マレーシアでラクサが一番おいしいお店はどこなのか?

みなさんこんにちは。

中国武漢でのコロナウィルスの発生から、一気に雰囲気が変わった今日この頃です。

東京オリンピックの延期、株価の暴落、円高、買い占めなどなど、ニュースはコロナ一色ですね。

渡航禁止等に伴う、航空便の減少で航空会社も相当厳しい状況なのでしょう。

修行僧びっくりのポイント2倍キャンペーン

これまでに聞いたことのない、ANAではPP(プレミアムポイント)が期間限定で2倍になるキャンペーンを、

追いかける様に、JALではFOP(フライオンポイント)が2倍になるキャンペーンを開始しました。

修行僧にとっては、感染防止をしながらこの機会を逃したく無いと思って頭を悩ませている方も多いのではないかと

思います。

PP? FOP? 修行僧?

この意味が分からない方は読み飛ばしてもらって構いませんが、

一定の基準まである航空会社の飛行機を1年以内に

乗ると、お得意様向けのいろいろなサービスを受けることができます。

それを一般的に修行と呼んでいる様ですが、ANA,JALそれぞれ同様のサービスがあります。

詳しくは、ANA 修行とか、JAL 修行でWEBを検索してもらえばと思います。

さてさて、前置きが長くなりましたが、本題のマレーシア料理、ラクサについて今回はお話したいと

思います。

帰国後食べたくなる海外の料理

ここ数年、アジアを訪れることが多く、現地の美味しい料理に巡り合うことがあります。

帰国してから無性に食べたくなることも多く、

国内でどうやって手に入れられるかを

調べたりすることもちょくちょくあります。

具体的にハマっているのは中華圏でよく食べられている、

火鍋や今回紹介するマレーシア、シンガポールの

ラクサ、バクテー(肉骨茶)などです。

火鍋のスープはネットでいろいろなレシピがありますが、

なかなか本場の味とは言えず、

中華系の香辛料の知識が無い事と入手が手間だということもあって挫折。

ただ、最近、KALDIという輸入食材などを扱っているお店で販売している

白湯スープベースの火鍋の素にはまっています。

夏場は販売してなさそうなので、見つけるたびに買いだめしている状況です。

アマゾンでも売ってました!


KALDI オリジナル 火鍋の素 2~3人前 … (2袋)

本場の火鍋と言うよりは日本人向けの味付けでなかなかハマります。

ごま油と塩を混ぜたものをつけだれ代わりにして

少しずつつけて食べるのが最高に美味しいですね。

(つけすぎると胃もたれを起こします)

一度食べたらハマってしまうラクサ

ラクサについて説明したいと思いますが、

私自身もラクサが何で出来ているかよく理解していません。

Wikipediaによると

ガランガルやターメリックなどの香辛料が聞いた

東南アジアの麺料理です。

イマイチ、ピンと来ないですね・・・・

独断と偏見で言うと

魚醤やスパイスを混ぜたスープベースのラーメン

というとこでしょうか?

