オトコ旅

”30代おやじがオススメするオトコ旅へようこそ!”

男同士での海外旅行を始めてから約10年が経ち、

訪れた国と地域は23を超え、他の国に入国した回数が

延べ50回を超えたオトコ旅ニスト?です。

みなさんは男同士の海外旅行にどのような印象を持っているでしょうか?

撮影:El ACUARIO DIVERS

「女子会、女子旅なと女子○○」は聞くけど、「男同士の旅なんてむさくるしい!?」

オトコ旅には高級ブランド店での買物は無用です。もちろんホテルだってそこそこ寝ることができれば問題なし。

インターネットの発達により日本に居ながら海外の航空券や宿を直接予約することが出来るようになり、

旅の可能性は無限大となっています。

このページでは、オトコ旅の醍醐味、海外に行くための便利グッツ、

目的地のレビューなどを紹介していきたいと思います。

一緒にオトコ旅を始めませんか?

目次

オトコ旅とは

海外旅行に行くと考え方が変わる?

海外旅行で悩みが解決する?

海外旅行が不安で踏み出せない??

自分探しの海外旅行って何??

目的地で変わるツアーと個人手配

メジャーな目的地ならツアーがお得、他は自分でアレンジ!

航空券の手配

まずは航空券をとろう!

お得な乗換えをうまく使ってみよう!

乗り継ぎ地でも入国してみよう!

世界で最強な日本のパスポート?

宿の手配

コスパの良い宿を見つけよう!

交通手段

やっぱり電車、なければタクシー!

国際免許でドライブだって楽しめる!

お得に現地でツアーを予約してみよう!

お得にスマホを使う

できればSIMを準備、最低でもWi-Fiレンタル

SIMを挿してスマホを使ってみよう!

中国国内だってLINE,FBができる!

国内でも格安SIMを使ってみよう!

語学

言葉だってなんとかなる!?

出発直前

パスポート以外はたいがいお金で買える!

快適に過ごすためのマストアイテム

荷物送って、手ぶらで空港に行こう

もしものための旅行保険!

快適機内グッツを準備しよう!

旅行を楽しむために

どうやってGWに安く海外に行くのか?

ビジネスクラスって何のためにあるの?

飛行機で眠れる?ノイズキャンセリング機能

預けた荷物が壊れていたら?

預けた荷物が無くなる?

お土産に時間をかける派?かけない派?

ラクラク入出国審査

◆おすすめ海外目的地

アジア
 (台湾、香港、マカオ、フィリピン、マレーシア、タイ他)

オセアニア
 (オーストラリア)

欧州、中東
 (イギリス、スペイン、ポルトガル、モロッコ)

北中南米
 (アメリカ、メキシコ、キューバ)

海外旅行初心者にオススメな海外旅行目的地ランキング

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



シンガポールの入国カードがアプリで不要になる!?

みなさんこんにちは。

今回はシンガポールに入国する際に必要な入国カードについてです。

なんと、スマホのアプリを事前にダウンロードして必要事項を登録することで、

入国審査時に入国カードを提出する必要がなくなるという情報です。

今回、空路と陸路でシンガポールに入国する際に実際に使ってみましたので、

使用方法について説明したいと思います。

アプリのダウンロード

i-Phoneを使用する場合で説明していきます。

まず、App Store で”SG arrival card”と検索します。

そうするとここのようなアプリが表示されますので、これをインストールします。

(筆者のスマホはすでにイントール済なので右上にOPENと書いてありますが、通常はInstallと記載)

基本情報の登録

パスポートを準備して、インストール後アプリを立ち上げると、3つのボタンが現れます。

1つめのプロファイルについては、自分のパスポートの情報を登録します。

2つめのインディビジュアルサブミッションは、入国する日程や、滞在場所などを登録します。

3つ目、一緒に入国する人の分もまとめて登録する機能だと思いますが、今回は使用していないので省略します。

まずは、プロファイルのボタンを押します。

”Add profile” プロファイルの追加というボタンを押します。

すると、”Scan Passport”,”Manual Entry”というボタンが現れます。

”Scan Passport”はパスポートの写真があるページの一番下に沢山文字が書いてあると思いますが、

そこを写真で読み込むことで基本情報を反映させることができます。

よく、入国審査等でそのページを読み込んでいるのはそこから情報が読み取れる様になっていたから

なのですね。

”Manual Entry”はパスポートの内容を手入力していく方法です。

今回は簡単な方で説明していきます。

”Scan Passport”を押すと下の様な説明の画面が表示されます。

この内容に従ってスマホのカメラでパスポートを読み込みます。

読み込んだ後はこの画面

赤字で”Required”と記載されている項目については、

追加で入力しましょう。

・Country/Place of Birth (出身国) -> Japanを選択します 

・Place of Residence (居住地)   -> Japanで検索する都道府県が表示されるの選択します

・Country code (国番号) -> 81を入力

・Contact Number (電話番号) -> 連絡先の電話番号を入力(最初のゼロは除く)

