マレーシアでラクサが一番おいしいお店はどこなのか?

みなさんこんにちは。

中国武漢でのコロナウィルスの発生から、一気に雰囲気が変わった今日この頃です。

東京オリンピックの延期、株価の暴落、円高、買い占めなどなど、ニュースはコロナ一色ですね。

渡航禁止等に伴う、航空便の減少で航空会社も相当厳しい状況なのでしょう。

修行僧びっくりのポイント2倍キャンペーン

これまでに聞いたことのない、ANAではPP(プレミアムポイント)が期間限定で2倍になるキャンペーンを、

追いかける様に、JALではFOP(フライオンポイント)が2倍になるキャンペーンを開始しました。

修行僧にとっては、感染防止をしながらこの機会を逃したく無いと思って頭を悩ませている方も多いのではないかと

思います。

PP? FOP? 修行僧?

この意味が分からない方は読み飛ばしてもらって構いませんが、

一定の基準まである航空会社の飛行機を1年以内に

乗ると、お得意様向けのいろいろなサービスを受けることができます。

それを一般的に修行と呼んでいる様ですが、ANA,JALそれぞれ同様のサービスがあります。

詳しくは、ANA 修行とか、JAL 修行でWEBを検索してもらえばと思います。

さてさて、前置きが長くなりましたが、本題のマレーシア料理、ラクサについて今回はお話したいと

思います。

帰国後食べたくなる海外の料理

ここ数年、アジアを訪れることが多く、現地の美味しい料理に巡り合うことがあります。

帰国してから無性に食べたくなることも多く、

国内でどうやって手に入れられるかを

調べたりすることもちょくちょくあります。

具体的にハマっているのは中華圏でよく食べられている、

火鍋や今回紹介するマレーシア、シンガポールの

ラクサ、バクテー(肉骨茶)などです。

火鍋のスープはネットでいろいろなレシピがありますが、

なかなか本場の味とは言えず、

中華系の香辛料の知識が無い事と入手が手間だということもあって挫折。

ただ、最近、KALDIという輸入食材などを扱っているお店で販売している

白湯スープベースの火鍋の素にはまっています。

夏場は販売してなさそうなので、見つけるたびに買いだめしている状況です。

本場の火鍋と言うよりは日本人向けの味付けでなかなかハマります。

ごま油と塩を混ぜたものをつけだれ代わりにして

少しずつつけて食べるのが最高に美味しいですね。

(つけすぎると胃もたれを起こします)

一度食べたらハマってしまうラクサ

ラクサについて説明したいと思いますが、

私自身もラクサが何で出来ているかよく理解していません。

Wikipediaによると

ガランガルやターメリックなどの香辛料が聞いた

東南アジアの麺料理です。

イマイチ、ピンと来ないですね・・・・

独断と偏見で言うと

魚醤やスパイスを混ぜたスープベースのラーメン

というとこでしょうか?

味もうまく説明ができません。

とにかく美味くてハマったという事実だけ・・・・

いろいろな種類のラクサ

一言でラクサといってもいろいろなラクサがあり、

場所や国によってもことなるため、どれがベーシックの

ラクサなのかイマイチわかりません。

シンガポールのコーヒーチェーン店のOLD TOWNで食べたラクサは

こんな感じです。

正直食べれることは食べれますが、私が食べたかった感じのラクサではありませんでした。

もうすこし、クリーミーな感じのラクサが食べたいと思ってしましました。

実はここはラクサよりお粥が美味しかったですね~。

シンガポールチャンギ空港のsatsラウンジにあるラクサ

正直、空港のラウンジにあるものを紹介するのは気が引けますが、

美味しかったことは事実なのでちょっと紹介したいとお思います。

まず、今回はチャンギ空港からマレーシアのクアラルンプール(KL)への

移動で使用したラウンジです。通常ラウンジは航空会社が

設置しているイメージがありますが、

今回はsatsというラウンジ。

私はJALの上級会員ステータスを持っています。

マレーシア航空はJALと同じワンワールドアライアンスという

グループに入っているので、

マレーシア航空でも上級会員ステータスを使うことができます。

前置きが長くなりました、そのラウンジはこんな感じ

いろいろな食べ物がホテルの朝食のように用意されています。

もちろんお酒も飲み放題です。

そして奥にはラクサのカウンターがあります。

これは求めていたラクサにかなり近いです。

若干クリーミーすぎる点はありますが、安定の2杯目おかわりです。

マレーシアの離島コタキナバルのラクサ

次は、マレーシアの飛び地、コタキナバルです。

タクシーの運転手さんから教えてもらったラクサの名店Yee Fung Laksa!。

ラクサと言えばこのすだち?的なものが付いていて、

これを絞るといっそう味に深みが出ます。

まさしくこれぞマレーシアのラクサ。

場所はこちらです。

コタキナバルを訪れた時の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

ほどよい街と自然でゆっくりできるコタキナバル

これぞマレーシアNo.1のラクサ:マレーシア航空ラウンジ

またまたラウンジからの紹介で申し訳ありません。

しかしこのラクサは食べる価値ありますよ!

