海外旅行初心者にオススメな海外旅行目的地ランキング

みなさんこんにちは。

2019年、令和元年も明日までとなりました。

今年を振り返ったり、来年の抱負を考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、海外旅行初心者向けにの目的地を紹介していきたいと思います。

評価のポイント

目的地によっていろいろな条件が変わってくると思いますが、

今回は以下の項目で評価していきたいと思います。

・日本からの距離:週末を利用して行ける国だとハードルは低いですね。

・費用:もちろん最初なのであまりお金をかけなくて良いほうが良いですね。

・治安:初めて行くのでこれは重要ですね

・食事:おいしい食事は旅の楽しみですね。

・見どころ:旅行でどのような見どころがあるかは旅行の目的そのもですね。

1位:台湾(台北)

堂々たる第一位は台湾です。

日本からは、飛行機で3、4時間の距離にあります。

仕事をしている方は、LCCで金曜の夜出発し、日曜に帰ってきても十分楽しめますね。

沖縄の目と鼻の先という位置関係です。

【格安・海外】土日で行ける台北のオススメ!

日本からの旅行客が多いこともあって、多くの旅行会社がツアーを出しています。

安い時は往復の航空券と宿が含まれて3万円を切ることもあり、国内旅行より安いかもしれません。

治安についても、安定しており、そして親日国というところもあって、

そこまで注意する必要はないと思います。

また、食事も日本人には良く会います。

中華と日本食の間のようなイメージで、値段もお手頃。

小籠包やチャーハン、ビールをたらふく飲んでも

1人あたり3千円程度というお手頃感がたまりません。

見どころもたくさんありますね、台北101や、夜市、少し足をのばせば、

千と千尋の神隠しでモチーフとなった九分もあります。

また、台北に飽きたら、懐かしさを感じる台南などもあり、

数多く足を運びたいところですね。

【格安・海外】日本人のいない台湾に行ってみよう!

台湾の素晴らしいところは、やはり雰囲気でしょうか?

のんびりしていて、ダントツの親日国、言葉が分からなくてもそこまで

困りません。日本語を勉強している人も非常に多いです。

困っていると助けてくれるというのも台湾のいいところですね。

2位:香港

第二位は香港です。私がこれまで最も訪れた地域です。

日本からは飛行機で5時間程度で、日本からの便が多くあります。

北京語(普通話)と広東語から見る香港人の感情

ツアーも多くあり、航空券、ホテル付で最安2万円台のときもありました。

治安についてですが、残念なことの最近はデモによって、交通機関の麻痺等が

発生している様です。とてもオススメな場所なのですが・・・

食事については、世界中からいろいろな人が集まっている場所なのでなんでもあります。

一般的には飲茶が有名で、紙に食べたいものを書いて持ってきてもらうというスタイルです。

また、これは香港だけではなく、中華圏に言えることですが、火鍋がおいしいですね。

私が好きなのは、魚の皮を揚げたもので、これをさっとスープに通して食べると最高に美味しいです。

また、締めには出前一丁を鍋に入れるというのも面白いですね。

日本語で出前一丁と書いてもちゃんと持ってきてくれます。

また、香港のスーパーでは日本では売ってない、ブラックペッパー味なども置いているので、

お土産にも便利ですね。

見どころについては、ビクトリアピークという山に登って夜景を見たり、お寺を巡ったもできます。

香港は交通の要所でもあり、中国の深センや広州へ新幹線で30分程度、

マカオをへもフェリーで40分で行けます。

国際線の発着も多く、アジア圏内の旅行では、良く乗り換えにも利用しています。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

香港の雰囲気ですが、香港人はスマートですね。

お店でぶつかりそうになれば、ソーリーというような感じ。

彼らは広東語を話しますが、イギリス統治の影響もあり英語もかなり通じます。

スマートでありながらも、関西人の様な懐の深いところもあって、

とても良い雰囲気です。

3位:フィリピン

第三位は、フィリピン。

日本からは、飛行機で3~4時間程度です。

マニラのスーパーマーケットで小さなチンゲン菜


 
安い時で、3~4万円前後でしょうか。 

首都はマニラになりますが、有名どころはリゾートのセブ島ですね。

近くて、物価も安いフィリピンですがやはり治安は課題がありそうですね。
 
セブ島などのツアーは比較的安心して楽しめると思いますが、

渡航中は気を付けた方が良いと思います。

マニラもビジネス街などのマカティは、比較的安心ですが、

フィリピンのビジネス街”マカティ”は治安がいいのか?

筆者も先日ひったくりに合いそうになりました。

食事は結構日本人に合う味付けで、物価も日本の3分の1以下だと思います。

見どころについては、セブの場合はマリンスポーツですね。

セブのマクタン島でマリンスポーツ!