その後”SAVE”を押してプロファイルの登録は完了です。

旅程情報の登録

アプリトップ画面の真ん中にある”Individual Submission”を押します。

右上のプラスマークを押します。

先ほど登録した名前が表示されるのでそちらを押します。

(ペンマー左下のモザイクのところです)

以下の画面がでますので上から順に入力していきましょう。

Singapore はSGと表記しています。

・Date of arrival to SG (シンガポール到着日)
 -> 到着日を入力します。 

・Date of Departure From SG (シンガポール出発日)
 -> 出国日を入力します

・Mode of Travel (旅行のタイプ)
-> 入国が空路ならAIR、陸路ならLAND、海路ならSEAを選択

 ・空路を選択した場合は、Type of Air の欄があらわれるのでCommercialを選択してください。

  もしプライベートジェットを使用する場合はPrivateを選択します。

  その後便名を入力してください。(例:JL123 ) 

 ・陸路を選択した場合は、車のナンバーが必要になります。

  TAXIで越境する場合はタクシーのナンバーを入力します。

 ・海路は今回使用しなかったため省略します。

・Type of Accommodation in SG (シンガポールの宿泊先)
-> ホテルならホテルを選択しホテル名を検索、選択

・Last City (シンガポールに来る前滞在した街) 
 -> Japanで絞ると都道府県が選択できます。
他の国から入国する場合はその国の街を選択します

・Next City (シンガポール出国後に滞在する街) 
 -> Japanで絞ると都道府県が選択できます。
他の国から入国する場合はその国の街を選択します

・質問事項①:
過去に違う名前でシンガポールに入国したことがあるか? 
 -> YESまたはNoを選択

・質問事項①:
シンガポール到着から6日以内にアフリカや南米を旅行したこと、
する予定があるか?
 -> YESまたはNoを選択

入力が完了した場合はNEXTボタンを押します。

入力漏れがあればEditボタンで前画面に戻ります。

入力漏れが無ければ、Submitボタンを押しますが、

このボタンはシンガポールの入国審査機関に提出するという意味ですので、

内容を再度よく確認してください。

Submitボタンを押した後、バコードの画面が表示され、これで完了です。

空路での入国

飛行機で入国する場合ですが、通常搭乗した後にCAさんが入国カードを配ってくれますが、

今回はアプリで登録済なので、もらう必要がありません。

シンガポール到着後に、入国審査に並ぶと思います。

並んでいると、入国カードの有無を確認されると思います。

その場合は、片言の英語で問題ないので”インターネット”とか、

”オンライン”とか言えば理解してもらえます。

いよいよ、入国審査官に前にきたらパスポートを提出しましょう。

入国審査官によって、質問されるケースとそうでないケースがあります。

私の場合は、まず入国カードが無いので、シンガポールに住んでいますか?と

聞かれました。

住んでいないのでNoと回答し、インターネットで登録しましたと回答しました。

翌日にマレーシアへ移動する予定を登録していて、

乗換ですねと言われたので、今日シンガポールのホテルに泊まって

明日マレーシアへ行きますと回答しました。

これで無事入国完了です。

陸路での入国

次に陸路での入国ですが、シンガポールと陸続きなのはマレーシアです。

マレーシアからの入国はジョホールバルという町から橋を渡って

シンガポールに入国します。

移動はバスやタクシーなどの手段がありますが、

この場合タクシーのナンバーをアプリで登録する必要があるので、

乗るタクシーが決まってからアプリで申請する必要があります。

ナンバー以外の項目は事前に入力して保存しておき、タクシーの

ナンバーを登録してから申請ボタン(Submit)を

押すようにしましょう。

但し、日本から持ってっ来ているスマホが通信できる状態でないと申請できません。

このアプリを使う場合は、現地での通信手段をしっかり確保しておきましょう。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

2か国以上を周遊する場合はこちら

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

いかがでしたでしょうか?

入国カードはいつも機内で書いて準備しますが事前にアプリで

入力できれば非常に簡単です。

宿泊するホテルも名前で検索できたり出来るので、

機内でホテルの名前や住所を確認する必要もありません。

是非、次回シンガポールに行く際は使ってみてください。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





【海外旅行】ホテルを予約するサイトならばBooking.comがオススメな理由

みなさんこんにちは。

レインボーブリッジが五輪色にライトアップされました!

今日は、海外旅行でツアーではなく、航空券とホテルを手配する場合の

ホテル予約について書きたいと思います。

海外旅行でツアーを申し込むのか、航空券とホテルを自分で手配するのか、

どちらがお得かついてはこの記事を参照ください。

【徹底比較】海外旅行はツアーが安い?それとも航空券とホテル手配?

さてさて、海外旅行でのホテル選びについてはいくつかポイントがあります。

場所や、空港への送迎、値段などホテルを選ぶ時の注意点があります。

今回は値段に絞ってお話ししたいと思いますが、

そのほかのポイントについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【格安・海外】コスパの良い宿を見つけよう!