マレーシアのフラッグキャリア、KLIAにあるマレーシア航空の国内線ラウンジです。

日本の国内線ラウンジではビールを含めたお酒と柿ピーのイメージですが、

マレーシア航空は国内線でもラクサのカウンターがあるんです。

パンなど軽食もありますが、お酒は無いです。

イスラムの国なので・・・・・

カウンターでラクサと言えば作ってもらえます。

これが、2020年の2月。

これが2018年にお邪魔した時のラクサです。

ここのラクサは間違いなく1番うまいと思います。

考えてみれば当たり前かもしれませんね、日本でいったら

JALやANAがラウンジで和食やラーメンを出すようなものですから。

スープにはとてもコクが有あり、酸味も、辛さの絶妙のバランスです。

いかがでしたでしょうか、マレーシアのラクサ、

空港以外にもたくさんの名店があるのでしょうね~。

もしご存知のかたがいらっしゃいましたらコメント欄にコメントして

いただければと思います。

コロナウイルスでなかなか海外旅行も難しい昨今ですが、

収束したら是非食べにいきたいですね。。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





ワンワールドに加盟するロイヤルモロッコ航空に乗ったことある?

みなさんこんにちは。

昨日は関東でも雪が珍しく降りました。

さてさて、TRICYの記事でワンワールドアライアンスにロイヤルモロッコが加盟するとのこと。

TRAICYより引用
TRAICYより引用

ふーん、ワンワールド?モロッコ?何それ?

という感じの人も多いと思います。

筆者も去年、モロッコのザゴラ砂漠に泊まる前なら

同じ反応をしていたと思いますが、

乗ったことがある飛行機会社となれば話は別です。

砂漠に興味のある方はこちらの記事も参照してください。

1度は行きたいアフリカのザゴラ砂漠でキャンプ

JALと同じ航空連合に加盟

また、JALでJGC修行をしている方や、ステータスホルダーの方には

少なからず関係があるのでないかとお思います。

JGC修行やその修行で得られるステータスについては多くの方が記事にしていると思いますので

ここでは割愛しますが、JALが加盟している他の航空会社の連盟が

ワンワールドアライアンスで、その航空会社間ではステータスに応じた

共通のサービスが受けられる仕組みになってます。

記事の概要

さてさて、今回の記事の概略ですが、原文はOne worldのホームページで

確認かのうです。(英文です)

2020年より、ロイヤルモロッコ航空が

ワンワールドアライアンスに加盟

アフリカ大陸で初めての加盟航空会社でこれによって

アライアンス内の航空会社からのアクセスが容易になる

ロイヤルモロッコ航空のマイレージサービスでも

ワンワールドの他の航空会社のサービスを受けられるようになる。

記念式典をモロッコのマラケシュで2020年の3月に開催予定

とのことです。

どんな人に便利になるの?

日本ならJALのマイレージ会員、特にJGC会員にご利益があると思います。

私もJALのJGC会員なのですが、アライアンス加盟会社が増えるということは、

海外に行くときに、優先チェックイン、ラウンジの使用、優先搭乗、手荷物を

優先的に出してもらえるなどJALと同じようなサービスを提供してくれる

航空会社が増えると言うことです。これは非常に嬉しいことです。

ちなみに、他のアライアンスだと、ANAが加盟しているスターアライアンスの方が、

加盟航空会社も多くて、使い勝手が良さそうなのが現状です。

JALのステータスしか持っていない私としては、

ワンワールドアライアンスに正直頑張ってほしいところです。

ロイヤルモロッコ航空の印象

ロイヤルモロッコ航空を使ったのは、2019年の5月。

ザゴラ砂漠の観光を終えてモロッコのマラケシュから、ポルトガルのリスボンまでの移動です。

飛行機の外観はこんな感じ

機種はボーイング737ー800です。

朝早く眠かったのであまり機内のことは覚えてませんが、

内装は結構古かったような記憶があります。

機内誌はこんな感じです。

機内Wi-Fiが使える様だったんですが、結局うまくいかなくて諦めたはずです。

最新の機内については、ユーチューバのおのだ社長やスーツ君が

いつか乗ってレビューしてくれることでしょう。

モロッコの空港は時間に注意

話は外れてしまいますが、モロッコのマラケシュの空港を使う際はチェックインや出国に時間がかかるので注意が必要です。

通常国際線は2時間前までに着くように行きますが、

バタバタして1時間半前に到着しました。

かなり混んでいて、出国審査の大行列の中で、ファイナルコールの名前呼び出しという苦い経験をしました。

ですので、モロッコ行く際は余裕を持った行動がオススメです。

いかがでしたでしょうか?

なかなか行く機会が無さそうなモロッコですが、

アフリカの発展はめざましく今後ビジネスでも訪れることがあるかもしれませんよ〜

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!