北京語(普通話)と広東語から見る香港人の感情

今回、約1年ぶりに香港を訪れました。帰りの飛行機の中で今回の訪港について振り返ってみたいと思います。

イギリスから中国に返還された香港

ご存知の通り、香港は今は中華人民共和国の独立行政区とされています。イギリスに統治されていた香港は、民主主義選挙により長官が選ばれ、法律によって支配される日本と同様の民主主義、法治国家です。

一方中国は、国名には民主主義とありますが中国共産党一党支配の国です。例えば、中国本土では、Google検索やFacebook、Line、ツイッターなどは使うことが出来ません。もちろんいろんな手段を使って使用している人も増えている様ですが、同じような中国国内向けのSNSは共産党の監視下にあるため、共産党に不利な情報はコントロールされているのが一般的な認識だと思います。

従って、日本同様に表現の自由がある香港と中国本土では接している情報も異なってきます。(もちろん中国本土の人が政府やメディアを信頼していないと言うのも良く聞く話です)また、紳士の国英国の一部として、またアジアの金融センターとして成長してきた香港人と、ここ数年で金持ちとなったものの、マナーは備わって居ない、自己主張の強い人が多い本土の人とはやはり多くの問題があることでしょう。

従って香港の人々は自分は中国人ではなくて香港人という強いアイデンティティを持っている人が多いと感じます。

香港で使われている言葉

香港で話されている言葉は中国語の広東語と呼ばれるものです。広東語は主に、中国の広東省(例:広州、深圳)および隣接する香港、マカオ(澳門)で話されています。他にも華僑の影響でシンガポールやマレーシアでも話されています。漢字は日本で言う旧字で、繁体字と呼びます。

例:広->廣,歯->齒, 医->醫, 国->國

この繁体字を使っているのは、香港、マカオ(澳門)、台湾です。

一方中国本土では簡体字が使われています。

例: 広->广,業->业,個->个,華->华

一般的に日本人が言う中国語というのものは北京語と呼ばれるものを指し、広東語とは全く異なります。従ってその2つの言語間では会話は成立しません。同じ中国の言葉であっても、他の言語と同じくらい異なることもあるのですね。よく知られている広東語はモウマンタイ(問題無い)やヤムチャ(飲茶)などしょうか。





イギリス統治の影響もあって英語が通じる国

香港はイギリスから中国に返還されても、英語が共通語の1つとされています。街の標識、案内は基本的に広東語と英語です。また、国際的な金融都市であり世界中からビジネスマンが集まる都市でもあります。

従って、多くの場所では英語が通じますし、わかりやすい英語を話してくれます。ただし、タクシーや地元の飲食店などでは一部通じない場合もあります。また、中国に返還されてからは本土からの大量の観光客の増加、投資などの影響を受けてだ思いますが、北京語(普通話)を話せる人が増えています。
つまり最近の香港人の多くはは広東語、英語、北京語の3つをマスターしているということです。

香港人の複雑な感情

昨年末より中国語の勉強についても記事を書いて居ますが、言語は口から発してなんぼです。

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?


レストランなどで簡単な北京語は、とりあえず発して見ました。香港の人も慣れいるようで、すぐ北京語に切り替えてくれます。こちらも通じれば、発音がそのままでオッケー(通じている)だし、逆に通じなければまた試行錯誤すればよいので、香港の皆さんをある意味中国語の練習台にしてしまいました。

さて、筆者はこれまで香港に10回前後お邪魔しており、会話はもっぱら英語を使っていました。

しかし今回は、まずは北京語、ダメなら英語という形でチャレンジする中で、あることに気づきました。それは、北京語を使った時の対応がなんとなく悪い。

これは全く定量的ではありませんし、独断と偏見です。

実は今回は中国に数年住んでいる日本人の友人も一緒でした。彼は筆者より遥かに北京語が上手いわけですが、その話をすると同じような気持ちを感じていたと言うので正直ビックリしました。

香港人の友人はやはり広東語を大事にしていますし本土に対する不信感や。北京語普及による広東語の廃れを心配していることでしょう。現に広州では、おじいちゃんが孫に対してカタコトの北京語で話しかけているような状況も起きており、中国本土でも広東語が廃れていくのかもしれません。

言葉の問題以外にも、香港人の本土に対する思いは決して良いものではないと思います。飛行機に乗っても、ルールは守らないし、前のシートに座っている人のことなど考えず、シートを後ろから押したり叩いたり。もちろん日本人に対する感情はとてもいいと思いますが、北京語を耳にした瞬間に心の中で無意識に切り替わるスイッチが実は存在するのかもしれません。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



