東北新幹線のグランクラスは高いのか!?

あっと言う間に年末ですが、筆者は帰省するときは直前になるまで新幹線の予約をしないという怠け者です。飛行機なら値段がガラッと変わるのでいくら怠け者でも先に予約すると思いますが。

ぎりぎりになって予約する怠け者

帰省と言っても新幹線で1時間半、そこまで遠いという感じでも無いですし、急に予定が入ることだってあります。

現に今回は、帰省予定日の前日に友人と朝近くまで飲んでしまい、帰る気喪失。翌日に延期しました。当日はネットで空席を確認するも空きなし。空いていると思って予約を進めても、チケットがとれない始末。

しかたなく、グランクラスを予約しました。通常指定席の倍で、正直悩みましたが、始発駅で自由席に並ぶのも荷物があるとしんどいし、今まで乗った事も無かったので決定。お酒が飲めて食事も出るとのこと、ちょっと奮発気分に切り替えました。

お土産などを購入する予定もあり、早めに出たら1時間も時間が余ってしまい、アイリッシュパブで生ギネスを片手に時間つぶし、15分前にホームへ向かいました。アイリッシュパブの店員さんが

店員さん「ポイントカード期限が明日までですが作りますか?」
流石に明日は居ねーよと思っていたら、

店員さん「ポイント溜まるとアイルランドに行けるみたいです。」

私「いいですね〜〜私ウィスキー好きすぎてスコットランド行きましたよ〜〜」

店員さん「私もウィスキー好きなんです〜」

私「なら是非アイラ島に行ってみてください」

店員さん「それ目指して頑張ります。良いお年を〜〜」

一瞬の会話でしが結構濃いですね〜〜
アイラ旅行の記事は以下を参照してください。

【格安・海外】アイラウィスキーの蒸留所をめぐってみよう!

まさかの列車故障による遅延

話を戻して、改札前が混雑してましたが、年末なのでそんなもんだと思いながらコンコースの電光掲示板を見ると、1時間前の電車が表示されているではありませんか⁇?

なんと車両故障で80分遅れ。そりゃ多くの人が、壁際に座ったり、電光掲示板の前で立ち尽くしているわけです。
待つ事80分、お目当ての列車が来ました。

飛行機のファーストクラスのような座席

お客様が多いので、シートの全景は撮影することができませんでした。ごめんなさい。

車内に入るとおしぼりのサービス。

各座席は飛行機のファーストクラスシート(乗ったことはありません)飛行機と同じようにメニューが置いてあります。

最初の飲み物はスパークリングワイン。
甘いシェリー酒??と白の辛口。迷わず白の辛口。山形県の高畠ワイナリーのシャルドネでした。実は結構前に行ったことあるのですが、甘いワインのイメージが強く残っていました。素晴らしい味。

お次は軽食。洋食と和食があるみたいですが、迷わず和食。歳とともに和食が最強であることを確信しつつある最近。

スパークリングの後は、ハイボールをいただきます。銘柄はメイカーズマーク。飛行機みたいにミニボトルで提供です。

トイレだってすごいんです!

飛行機では、ANAがボーイング787のローンチカスタマーだったので、ANAやJALのB787にはウォシュレットがついていますが、
グランクラスのトイレにはちゃんとウォシュレット付いてました。素晴らしいですね。

ちなみにローンチカスタマーというのは、新しい飛行機を開発する際に、一番最初にある程度の規模感で発注してくれるお客さんのことで、
その顧客の要求が開発される飛行機のベースとなる仕様に大きく影響するとのことです。日本の会社ならではのウォシュレットです。

2時間では短すぎるグランクラス

やはり、2時間では短すぎますね。お酒も飲み放題みたいなものですが、2時間だと食事をして、お酒2杯がいいところでしょうか。
どうせ乗るなら、最低でも3~4時間は無いと堪能できないと思います。

皆さんも乗る際は、東京から函館くらいまでの旅程を組むことをお勧めします。
新幹線も昔と比べて速度が速くなり、あっという間に到着してしまいますので・・・。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【苦手意識】海外旅行、踏み出せない…!?

