香港でデュアルSIM 対応のiphone XRを買う

みなさんこんにちは。

中国文化圏では旧正月、春節が始まりました。

街の至る所に新年と豚年を祝う飾り物があります。

豚年?

って思う方もいらっしゃると思いますが、

日本の猪年は中国文化圏では豚年になります。

なんか面白いですね(笑)

さて今回は、香港のAppleストアでi-PhoneXRを購入しましたのでそのあたりに触れたいと思います。





何故香港でi-Phoneを買うのか??

まず、何故香港で?と思われるかもしれませんが中国で売られているXRは

SIMカードが2枚入る仕様になっています。

(日本モデルは1枚のみ入る仕様です。)

右下にSIMのスロットがあります。

2枚のSIMが背中合わせで装着できるようになっています。

何故中国でその様なモデルが売っているかは不明ですが、

実はSIMが2枚入る携帯は過去にもあります。

特に、新興国で移動する場合に地域によって携帯会社を

切り替える必要がある場合に便利だと聞きました。

中国ではその様な事は少ないと思いすが、

香港、澳門(マカオ)、本土を

しょっちゅう行き来する人には便利なのかもしれません。

日本でデュアルSIMは必要なのか?

さて、日本人の私に何故必要なのか?というところですが。

まず、筆者は古いスマホとiphone6Sの二個持ちをしておりました。

古いスマホを持ち歩く必要があったのは、iphone6Sは

おサイフ携帯機能に対応しておらず、

Suicaをいちいちチャージするのが面倒だったからです。

また、回線もドコモは電話のみの契約に変更して古いスマホに挿し、

iphoneにMVNO(格安SIM)のデータ専用SIMを挿していました。

これで毎月の電話料金は3,000円以下となります。

MVNOについての記事は過去の記事を参照してください

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

しかし、延命するも所詮古いスマホはボロボロ。

一度バッテリーを変えましたがもう充電してもすぐに逝ってしまう状態。

そこで2枚のSIMが使えるiphoneXRの情報を入手。

・モバイルSuicaはiphone7以降で使用可能

・ドコモの電話用とMVNOのデータ用SIM併用可能

これまでの2台持ちからの解放が見えて来ました。

別件での香港訪問

春節直前にで香港を訪れる機会がありました。

ついでにAppleストアに向かいます。

香港には何店かAppleストアがある様ですが九龍のストアを目指します。

空港に着いてからエアポートエクスプレスで

九龍駅に向かいます。

ここからタクシーでAppleストアに向かいます。

春節前とあって店は激混みです。友人を待たせるのも申し訳ないので即決でいきます。

オレンジのTシャツを着た店員さんに話しかけます。

筆者「iphone買いたいのですが…」

店員「わかりました。ストレージの大きさは?」

筆者「値段おしえてください」

店員「こちらです」とスマホの画面をみせる

筆者 香港ドルをスマホアプリで日本円に変換

「これくだささい」

店員「色はどれにしますか」展示品で紹介しようとする。

筆者 時間もないので即決「黒でお願いします」

店員「こちらへどうぞ」展示しているスマホの前に移動

店員「代わりの者が対応しますのでこちらでお待ちください。

ご存知の様に、混雑しているので時間がかかると思います」

<ここまで5分くらい>

<待つ事5分くらい>

新たな女性店員登場

店員 スマホの箱を持って「こちらですか?」

筆者 「OKです。2枚SIM入りますよね?」

店員 「入ります。但し、どっちかのSIMが4Gの場合はもう片方は3Gになります」

筆者 事前に香港の友人から聞いてたので「OK」

店員 「Appleケア入会しますか」

筆者 「大丈夫です」

店員 「どこから来ましたか?」

筆者 「日本です」

店員 「サポートは香港、マカオ、中国となりますがよろしいですか?」

筆者 「OK」

クレジットカードで会計終了。

店員 「ありがとうございました。Happy New year!」

以上で合計15分くらい。

混んでいても予め買うモノが決まっていれば

以外と早く買い物ができるものですね。

無事にi-Phoneを購入することができたので、帰国してからセットアップ。

APNのプロファイルも通常通りインストールできました。APNとはデータ通信するための設定ですが、通常SIMを挿せば自動認識します。但しMVNOの場合は個別に設定が必要となる場合があります。詳細は過去の記事を参考にしてください。

