マレーシアでラクサが一番おいしいお店はどこなのか?

みなさんこんにちは。

中国武漢でのコロナウィルスの発生から、一気に雰囲気が変わった今日この頃です。

東京オリンピックの延期、株価の暴落、円高、買い占めなどなど、ニュースはコロナ一色ですね。

渡航禁止等に伴う、航空便の減少で航空会社も相当厳しい状況なのでしょう。

修行僧びっくりのポイント2倍キャンペーン

これまでに聞いたことのない、ANAではPP(プレミアムポイント)が期間限定で2倍になるキャンペーンを、

追いかける様に、JALではFOP(フライオンポイント)が2倍になるキャンペーンを開始しました。

修行僧にとっては、感染防止をしながらこの機会を逃したく無いと思って頭を悩ませている方も多いのではないかと

思います。

PP? FOP? 修行僧?

この意味が分からない方は読み飛ばしてもらって構いませんが、

一定の基準まである航空会社の飛行機を1年以内に

乗ると、お得意様向けのいろいろなサービスを受けることができます。

それを一般的に修行と呼んでいる様ですが、ANA,JALそれぞれ同様のサービスがあります。

詳しくは、ANA 修行とか、JAL 修行でWEBを検索してもらえばと思います。

さてさて、前置きが長くなりましたが、本題のマレーシア料理、ラクサについて今回はお話したいと

思います。

帰国後食べたくなる海外の料理

ここ数年、アジアを訪れることが多く、現地の美味しい料理に巡り合うことがあります。

帰国してから無性に食べたくなることも多く、

国内でどうやって手に入れられるかを

調べたりすることもちょくちょくあります。

具体的にハマっているのは中華圏でよく食べられている、

火鍋や今回紹介するマレーシア、シンガポールの

ラクサ、バクテー(肉骨茶)などです。

火鍋のスープはネットでいろいろなレシピがありますが、

なかなか本場の味とは言えず、

中華系の香辛料の知識が無い事と入手が手間だということもあって挫折。

ただ、最近、KALDIという輸入食材などを扱っているお店で販売している

白湯スープベースの火鍋の素にはまっています。

夏場は販売してなさそうなので、見つけるたびに買いだめしている状況です。

アマゾンでも売ってました!


KALDI オリジナル 火鍋の素 2~3人前 … (2袋)

本場の火鍋と言うよりは日本人向けの味付けでなかなかハマります。

ごま油と塩を混ぜたものをつけだれ代わりにして

少しずつつけて食べるのが最高に美味しいですね。

(つけすぎると胃もたれを起こします)

一度食べたらハマってしまうラクサ

ラクサについて説明したいと思いますが、

私自身もラクサが何で出来ているかよく理解していません。

Wikipediaによると

ガランガルやターメリックなどの香辛料が聞いた

東南アジアの麺料理です。

イマイチ、ピンと来ないですね・・・・

独断と偏見で言うと

魚醤やスパイスを混ぜたスープベースのラーメン

というとこでしょうか?