味もうまく説明ができません。

とにかく美味くてハマったという事実だけ・・・・

いろいろな種類のラクサ

一言でラクサといってもいろいろなラクサがあり、

場所や国によってもことなるため、どれがベーシックの

ラクサなのかイマイチわかりません。

シンガポールのコーヒーチェーン店のOLD TOWNで食べたラクサは

こんな感じです。

正直食べれることは食べれますが、私が食べたかった感じのラクサではありませんでした。

もうすこし、クリーミーな感じのラクサが食べたいと思ってしましました。

実はここはラクサよりお粥が美味しかったですね~。

シンガポールチャンギ空港のsatsラウンジにあるラクサ

正直、空港のラウンジにあるものを紹介するのは気が引けますが、

美味しかったことは事実なのでちょっと紹介したいとお思います。

まず、今回はチャンギ空港からマレーシアのクアラルンプール(KL)への

移動で使用したラウンジです。通常ラウンジは航空会社が

設置しているイメージがありますが、

今回はsatsというラウンジ。

私はJALの上級会員ステータスを持っています。

マレーシア航空はJALと同じワンワールドアライアンスという

グループに入っているので、

マレーシア航空でも上級会員ステータスを使うことができます。

前置きが長くなりました、そのラウンジはこんな感じ

いろいろな食べ物がホテルの朝食のように用意されています。

もちろんお酒も飲み放題です。

そして奥にはラクサのカウンターがあります。

これは求めていたラクサにかなり近いです。

若干クリーミーすぎる点はありますが、安定の2杯目おかわりです。

マレーシアの離島コタキナバルのラクサ

次は、マレーシアの飛び地、コタキナバルです。

タクシーの運転手さんから教えてもらったラクサの名店Yee Fung Laksa!。

ラクサと言えばこのすだち?的なものが付いていて、

これを絞るといっそう味に深みが出ます。

まさしくこれぞマレーシアのラクサ。

場所はこちらです。

コタキナバルを訪れた時の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

ほどよい街と自然でゆっくりできるコタキナバル

これぞマレーシアNo.1のラクサ:マレーシア航空ラウンジ

またまたラウンジからの紹介で申し訳ありません。

しかしこのラクサは食べる価値ありますよ!

マレーシアのフラッグキャリア、KLIAにあるマレーシア航空の国内線ラウンジです。

日本の国内線ラウンジではビールを含めたお酒と柿ピーのイメージですが、

マレーシア航空は国内線でもラクサのカウンターがあるんです。

パンなど軽食もありますが、お酒は無いです。

イスラムの国なので・・・・・

カウンターでラクサと言えば作ってもらえます。

これが、2020年の2月。

これが2018年にお邪魔した時のラクサです。

ここのラクサは間違いなく1番うまいと思います。

考えてみれば当たり前かもしれませんね、日本でいったら

JALやANAがラウンジで和食やラーメンを出すようなものですから。

スープにはとてもコクが有あり、酸味も、辛さの絶妙のバランスです。

いかがでしたでしょうか、マレーシアのラクサ、

空港以外にもたくさんの名店があるのでしょうね~。

もしご存知のかたがいらっしゃいましたらコメント欄にコメントして

いただければと思います。

コロナウイルスでなかなか海外旅行も難しい昨今ですが、

収束したら是非食べにいきたいですね。。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(3カ月経過)

昨年の12月よりスピードラーニングで中国語がどれだけ身につくのかを自分の頭を使って検証していくことにしました。
今回、3カ月が経過して新しい教材がダウンロードできるようになりましたので、1カ月間を振り返ってみたいと思います。

今回は、特段、長距離の移動もなかったので、主に平日の朝のみ聞いた感じになります。

前回の記事はこちらを参照してください

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(2カ月経過)

検証している勉強法のおさらい

まずはひたすら中国語+日本語の教材を聞く
内容が、中国語に集中して概ね分かってきたら中国語だけの教材に切り替える
(教材の趣旨である聞き流しではなく結構集中して聞いています)
これを1カ月内で行っていく
(理想は半月で中国語だけの教材に切り替えることです)

教材(第3巻)の紹介(中国語+日本語)

合計59分
・空港で(検疫で)       1分13秒
・空港で(入国審査で)     1分15秒
・空港で(税関で)       4分22秒
・空港で(ターミナルで)    8分27秒
・ホテルで(チェックイン)   6分09秒
・ルームサービス       5分44秒
・マッサージ         3分47秒
・マッサージが終わって     1分02秒
・レストランで        8分27秒
・ビールを飲み終えて     3分28秒
・食事を終えて        1分31秒
・道を尋ねる         4分41秒
・携帯電話をなくす      5分08秒
・財布を無くす        4分27秒

新しい教材がDLできるようになるまでの聞いた時間(約1カ月)

21時間24分(1,284分)
1週目 1時間33分
2周目 1時間08分
3週目 6時間26分
4週目 4時間 8分
5週目 8時間 9分

1日当たりの平均51約分
(基本的には平日の朝15分と決めていますが、振り返ってみたら結構移動があったんですね。かなり聞けていました)

効果

今回も先月と同様に日本語付きの教材を4週間くらい聞いたので9割程度は聞き取れるようになりました。しかも、前月より聞いている時間が多いからか、に中国語のみだと8割程度は聞き取れるレベルになりました(前月の検証では5割)。