【格安・海外】海外で現地SIMを使うときの準備(APN設定方法など)

モバイルSuicaの移行もバッチリ。

アンテナはこんな感じの表記になります。

まぁ、筆者の様に2枚のSIMを同時に使いたい人は少ないと思います。

海外に毎週行く人?

ローミングSIMを入れっぱなしにして、

使うときに課金だけして使いたい人?

プライベートと会社用のケータイを2個持ちしたくない人?

自宅と会社付近で違うキャリアを使いたい人?

日本ではどこの大手のキャリアであっても電波状況は良好だと思います。

あまり良い情報とは言えませんが、

もし必要な方がいれば参考にしていただければと思います。

尚、法的には日本の電波に関する法律に適合している必要があります。

訪日に観光客も自国で買ったスマホを使っている現状からすると

かなりグレーな部分でもありますがそのあたりは自己責任でお願いします。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

さて、SIMフリー端末について以前の記事で説明しましたが、

実は国内でもお得な格安SIMを使うことが出来るのです

みなさん、携帯代金って結構高いと思いませんか?筆者の場合は月に6千円以上払っていたこともあり、毎月の支払いですから結構な金額になっています。

近年、総務省の動きもあり、国内でも格安SIMを扱う会社が増えてきました。そもそも格安SIMとは何なのか?

格安SIM(MVNO)って何??

国内でメジャーな電話会社は大きく3つ、D社、K社、S社です。

格安SIMはその大手の会社の回線を使用して通信を提供する新しい形のサービスで事業者はMVNOと呼ばれます。

MVNOはとはMobile Virtual Network Operatorの略称で、設備を作らずにモバイル通信サービスを行う事業者を言います。設備の維持管理にお金がかからないため、

大手キャリアに比べて安くサービスを提供できるという仕組みです

具体的に何が違うのか?

筆者の利用しているIIjimoの内容からメリットとデメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

MVNOのメリット

まず、なんと言っても安い。

筆者はデータ専用プランを使用していますが、2GB/月で1,000¥程度です。

2GBというと少ないように感じられるかもしれませんが、
基本、家に居るときはWi-Fiを使っていますので、まず不足することはありません。

残ったデータ量も翌月以降に持ち越せるため、まったく問題ありません。回線はD社の回線を使っており、D社ユーザと同等に電波も掴めます。

MVNOのデメリット

本体は別にSIMフリー端末を用意する必要があります。

契約と同時に購入することも可能ですが、筆者は基本りんごのお店で購入しているため問題ありません。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

また、現在SIMロックのかかった端末を使用されている方でも、今の契約で使用している会社の回線であればMVNOに切り替えてもSIMロックの解除は不要です。

たとえば、現在D社と契約していて、SIMロックされている。D社を解約して、D社の回線を使用しているNVNO、たとえばIIjimoと契約すればそのまま使えます。

また、mineoだとD社もしくはK社の回線が使用できます。

2つめは、キャリアメール、ABCDEFG@dxxxxx.ne.jpが使えないことです。

但し、最近ではLINE等での連絡が主になっていることもあり、筆者としてはあまり不便を感じません。

3つ目はデータ量が少ないこと。

ですが、これは先に述べた通り筆者の場合は2GBで十分です。

いかがでしょうか?今回紹介した内容は筆者が利用している内容に絞って説明しておりますが、各社いろいろなプランを提供しています。

特に会社勤めで、スマホを使用する時間が限られていたり、

LINE等の連絡やFacebook、インスタの閲覧が主で、動画などは家で見たりするケースが多い方は、月の通信料を大幅に低減することが可能です!

1度検討してみてはいかがでしょうか?

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

【格安・海外】コスパの良い宿を見つけよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!