味もうまく説明ができません。

とにかく美味くてハマったという事実だけ・・・・

いろいろな種類のラクサ

一言でラクサといってもいろいろなラクサがあり、

場所や国によってもことなるため、どれがベーシックの

ラクサなのかイマイチわかりません。

シンガポールのコーヒーチェーン店のOLD TOWNで食べたラクサは

こんな感じです。

正直食べれることは食べれますが、私が食べたかった感じのラクサではありませんでした。

もうすこし、クリーミーな感じのラクサが食べたいと思ってしましました。

実はここはラクサよりお粥が美味しかったですね~。

シンガポールチャンギ空港のsatsラウンジにあるラクサ

正直、空港のラウンジにあるものを紹介するのは気が引けますが、

美味しかったことは事実なのでちょっと紹介したいとお思います。

まず、今回はチャンギ空港からマレーシアのクアラルンプール(KL)への

移動で使用したラウンジです。通常ラウンジは航空会社が

設置しているイメージがありますが、

今回はsatsというラウンジ。

私はJALの上級会員ステータスを持っています。

マレーシア航空はJALと同じワンワールドアライアンスという

グループに入っているので、

マレーシア航空でも上級会員ステータスを使うことができます。

前置きが長くなりました、そのラウンジはこんな感じ

いろいろな食べ物がホテルの朝食のように用意されています。

もちろんお酒も飲み放題です。

そして奥にはラクサのカウンターがあります。

これは求めていたラクサにかなり近いです。

若干クリーミーすぎる点はありますが、安定の2杯目おかわりです。

マレーシアの離島コタキナバルのラクサ

次は、マレーシアの飛び地、コタキナバルです。

タクシーの運転手さんから教えてもらったラクサの名店Yee Fung Laksa!。

ラクサと言えばこのすだち?的なものが付いていて、

これを絞るといっそう味に深みが出ます。

まさしくこれぞマレーシアのラクサ。

場所はこちらです。

コタキナバルを訪れた時の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

ほどよい街と自然でゆっくりできるコタキナバル

これぞマレーシアNo.1のラクサ:マレーシア航空ラウンジ

またまたラウンジからの紹介で申し訳ありません。

しかしこのラクサは食べる価値ありますよ!

マレーシアのフラッグキャリア、KLIAにあるマレーシア航空の国内線ラウンジです。

日本の国内線ラウンジではビールを含めたお酒と柿ピーのイメージですが、

マレーシア航空は国内線でもラクサのカウンターがあるんです。

パンなど軽食もありますが、お酒は無いです。

イスラムの国なので・・・・・

カウンターでラクサと言えば作ってもらえます。

これが、2020年の2月。

これが2018年にお邪魔した時のラクサです。

ここのラクサは間違いなく1番うまいと思います。

考えてみれば当たり前かもしれませんね、日本でいったら

JALやANAがラウンジで和食やラーメンを出すようなものですから。

スープにはとてもコクが有あり、酸味も、辛さの絶妙のバランスです。

いかがでしたでしょうか、マレーシアのラクサ、

空港以外にもたくさんの名店があるのでしょうね~。

もしご存知のかたがいらっしゃいましたらコメント欄にコメントして

いただければと思います。

コロナウイルスでなかなか海外旅行も難しい昨今ですが、

収束したら是非食べにいきたいですね。。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





シンガポールの入国カードがアプリで不要になる!?

みなさんこんにちは。

今回はシンガポールに入国する際に必要な入国カードについてです。

なんと、スマホのアプリを事前にダウンロードして必要事項を登録することで、

入国審査時に入国カードを提出する必要がなくなるという情報です。

今回、空路と陸路でシンガポールに入国する際に実際に使ってみましたので、

使用方法について説明したいと思います。

アプリのダウンロード

i-Phoneを使用する場合で説明していきます。

まず、App Store で”SG arrival card”と検索します。

そうするとここのようなアプリが表示されますので、これをインストールします。

(筆者のスマホはすでにイントール済なので右上にOPENと書いてありますが、通常はInstallと記載)

基本情報の登録

パスポートを準備して、インストール後アプリを立ち上げると、3つのボタンが現れます。

1つめのプロファイルについては、自分のパスポートの情報を登録します。

2つめのインディビジュアルサブミッションは、入国する日程や、滞在場所などを登録します。

3つ目、一緒に入国する人の分もまとめて登録する機能だと思いますが、今回は使用していないので省略します。

まずは、プロファイルのボタンを押します。

”Add profile” プロファイルの追加というボタンを押します。

すると、”Scan Passport”,”Manual Entry”というボタンが現れます。

”Scan Passport”はパスポートの写真があるページの一番下に沢山文字が書いてあると思いますが、

そこを写真で読み込むことで基本情報を反映させることができます。

よく、入国審査等でそのページを読み込んでいるのはそこから情報が読み取れる様になっていたから

なのですね。

”Manual Entry”はパスポートの内容を手入力していく方法です。

今回は簡単な方で説明していきます。

”Scan Passport”を押すと下の様な説明の画面が表示されます。

この内容に従ってスマホのカメラでパスポートを読み込みます。

読み込んだ後はこの画面

赤字で”Required”と記載されている項目については、

追加で入力しましょう。

・Country/Place of Birth (出身国) -> Japanを選択します 

・Place of Residence (居住地)   -> Japanで検索する都道府県が表示されるの選択します

・Country code (国番号) -> 81を入力

・Contact Number (電話番号) -> 連絡先の電話番号を入力(最初のゼロは除く)