やはり私のレベルでは、1カ月のなかで日本語付き教材に費やす時間を増やしたほうが、より理解できる様になるのだと思います。
1カ月に1巻のペースだと、朝の15分だけではやはり少し足りないのでしょう。

理想としては、月の前半で日本語付きの教材で9割程度理解でき、
残りの半月を使って中国語のみの教材を8割以上理解できるようになれば、かなり効率よく効果を出せるのだと思います。

前月同様に聞いて覚えているので、普段、ふと気づくと中国語単語が頭に浮かんでいることが多くなった
たまに、ひとりでブツブツつ呟いている。

前回から、教材の主人公の田中さんにまつわるエピソードを紹介していますが、私が過去に利用していた英語版に比べてキャラクターの設定がはっきりしています。前回は食中毒、虫歯、骨折ですが、今回はスマホを無くし、財布を無くすという相変わらずの不幸なストーリ。

空港で荷物の運搬を頼もうとして、料金をまけてもらおうとするのですが、一切値引きは出来ないという回答をうけ、「領収書要りますか?」という質問に明らかに不機嫌そうな感じで「要らない!」と言ったりしています。

それと、ルームサービスを注文して、担当の人が部屋をノック(実際にその描写は無い)したときに、日本なら「はい」とか「は~い」とまずは返事しますが、この教材では

「誰呀!」「シュイヤー!」

と言っています。この誰(シュイ)は日本語と同じ誰?という意味で、呀は日本語の~ねとか言葉を和らげるような意味なんですが、
大きな声で叫ばれると、日本人的には、「誰だ~お前は!!!」という言葉がノックした後部屋の中から聞こえる感じがして、怖っと思います(笑)

マレーシア人との出会い

今回は、期間内にマレーシアの方と会う機会がありました。マレーシアの旅については過去に記事にしているので、下記も参考にしていただければと思います。

【格安・海外】クアラルンプール(KL)日帰りツアー

ランカウイ島のスカイブリッジで待たなくていい方法

ほどよい街と自然でゆっくりできるコタキナバル

マレーシアについてのおさらいですが、マレーシアも他民族国家ですね。大きく分けて、マレー系と中華系とインド系の人が住んでいます。

この3つのグループはそれぞれ文化も異なりますが、現在ではそれなりにうまく協調して生活しています。

まず、マレー系については言語はマレー語を話し、宗教はイスラム教になりますので、ラマダン(断食)もありますし、お酒は飲みません。モスクでのお祈りもしています。マレーシアという国名はマレー人のマレーから来ています。

一方、中華系の言語は、移り住んできた場所の言語。大きい枠組みでは中国をを話します。
ご存知の様に、中国語は地方によって言葉が異なり、その違いはお互いの方言で会話が出来ないこともあり、もはや他言語とすら言えるでしょう。
現在の中国で標準語として使われているのが普通話(北京語)ですので、中華系の多くは、親が話す方言の他に、普通話も話せることが普通となっています。
宗教については、中国同様仏教徒が多いのではないかと思います。

また、インド系の場合は、もちろん言語はインドの言葉となります。但し、インドは北と南で話している言語および文化が異なります。
マレーシアに住んでいるインド系の人たちがヒンディー語またはタミル語のどちらを話しているのかはわかりませんが、以前インドで聞いたことがあるのは、中東などに出稼ぎに行くインド人は南部の人(タミル語話者)が多いとのこと、過去にマレーシアと同じ国だったシンガポールの公用語にタミル語が入っていることを考えると、主にインド南部の人が多いのではないかと思います。

インドという不思議な国に行ってみよう

では、この3つのグループ、同じマレーシア国民でありながらどうやって意思疎通を図るのかというと英語もしくはマレー語が多いようです。
もちろん同じでグループではその言語を使って会話をしていますが、他のグループのメンバーと会話するときは、英語やマレー語を使います。

今回、2名のマレーシアの方(中華系)が来日され、普段の基本的な会話は英語で事足ります。が、中華系と日本人は漢字という文化を共有しています。
従って、相手が漢字を理解できる場合は、日本語→中国語を使ったほうが、より伝わりやすいのは間違いありません。