シュノーケリングやダイビングが楽しめます。

マニラは正直、観光スポットで有名な所を知りませんが、

クリスチャンの国なので、教会などを巡って買い物を楽しむ感じでしょうか。

【日帰り】フィリピンのコレヒドール島で日本の歴史を学ぶ

フィリピンの雰囲気ですが、みんな非常に明るくて元気いっぱいですね。

ラテン的な雰囲気もあって、ノリがよく前向き、そして情熱的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり、初めての海外旅行はいろいろな心配があります。

そして、最初の海外旅行の印象が良くないとそれ以降

海外に行こうとは思わなくなります。

面白いことに、いろいろな国に行く回数が増えるにつれて、

異なった文化を受け入れやすくなる様に思います。

私の友人は初めての海外旅行で台湾に行った際に、

道路を渡ろうとしているのに、止まってくれない車に、

怒っていましたが、今では車を止めながら渡る方法を

マスターしています(笑)

是非、この記事を参考に海外旅行していただければ幸いです。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

東北新幹線のグランクラスは高いのか!?

あっと言う間に年末ですが、筆者は帰省するときは直前になるまで新幹線の予約をしないという怠け者です。飛行機なら値段がガラッと変わるのでいくら怠け者でも先に予約すると思いますが。

ぎりぎりになって予約する怠け者

帰省と言っても新幹線で1時間半、そこまで遠いという感じでも無いですし、急に予定が入ることだってあります。

現に今回は、帰省予定日の前日に友人と朝近くまで飲んでしまい、帰る気喪失。翌日に延期しました。当日はネットで空席を確認するも空きなし。空いていると思って予約を進めても、チケットがとれない始末。

しかたなく、グランクラスを予約しました。通常指定席の倍で、正直悩みましたが、始発駅で自由席に並ぶのも荷物があるとしんどいし、今まで乗った事も無かったので決定。お酒が飲めて食事も出るとのこと、ちょっと奮発気分に切り替えました。

お土産などを購入する予定もあり、早めに出たら1時間も時間が余ってしまい、アイリッシュパブで生ギネスを片手に時間つぶし、15分前にホームへ向かいました。アイリッシュパブの店員さんが

店員さん「ポイントカード期限が明日までですが作りますか?」
流石に明日は居ねーよと思っていたら、

店員さん「ポイント溜まるとアイルランドに行けるみたいです。」

私「いいですね〜〜私ウィスキー好きすぎてスコットランド行きましたよ〜〜」

店員さん「私もウィスキー好きなんです〜」

私「なら是非アイラ島に行ってみてください」

店員さん「それ目指して頑張ります。良いお年を〜〜」

一瞬の会話でしが結構濃いですね〜〜
アイラ旅行の記事は以下を参照してください。

【格安・海外】アイラウィスキーの蒸留所をめぐってみよう!

まさかの列車故障による遅延

話を戻して、改札前が混雑してましたが、年末なのでそんなもんだと思いながらコンコースの電光掲示板を見ると、1時間前の電車が表示されているではありませんか⁇?

なんと車両故障で80分遅れ。そりゃ多くの人が、壁際に座ったり、電光掲示板の前で立ち尽くしているわけです。
待つ事80分、お目当ての列車が来ました。

飛行機のファーストクラスのような座席

お客様が多いので、シートの全景は撮影することができませんでした。ごめんなさい。

車内に入るとおしぼりのサービス。

各座席は飛行機のファーストクラスシート(乗ったことはありません)飛行機と同じようにメニューが置いてあります。

最初の飲み物はスパークリングワイン。
甘いシェリー酒??と白の辛口。迷わず白の辛口。山形県の高畠ワイナリーのシャルドネでした。実は結構前に行ったことあるのですが、甘いワインのイメージが強く残っていました。素晴らしい味。

お次は軽食。洋食と和食があるみたいですが、迷わず和食。歳とともに和食が最強であることを確信しつつある最近。

スパークリングの後は、ハイボールをいただきます。銘柄はメイカーズマーク。飛行機みたいにミニボトルで提供です。

トイレだってすごいんです!

飛行機では、ANAがボーイング787のローンチカスタマーだったので、ANAやJALのB787にはウォシュレットがついていますが、
グランクラスのトイレにはちゃんとウォシュレット付いてました。素晴らしいですね。

ちなみにローンチカスタマーというのは、新しい飛行機を開発する際に、一番最初にある程度の規模感で発注してくれるお客さんのことで、
その顧客の要求が開発される飛行機のベースとなる仕様に大きく影響するとのことです。日本の会社ならではのウォシュレットです。

2時間では短すぎるグランクラス

やはり、2時間では短すぎますね。お酒も飲み放題みたいなものですが、2時間だと食事をして、お酒2杯がいいところでしょうか。
どうせ乗るなら、最低でも3~4時間は無いと堪能できないと思います。

皆さんも乗る際は、東京から函館くらいまでの旅程を組むことをお勧めします。
新幹線も昔と比べて速度が速くなり、あっという間に到着してしまいますので・・・。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!