その後”SAVE”を押してプロファイルの登録は完了です。

旅程情報の登録

アプリトップ画面の真ん中にある”Individual Submission”を押します。

右上のプラスマークを押します。

先ほど登録した名前が表示されるのでそちらを押します。

(ペンマー左下のモザイクのところです)

以下の画面がでますので上から順に入力していきましょう。

Singapore はSGと表記しています。

・Date of arrival to SG (シンガポール到着日)
 -> 到着日を入力します。 

・Date of Departure From SG (シンガポール出発日)
 -> 出国日を入力します

・Mode of Travel (旅行のタイプ)
-> 入国が空路ならAIR、陸路ならLAND、海路ならSEAを選択

 ・空路を選択した場合は、Type of Air の欄があらわれるのでCommercialを選択してください。

  もしプライベートジェットを使用する場合はPrivateを選択します。

  その後便名を入力してください。(例:JL123 ) 

 ・陸路を選択した場合は、車のナンバーが必要になります。

  TAXIで越境する場合はタクシーのナンバーを入力します。

 ・海路は今回使用しなかったため省略します。

・Type of Accommodation in SG (シンガポールの宿泊先)
-> ホテルならホテルを選択しホテル名を検索、選択

・Last City (シンガポールに来る前滞在した街) 
 -> Japanで絞ると都道府県が選択できます。
他の国から入国する場合はその国の街を選択します

・Next City (シンガポール出国後に滞在する街) 
 -> Japanで絞ると都道府県が選択できます。
他の国から入国する場合はその国の街を選択します

・質問事項①:
過去に違う名前でシンガポールに入国したことがあるか? 
 -> YESまたはNoを選択

・質問事項①:
シンガポール到着から6日以内にアフリカや南米を旅行したこと、
する予定があるか?
 -> YESまたはNoを選択

入力が完了した場合はNEXTボタンを押します。

入力漏れがあればEditボタンで前画面に戻ります。

入力漏れが無ければ、Submitボタンを押しますが、

このボタンはシンガポールの入国審査機関に提出するという意味ですので、

内容を再度よく確認してください。

Submitボタンを押した後、バコードの画面が表示され、これで完了です。

空路での入国

飛行機で入国する場合ですが、通常搭乗した後にCAさんが入国カードを配ってくれますが、

今回はアプリで登録済なので、もらう必要がありません。

シンガポール到着後に、入国審査に並ぶと思います。

並んでいると、入国カードの有無を確認されると思います。

その場合は、片言の英語で問題ないので”インターネット”とか、

”オンライン”とか言えば理解してもらえます。

いよいよ、入国審査官に前にきたらパスポートを提出しましょう。

入国審査官によって、質問されるケースとそうでないケースがあります。

私の場合は、まず入国カードが無いので、シンガポールに住んでいますか?と

聞かれました。

住んでいないのでNoと回答し、インターネットで登録しましたと回答しました。

翌日にマレーシアへ移動する予定を登録していて、

乗換ですねと言われたので、今日シンガポールのホテルに泊まって

明日マレーシアへ行きますと回答しました。

これで無事入国完了です。

陸路での入国

次に陸路での入国ですが、シンガポールと陸続きなのはマレーシアです。

マレーシアからの入国はジョホールバルという町から橋を渡って

シンガポールに入国します。

移動はバスやタクシーなどの手段がありますが、

この場合タクシーのナンバーをアプリで登録する必要があるので、

乗るタクシーが決まってからアプリで申請する必要があります。

ナンバー以外の項目は事前に入力して保存しておき、タクシーの

ナンバーを登録してから申請ボタン(Submit)を

押すようにしましょう。

但し、日本から持ってっ来ているスマホが通信できる状態でないと申請できません。

このアプリを使う場合は、現地での通信手段をしっかり確保しておきましょう。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

2か国以上を周遊する場合はこちら

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

いかがでしたでしょうか?

入国カードはいつも機内で書いて準備しますが事前にアプリで

入力できれば非常に簡単です。

宿泊するホテルも名前で検索できたり出来るので、

機内でホテルの名前や住所を確認する必要もありません。

是非、次回シンガポールに行く際は使ってみてください。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!