【海外旅行】乗継便で入国するにはどうすれば良いか!?

今回、友人がゴールデンウィークに乗継便で海外旅行をするということで乗換えに関する情報を書きたいと思います。



チケットの手配について

まず、乗換えして目的地に向かう場合は同じ航空会社(コードシェア便含む)で通しで航空券(出発地→乗換地,乗換地→最終目的地)を購入し乗り継ぎを行う場合と、別に手配した航空券で乗換えて目的地に向かうパターンがあります。通しの航空券の場合は、仮に乗った飛行機が遅れて乗り継ぐ予定の飛行機に乗れない場合、他の便に振り替えたりしてくれます。言わば最終目的地までの到着を保証してくれます。一方、別で乗換地からの飛行機を予約していて、最初に乗った飛行機が遅れて次の飛行機に乗れなかった場合は誰も保証してくれません。従って余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。

また、乗換え地から別の航空会社の航空券を使う場合、最初に預けた荷物を入国してからピックアップする必要があります。
入国しなくても空港の乗換えカウンターでその旨を伝えれば乗せ変えてくれる場合もある様ですが、ある程度のコミュニケーション力が必要です。

バックをピックアップするために入国審査に並んで、

バックが出てくるのを待ち、

航空会社のカウンターでチケットの発券をしてもらい、

荷物を預け、セキュリティチェックを受けて

出国審査の流れになるので3〜4時間以上は必要になります。このあたりがスケジュールを組む際に注意が必要な点です。






乗換え航空券を使って乗り継ぎ地で入国する場合

通しで乗換えチケットを購入した場合、普通は預けた荷物が自動的に次の便に載せ換えられる場合が多いです。
(念のためチケット発券時に確認するのがベストです)

さて乗り継ぎ地で入国する場合ですが、まずチェックインカウンターで乗換え地までの航空券のみ発券してもらいましょう。

そうすることで、到着してから普通に預けたバックをピックアップすることができます。

入国して時間を潰したあとは、日本出発時と同様にチェックインカウンターで乗換え地から最終目的地までのチケットを発券してもらえば、荷物を預けて出国審査を受け問題なく飛行機に乗る事が可能です。

いかがでしょうか?過去の記事でも説明しましたが、格安で海外旅行するためには乗継ぎ便は欠かせません。

【格安・海外】乗換えをうまく使ってみよう!


そして乗継ぎ地でも入国しもう1カ国楽しむと言うスタイルもなかなか楽しいものですよ!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【格安・海外】乗換えをうまく使ってみよう!

航空券についてはいろいろな航空会社のチケットがありますが、基本的には往復で買わないと高額になります。LCC等は片道でも往復でも変わらない場合が多いかと思います。また、航空券は早く買えば買うほど安いです。特にGW,盆,暮れ,正月は通常の2倍以上になるときもありますので、可能な限り早く購入するのが良いでしょう。筆者は2017年のGWに友人の結婚式で、バリを訪れましたが半年前にチケットを購入したので6万円弱で購入できました。しかし、実際GWの直前になると同じチケットが60万円になっていたことに驚いた記憶があります。

また、当たり前かもしれませんが直行便が高い設定となっています。オトコ旅としてオススメなのは、乗り換えチケットです。よくトランジット(正しくはトランスファーらしいですが)と言うものです。たとえば、東京を午後に出て、経由地に夕方到着、翌日経由地から目的地までというチケットがあったとします。一般的には乗換えが面倒で、しかも待ち時間が多いため敬遠されるチケットです。したがって、直行便に比べて航空券の価格はだいぶ安く設定されています。



オトコ旅ではこれを逆手にとり、もう一カ国滞在できる国が増えたから、入国して飲んで泊まろう!という発想になります。ある程度日程に余裕がある場合は、値段が安くて、もう一カ国滞在できる、乗り換えチケットがオススメです。
航空券の値段について説明している動画を見つけたので、リンクを貼っておきます!

次回以降の記事でVISAについて触れたいと思います。

最強な日本のパスポート!?
・個人手配なら準備を周到に!
コスパの良い宿を見つけよう!
やっぱり電車か地下鉄、なければタクシー!
言葉だってなんとかなる!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!