空港でスーツケースが壊れていたらどーする?

今年は例年より寒くなる時期が遅かった影響か、風邪やインフルエンザが最近流行りだしています。健康管理は非常に大事ですが、本日所用により大阪から帰ってきました。JAL便で、伊丹空港から羽田に戻り、手荷物を受け取りました。

よく見るとスーツケースの角がベッコリ凹んでいるではありませんか。

あっちゃー、と思いながら近くのカウンターにご相談。親切な対応にやはり日本の航空会社は素晴らしいと感じつつ、担当の方が3つの提案をしてくれました。

提携先の業者で修理する

その1 JALの提携している業者に委託し、修理をしてもらう。この場合には修理期間に1ヶ月ぐらいかかるということで、来月の香港旅で使用することを考えると得策では無い。

修理見積銀額を振り込んでくれる

その2 購入したカバン屋さんで修理の見積を作成してもらいその金額をJALが振り込んでくれる。

この場合は、カバン屋に行く必要があるのでその点が面倒ですね。

想定修理金額をその場で支払う

その3 カバンの購入金額を伝えるとおおよその修理金額を教えてくれて、その額をその場で現金で貰える。これは便利ですね、スーツケースを預ける必要も無いし、当面凹んだまま使っていたって問題ないとも思ってたので。5,000円を修理費用として頂きました。

保証される場合とそうでない場合がある

以前、国際線を利用した時にも同じよう事が起きました。その時は、スーツケースの破損は、保証できないとの説明を受けて、自分が加入している保険でカバー出来るような書類を作成してくれました。また、荷物が他の空港に行き、キャスターも3つ紛失した友人は、航空会社指定の業者で無償で修理をしてもらっています。

空港で預けた荷物が無くなる???


イマイチどの様な条件で修理をする、しないを決めているのかは不明です。

皆さんも、もしスーツケースが壊れていたらまずは担当の方に相談してみましょう。そして、旅行保険などに加入しておくと何かあっても安心できそうですね。

【経験談】海外旅行に保険は必要なのか?

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!