中国、香港、マカオで使うならこのSIMです。



【中国聯通香港】4G マカオ・香港SIM 7日利用可能



中国 SIMカード販売!30日間3GBデータ定額!大中華4G/3G 【中国全域、香港、台湾、マカオ】

他の地域では、タイのAISの周遊SIMを使っています。



アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly

これらのSIMは、Amazonで購入できるため、海外に行く前に準備することが出来ます。現地で買う必要がないので時間を節約することができます。

また使用する際は、データローミング機能を有効にしないとデータ通信が出来ないので注意してください。

一度使ったAISのSIMはその後も、チャージしたり、他の国でも使える様です。AISのホームページではいろいろな国で使えるプランが用意されていますので、次回整理してみたいと思います。

いかがでしたでしょうか?
複数の国を跨いで旅行する場合は、このローミングSIMがあれば安心ですね。
日本出国前からアクティベートすることもできるので、非常に便利です。
ぜひ皆さんの旅行に役立てていただければと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>