ホテル選びといえば、近年多くのサイトが運営されており、

昔に比べればば数段海外旅行が身近になっていると言えるでしょう。

私も過去に香港のホテルを電話で予約しましたが

なかなか大変だったことを思い出します。

ほとんどのサイトが日本語で予約できるようになった今、

英語の予約証明をホテルに行って見せるだけで大きなトラブルなく宿泊することが可能です。

今回私がオススメしたいBooking .comは、私が数年使っていて、

使えば使う程宿泊費が安くなったり、

最近はやっているポイントサイトも併用することで

キャッシュバック受けることができます。

今回はこの2点について紹介したいと思います。

Booking .comというサイト

最近ではテレビや、YouTubeでの広告も見るようになりましたが、

世界中のホテルを予約でできるサイトです。



ツアー旅行のオプションでホテルのグレードアップを

したことがあると思いますが、結構な金額を払ってると思います。

でも実際にはそんなに宿泊代は高くない場合が多いと思います。

アジア圏なら、日本でビジネスホテルに宿泊する金額で

かなりゴージャスなホテル泊まることが出来ます。

このあたりは、現地通貨での部屋代で決済ができるということで

非常にお得なサイトになっています。

Genius会員でもっとお得

Booking .comを使用していると利用実績によって、

更なるサービスを受けることが出来る様になります。

2年間の間に2回、このサイトで宿泊すると

Genius会員のレベル1になります。

対象のホテルで10%の割引が受けられます。

これは、複数人で連泊することも考えると結構な

節約になります。

ちなみにこの会員資格は期限がありません。

次に、2年以内に5回使用した場合は、

レベル2の会員となります。

この場合は、割引が最大15%に拡大し、

無料朝食が付く施設や、

無料での客室アップグレードもあります。

通常の会員が宿を検索した時には表示されない

プランも予約出来たり、とてもお得感があります。

ちなみに私はこれまで25回ほどこのサイトを使って予約しています。

最近知ったポイントサイトでキャッシュバック

みなさん、ポイ活って知ってます?

私の知り合いがポイントサイトでポイント貯まるから、

やった方がいいよ〜って

前から聞いてたんですが

どうも疑ってしまう性格なもので

それってなんか怪しいサイトなんじゃいの?

とか、そのサイトは何で儲けてるの?

って聞いてたんですがイマイチ理解できてなかったので

年末年始にネットで調べてみたんです。

ポイントサイトのビジネスモデル

詳しくはネットに書いてありますので、

簡単に説明すると、

企業はポイントサイトに広告料を払い、その中から購入した会員に

ポイントでキャッシュバックする仕組みのようです。

企業は広告に結構お金をかけているみたいで、

ポイントサイト側はポイントを集めたい会員と

企業を結びつける役割を果たしているみたいです。

昔ならテレビCMにとてつもない広告宣伝費用を

かけていましたが、その効果ってなかなか検証しにくいですよね。

ネットでは、ユーザーの嗜好に応じた広告を出せますし

大まかな年齢、性別、地域もわかり、

具体的にどの程度見られて、どの程度効果があるかデータで取れるので、

投資対効果も見えて、効率的に宣伝出来る様に

なってきているのだと思います。

今後ポイントサイトがどのような歴史を作っていくのかは不明ですが、

現時点では結構なキャッシュバックがあるので

利用を検討する価値はあるかも知れません。

今ならモッピーとBooking .comで6%キャッシュバック

ポイントサイトのビジネスモデルを紹介しましたが、

実は今モッピーというポイントサイトと

Booking .comを使うと宿泊費の6%が戻って来ます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

例えば、宿泊費が100円だとします。

先程説明したgenius会員の割引対象施設を使うと

10%割引で、10円お得。

ポイントサイトを使えば、さらに6%で5.4円

キャッシュバック。

もし、長期旅行で5人で10万円の費用なら

1万5400円もお得なわけです。

仮に旅行で宿泊費を立て替えたなら、

1人あたり 90,000円 ÷ 5 = 18,000円

キャッシュバック 90,000円 × 6% = 5,400

実質負担 18,000円 – 5,400円 = 12,600円

となります。

結構凄いですね。

ポイントサイトを使った予約方法

最後にポイントサイトを使った予約の方法を

説明しておきます。

・まず、ポイントサイトに登録

・そして、ポイントサイト内にある

 Booking .comのリンクをクリック

・Booking .comのサイトで宿を予約

いたって簡単です。

要はポイントサイトを経由するということです。

ポイントサイトモッピーの紹介動画





スマホでの注意

注意必要なのは、スマホだとBoking.comのアプリが

あります。

モッピーのサイトからリンクをクリックすると

アプリが自動的に立ち上がります。

この場合モッピーを経由しているという情報が引き継がれない

可能性があります。

モッピーでは、Amazonや楽天もモッピーを経由することで

ポイントがたまりますが、スマホで街頭する店のアプリが立ち上がる場合は、

アプリを立ち上げないか(アンインストール!?)、

パソコンなどを使う方法が確実なのではないかと思います。

筆者はスマホを使ってAmazonで買い物しましたが

うまく反映しなかったので、PCを使っています、

長くなりましたが、booking .comの6%キャッシュバックは

今だけでいつ還元率が下がるかわかりません。

興味がある方はお早めに!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!