インドという不思議な国に行ってみよう

先日、所用でインドを初めて訪れました。インドと言えば、カレーやタージマハル、ターバンを巻いた人などのイメージが頭に浮かびますが、よくよく考えてみると距離もかなり離れてるし、文化も日本とは異なる国ですがしっかりとしたイメージがある国ということで不思議な気もします。今回短期間ではありましたが、訪印して発見したインドのイメージと実際のところについて気付いたところを書いてみたいと思います。

インド人のお食事事情について

インドは非常に大きな国でいろいな文化や宗教を持った人が集まっている国です。ひとことでインド人と言っても言い表すことは難しいのではないかと思います。まず、ヒンズー教では牛が神聖な生き物なので食べることはありません。神聖な扱いをされているいうことで、街中に普通に牛が歩いています。人間と牛が共存している国です。そして、人によって肉を食べない人、魚を食べない人、ベジタリアンの人も多く、レストランでは、ベジかベジでない(ノンベジ)かがわかるように明確に記載されています。聞くところによると過去のカーストの影響もあって、
上位カーストの家系であればあるほど、食べれるものが少ない様です。また、広いインドですので、海の近くに住んでいる人は魚介類も身近ではありますが、内陸の人はそもそも新鮮なお魚を食べること自体かなり難しいでしょう。お酒についても飲む人飲まない人それぞれです。私の友人は一緒にお酒を飲んだりしますが、父親などは飲酒に対して良い感情を持っていないようで、親には話していないとのことでした。年齢層によっては保守的な考え方があるのかもしれませんが、世界中の文化がインドに入ってきているので今後変わっていくのかもしれません。


インド人の友人と奥様手作りのカレーランチ

旧カースト制度の影響について

インドは過去からカースト制度があり、制度は廃止されたものの現在もその流れが残っている一面があります。人によっては就くことが出来る仕事が決まってしまうこともあるのだそうです。そして制度は廃止されても、実は過去に自分の家系がどのカーストであったかが分かってしまう状況もあります。それは、名前がカーストの中におけるポジションを示している様で制度を廃止しても名前はなかなか変えられないため、カーストの流れがなくなりにくい状況の一因となっているのかもしれません。ある会社では、社員にお茶を配るだけの仕事をしている人がいました。お茶お出すタイミング以外は休憩所で携帯をいじっています。日本人からすると想像のできない状況です。IT関係はカーストの縛りが無い様で、下位カーストであった家系の人も一生懸命働いて成功すべく頑張っているひとが多いのもインドならではなのかもしれません。

インド人はみんなターバンを巻いている!?

インド人のイメージといえば、やはりターバンですよね。でもターバン巻いているひとは意外と少ないんです。これには私もびっくりしましたが、ターバン巻いている人はシーク教というものを信仰されている方のようです。私が滞在したのはデリーですが、1割にも満たないような印象を受けました。また、シーク教の人は、バイクに乗る時にヘルメットを付けなくていい様です。ヘルメットとは違った形で守られているのかもしれませんね。。

南と北の地域で会話に困る広大なインド

インドはひし形の形をしていますが、首都があるのは北にあるデリーです。私も詳しくは知りませんが大雑把に言うと北の人たちはヒンディー語を話し、南の地域の人たちはタミル語を話します。その他にも数多くの言語がありインド人同士での会話では英語を使うようです。ただし、人によっては十分な教育を受けていない場合もあり、タクシーの運転手が英語を話せない場合、同じ国内でも目的地にたどり着くことが非常に困難となるケースもあるとのことです。現在は、南の地域の人でもヒンディー語を勉強している人も増えてきている様ですが、当面は最低でも英語ができないと、ビジネスでインド国内飛び回ることはできないのかもしれません。
また、インド人というと他国への出稼ぎ労働や、インド版華僑(印僑)のイメージもあります。マレーシアやシンガポールでもインド系はある程度存在してますし、シンガポールの公用語にタミル語が入っていることを踏まえると主に南部の人が移住してきた歴史があるかもしれません。
中東の建設現場などにも数多くのインド人が出稼ぎ労働者として働いているようですが、インド人の友人曰く南部の人が多いとのことでした。
また、インドは州によって、法律がかなり異なるとも聞いたことがあります。大きな国土のインドですが、同じ国でも多民族国家であるため、各州ごとにいろいろなオリジナルのルールが必要なこともあるのだと思います。

イメージだけでは語れない国インド

いろいろ書きましたが、インドという国は一言で語れない国。いろいろな歴史や、文化、制度の影響を受けて現在に至る国です。
そんなインドを好きな人もそうでない人も様々ですが、もし興味があると感じたら、ひとまず行ってみることが一番かもしれません。
私が見たインドもインドの一部でしかありませんし、見る人によって感じ方も大きくことなる国だと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!