東北新幹線のグランクラスは高いのか!?

あっと言う間に年末ですが、筆者は帰省するときは直前になるまで新幹線の予約をしないという怠け者です。飛行機なら値段がガラッと変わるのでいくら怠け者でも先に予約すると思いますが。

ぎりぎりになって予約する怠け者

帰省と言っても新幹線で1時間半、そこまで遠いという感じでも無いですし、急に予定が入ることだってあります。

現に今回は、帰省予定日の前日に友人と朝近くまで飲んでしまい、帰る気喪失。翌日に延期しました。当日はネットで空席を確認するも空きなし。空いていると思って予約を進めても、チケットがとれない始末。

しかたなく、グランクラスを予約しました。通常指定席の倍で、正直悩みましたが、始発駅で自由席に並ぶのも荷物があるとしんどいし、今まで乗った事も無かったので決定。お酒が飲めて食事も出るとのこと、ちょっと奮発気分に切り替えました。

お土産などを購入する予定もあり、早めに出たら1時間も時間が余ってしまい、アイリッシュパブで生ギネスを片手に時間つぶし、15分前にホームへ向かいました。アイリッシュパブの店員さんが

店員さん「ポイントカード期限が明日までですが作りますか?」
流石に明日は居ねーよと思っていたら、

店員さん「ポイント溜まるとアイルランドに行けるみたいです。」

私「いいですね〜〜私ウィスキー好きすぎてスコットランド行きましたよ〜〜」

店員さん「私もウィスキー好きなんです〜」

私「なら是非アイラ島に行ってみてください」

店員さん「それ目指して頑張ります。良いお年を〜〜」

一瞬の会話でしが結構濃いですね〜〜
アイラ旅行の記事は以下を参照してください。

【格安・海外】アイラウィスキーの蒸留所をめぐってみよう!

まさかの列車故障による遅延

話を戻して、改札前が混雑してましたが、年末なのでそんなもんだと思いながらコンコースの電光掲示板を見ると、1時間前の電車が表示されているではありませんか⁇?

なんと車両故障で80分遅れ。そりゃ多くの人が、壁際に座ったり、電光掲示板の前で立ち尽くしているわけです。
待つ事80分、お目当ての列車が来ました。

飛行機のファーストクラスのような座席

お客様が多いので、シートの全景は撮影することができませんでした。ごめんなさい。

車内に入るとおしぼりのサービス。

各座席は飛行機のファーストクラスシート(乗ったことはありません)飛行機と同じようにメニューが置いてあります。

最初の飲み物はスパークリングワイン。
甘いシェリー酒??と白の辛口。迷わず白の辛口。山形県の高畠ワイナリーのシャルドネでした。実は結構前に行ったことあるのですが、甘いワインのイメージが強く残っていました。素晴らしい味。

お次は軽食。洋食と和食があるみたいですが、迷わず和食。歳とともに和食が最強であることを確信しつつある最近。

スパークリングの後は、ハイボールをいただきます。銘柄はメイカーズマーク。飛行機みたいにミニボトルで提供です。

トイレだってすごいんです!

飛行機では、ANAがボーイング787のローンチカスタマーだったので、ANAやJALのB787にはウォシュレットがついていますが、
グランクラスのトイレにはちゃんとウォシュレット付いてました。素晴らしいですね。

ちなみにローンチカスタマーというのは、新しい飛行機を開発する際に、一番最初にある程度の規模感で発注してくれるお客さんのことで、
その顧客の要求が開発される飛行機のベースとなる仕様に大きく影響するとのことです。日本の会社ならではのウォシュレットです。

2時間では短すぎるグランクラス

やはり、2時間では短すぎますね。お酒も飲み放題みたいなものですが、2時間だと食事をして、お酒2杯がいいところでしょうか。
どうせ乗るなら、最低でも3~4時間は無いと堪能できないと思います。

皆さんも乗る際は、東京から函館くらいまでの旅程を組むことをお勧めします。
新幹線も昔と比べて速度が速くなり、あっという間に到着してしまいますので・・・。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



JALビジネスクラスに乗るなら夜行便!?

前々から、深夜便に乗るならビジネスクラスに乗りたいな~なんて思っていました。今回、マレーシアから成田へ帰るJAL便のビジネスクラスに搭乗したので感じた事を書いていきたいと思います。

深夜便搭乗前には何をする?

今回の便は23時台のフライトでしたが、23時と言えば人にもよりますが寝る時間です。ということは、事前に夕食を済ませてお酒でも飲みながらゆっくり搭乗までの時間を過ごすと思います。その後飛行機に搭乗するわけですが、搭乗してから飛行機が離陸して水平になるまでは、
寝ることぐらいしかできません。しかもシートを倒すこともできないので、しばらく待つ必要があります。空港も地方の空港なら、離陸渋滞なんて無縁ですが大きな国際空港は離陸するまでも時間がかかりますので、1時間程度かかることも結構あるのではないかと思います。
シートベルト着用サインが消える時間は大体24時前後になりますね。普段ならもう寝ている人も多いと思います。

到着時間から逆算するとどのくらい寝れるのか?

飛行機は着陸の30分以上前にはおおむねシートベルトの着用サインが出ます。そして、アジア線の場合の多くは到着時刻が早朝6~7時ぐらいではないかと思います。そうすると、仮に6時に着陸する場合は朝食のサービスが早朝4時に始まってしまいます。24時過ぎに就寝したとすれば、長くても4時間しか睡眠をとることができません。結構短いので降りた後はげっそりしています。

少ない睡眠時間でビジネスクラスに乗るべきか?

さてさて、ここからが本題ですが、エコノミークラスの場合は離陸後24時ころに軽食の配布があると思います。これも、エコノミーは座席が多いので配り終わりまで時間がかかります。軽食とるとすれば就寝時間は25時前後になりますのでそこから寝ると睡眠時間は3時間程度になります。

果たして、ビジネスクラスはどうでしょうか?ビジネスの場合、朝食の時間に起こしてほしいかどうかを搭乗時に確認します。寝たい人は着陸前のシートベルト着用サインギリギリまで寝ることができます。ここはビジネスの素晴らしいところですが、私のような庶民はめったにビジネスクラスに乗る機会もないので、豪華な朝食はやはり起こしてもらいたくなります。また、離陸後の軽食を断ったとしても、ビジネスクラスならではのおいしいシャンパンやワインを少し堪能してから寝ようという気になりますので、結局シートはフルフラットになるものの、睡眠時間はエコノミーと変わらない感じです。

コスパを求めるなならプレミアムエコノミークラスか?

庶民感覚が染みついている私の場合、夜にビジネスクラスに乗るのはいささか高すぎる感があります。せっかく乗るなら、昼間にのって美味しいお酒や料理を楽しみながら旅をしたいと感じてしまいます。それでも、疲れていてゆっくりしたいならプレエコ(プレミアムエコノミークラス)が良いのではないかと思います。

引用:JALホームページ

なんといってもシートがかなりリクライニングでき、幅もかなり広いです。JALの場合は、エコノミーと同じ料理+JALオリジナルのカップ麺とシャンパンが頼めます。ラウンジも使えますので、搭乗前にゆっくりお酒を飲んで、搭乗したらシャンパンを飲み、歯をトイレで磨いて朝食までゆっくり寝るのが航空券代とサービスおよび睡眠時間を考えるとリーズナブルなのではないかと思います。皆さんはどのように感じますか?

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!