例えば人の名前にしても、日本語と中国語では読み方が違いますが、漢字の意味はおおむね一緒(一部を除く)なので、漢字がイメージできるように伝えられれば理解しやすくなります。

そんな状況もあって、英語と勉強中の中国語をごちゃまぜにして会話していました。
実際に会話で使うと、通じるもの通じないものが明確になり、通じない言葉についてはなぜ通じなかったか分析して対策することが出来ます。
今回、私が勘違いしていたのが、

おさいふ:銭包(チェンバオ)

これをさかさまにして、バオチェンだと勘違いして、指摘され気づくことが出来ました。

この単語はまさしく、教材の中で田中さんが財布を無くしたストーリで出てきた単語です。

一方、今回の教材の中でレストランの個室を予約するストーリがありました。

個室:包間(バオジェン)

この、バオジェンとチェンバオがごっちゃになっていたのが原因だったようです。おかげで、もう間違えることはなくなりそうです。

中国語が話せるけど読み書きが出来ない?

実は、最近のマレーシアの中華系の方の中には、中国語は話せるけど読み書きが出来ないという人が増えているという話は、聞いたことがありました。
実際に、私が過去に会ったことのある若い人も、会話はできるけど、読み書きが出来ないケースがありました。やはり、他民族国家と言っても、世代を重ねるうちに、どんどん言語がメジャーな物に統一されていくという流れなのでしょう。これは、世界各地の日系人がすべて日本語が話せるわけでは無い事ととも共通することだと思います。

今回、もう一つ驚いたのが、若い人以外ににもその様な状況の人が居るということです。今回お会いした2人のうちの一人は、マラッカ海峡で有名にな
マラッカ出身の方でした。マラッカの場所はこのあたりになります。

ちょうど、首都のクアラルンプールとシンガポールの間くらいにある都市です。
先にも書いたようにマレーシアの人は、多言語話者(ポリグロット)です。そこで気になったのが、どの言語が一番流暢に話せるかということです。

そこで質問したところ、「マレー語」だという答え。正直驚きました。
中華系なら、普通話やクアラルンプール付近では広東語、北部と南部は福建語を話す人が多いと知っていたこともあり、マレー系でないのにマレー語が一番流暢だなんて・・・・

ここで、マレーシアの教育についてですが、マレーシアの人はマレー系はマレー系の小学校、中華系は中華系の小学校、インド系はインド系の小学校にまず通います。そこで、それぞれ、マレー語、普通話、インドの言語を学び、小学校以降はみんな一緒に学びます。ちなみに教科書は英語になります。

つまり、中華系の子供は基本的に、普通話を習うため、家族が使っている方言を除いて最低でも普通話はマスターするはずです。

では、何故・・・・

話を聞くと、どうやらマラッカでは中華系もマレー系の小学校に通うようです。従って、習うのもマレー語になります。
その後、地元を出てクアラルンプールに来ると、周りの中華系から、「なんで中華系なのに中国が話せないんだ?」と言われるとのこと。

マレーシアでは、お店もマレー系、中華系、インド系で分かれているため、それこそ中華系のレストランではマレー語も通じないケースもあり
料理の注文も困難な状況。つまり生活に支障をきたしてしまいます。

そんななかで、後から、普通話、福建語、広東語を学んだため、会話はできるけど、漢字の読み書きが出来ないということでした。

日本に居るとなかなかそんな状況に出くわすことはありませんが、非常に興味深いと感じてしまいました。

尚、普通話、福建語、広東語がわかる中華系でも、マレーシアの地域によっては、それ以外の方言を使っていて意思疎通が困難な場合もある様です。
いろいろな国があるのですね・・・

英語が通じるマレーシアではありますが、普通話が出来るとより、楽しむことができるのでは無いかと感じてしまいます。

まとめ

始めて3カ月、定量的にどのくらい成長しているかは不明。

単語などを特段勉強しているわけではないが、徐々に語彙数が増えている感じはしている。

ただ、教材だけでなく、中国語が通じる人相手にとにかく使ってみることで、自分の間違いや勘違いに客観的に気づくことができ、成長に繋がると思いました。

次回は4月末に検証してみたいと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!