さてこれまでオトコ旅について紹介してきましたが、未だ海外旅行に踏み出せないと感じている方に向けて書きたいと思います。もちろん強制しているわけではありません(笑)

それでは国内旅行と比較して考えてみましょう。

海外旅行ってお金がかかる?

まずはお金の問題です。

最近では年に数回海外へ行く機会がありますが、良く周りの人と話して感じるのが、海外旅行に対する高額感でしょうか…..

昔はかなり高額だったと聞きますね、50万円以上とか…大分安くなっているの事は知っている感じでありますが、何となく国内旅行+αのお金がかかるイメージ強い気がします。

筆者の勧めるオトコ旅の場合はもちろん場所にもよりますが、そこまで遠く無ければ国内旅行より安いケースが多いと思います。

時期にもよりますが香港、台湾なんかは往復のチケットと宿代含みで30,000円を以下で収まることがあります。東京から沖縄までの飛行機代でもそれ以上はかかる場合が多いのではないかと思います。LCCと呼ばれる格安航空会社も増えて来ていますのでイメージしているよりかなり安く海外旅行ができる環境と言えると思います。

やっぱり治安が心配・・・

次に治安などに関する不安についてですが、確かに日本レベルまで治安がいい国は世界中でも少ないと思います。従って、日本と同じレベルの安全を期待することは出来ませんが、安定している国もありますし、少し危険な国であっても、リスクを減らす行動を心がけることで問題なく楽しめるのではないかと思います。先程あげた香港や台湾などはあまり心配せず楽しめるところなので、初心者にはオススメです。

言葉が通じない?

3つ目は、言葉の問題についてです。こちらは以前の記事で書いてますのでそちらも参照して頂ければと思います。結論から言えば、英語は出来た方がいいですが、出来なくても問題なく食事も出来ますし、お土産物買えます。ちゃんと日本にも帰ってこれます。それでも観光がどうしても不安であれば、渡航前に日本語が分かるガイド付きのツアーをネットで予約することも可能です。

また、驚くことに国にもよりますが、日本語を勉強している人も多いです。アニメの影響もあるみたいで、日本人が思っている以上に海外では身近に感じてくれている場合も多いのが現在です。

【格安・海外】言葉だってなんとかなる!

トイレとか心配・・・・

4つめは身の回りの設備関係、特にトイレやお風呂関係について考えみましょう。これについては、国内旅行に惨敗となります。お湯が出ない、水圧が弱い、排水が詰まる、ウォシュレットが無いなど勝ち目はありませんね。せめて出来ることと言えば、ウェットティッシュなどを持っていくくらいでしょうか?もちろん宿を別で手配する場合はある程度のホテル日本人向けのホテルだと比較的問題ない場合があります。

海外旅行に行く意味って・・・・

最後にメリットについて考えてみたいと思います。もちろん、旅行の目的は人それぞれです。それは国内旅行でも海外旅行でもある程度同じでないかと思います。ただし海外旅行でしか味わうことが出来ないことがあります。それはこれまで見たことの無い文化に肌で接する事でいろいろな刺激を得られます。

ここで言う刺激とはスカイダイビングとかバンジージャンプなどとはちょっと違ったものです。一時的なものではなく、自分がこれまで当たり前だと思って気にも止めなかったものついて、新たな気づきが生まれます。良く海外旅行は若いときに行った方が良いと言われるのは、いろいろな違いに気付けたり、受け入れたりすることができる範囲が広いからなのかもしれません。

抽象的な表現になってしまいましたが、人それぞれ感じ取るものが違います。また筆者が感じたことについては、過去の投稿を参考にして頂ければと思います。

海外旅行と日本人というアイデンティティ

海外旅行が手軽になった現在、国内よりも安いツアーもあります。また、海外でしか得られない経験も皆さんを待っています。そう考えると、コスパでは海外旅行に軍配が上がるかもしれません!

海外旅行に一歩踏み出せないと感じている方、もう一度考えて見てはいかがでしょうか?

格安ツアーだってスイート泊まれる!?
海外旅行で1番楽しいのは準備だったりする?
まずは航空券をとろう!
最強な日本のパスポート!?
コスパの良い宿を見つけよう!
やっぱり電車か地下鉄、なければタクシー!
言葉だってなんとかなる!
旅の準備

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!