【海外旅行】乗継便で入国するにはどうすれば良いか!?

今回、友人がゴールデンウィークに乗継便で海外旅行をするということで乗換えに関する情報を書きたいと思います。



チケットの手配について

まず、乗換えして目的地に向かう場合は同じ航空会社(コードシェア便含む)で通しで航空券(出発地→乗換地,乗換地→最終目的地)を購入し乗り継ぎを行う場合と、別に手配した航空券で乗換えて目的地に向かうパターンがあります。通しの航空券の場合は、仮に乗った飛行機が遅れて乗り継ぐ予定の飛行機に乗れない場合、他の便に振り替えたりしてくれます。言わば最終目的地までの到着を保証してくれます。一方、別で乗換地からの飛行機を予約していて、最初に乗った飛行機が遅れて次の飛行機に乗れなかった場合は誰も保証してくれません。従って余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。

また、乗換え地から別の航空会社の航空券を使う場合、最初に預けた荷物を入国してからピックアップする必要があります。
入国しなくても空港の乗換えカウンターでその旨を伝えれば乗せ変えてくれる場合もある様ですが、ある程度のコミュニケーション力が必要です。

バックをピックアップするために入国審査に並んで、

バックが出てくるのを待ち、

航空会社のカウンターでチケットの発券をしてもらい、

荷物を預け、セキュリティチェックを受けて

出国審査の流れになるので3〜4時間以上は必要になります。このあたりがスケジュールを組む際に注意が必要な点です。






乗換え航空券を使って乗り継ぎ地で入国する場合

通しで乗換えチケットを購入した場合、普通は預けた荷物が自動的に次の便に載せ換えられる場合が多いです。
(念のためチケット発券時に確認するのがベストです)

さて乗り継ぎ地で入国する場合ですが、まずチェックインカウンターで乗換え地までの航空券のみ発券してもらいましょう。

そうすることで、到着してから普通に預けたバックをピックアップすることができます。

入国して時間を潰したあとは、日本出発時と同様にチェックインカウンターで乗換え地から最終目的地までのチケットを発券してもらえば、荷物を預けて出国審査を受け問題なく飛行機に乗る事が可能です。

いかがでしょうか?過去の記事でも説明しましたが、格安で海外旅行するためには乗継ぎ便は欠かせません。

【格安・海外】乗換えをうまく使ってみよう!


そして乗継ぎ地でも入国しもう1カ国楽しむと言うスタイルもなかなか楽しいものですよ!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(1カ月経過)

昨年の12月よりスピードラーニングで中国語がどれだけ身につくのかを自分の頭を使って検証していくことにしました。
今回、1カ月が経過して新しい教材がダウンロードできるようになりましたので、1カ月間を振り返ってみたいと思います。
年末年始で大分さぼりが出てしまいましたし、当初の目論見までは達成していませんが、まぁスロースタートで良いのではないかと思います。
語学の習得には時間がかかるので気長に行きます。

前回の記事はこちらを参照してください

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?

検証している勉強法のおさらい

まずはひたすら中国語+日本語の教材を聞く
内容が、中国語に集中して概ね分かってきたら中国語だけの教材に切り替える
(教材の趣旨である聞き流しではなく結構集中して聞いています)
これを1カ月内で行っていく
(理想は半月で中国語だけの教材に切り替えることです)

教材(第1巻)の紹介(中国語+日本語)

合計50分
 ・初対面の会話     19分35秒
 ・病院へのお見舞い   11分31秒
 ・洋服の買い物     3分4秒
 ・バスに乗る      6分27秒
 ・洋服屋で店員との会話 7分17秒
 ・喫茶店での会話    2分14秒

新しい教材がDLできるようになるまでの聞いた時間(約1カ月)

11.8時間(713分)
 1週目 50分(始めたのが週末だったので1日のみ)
 2周目 2時間10分
    (連日の飲み会により二日酔いで朝、聞く気にならず3日)
 3週目 18分(なぜだか1日のみ)
 4週目 0分(年末年始はさぼりで0日)
 5週目 4時間44分(7日)
 6週目 3時間51分(6日)

1日当たりの平均 約40分
(基本的には平日の朝15分と決めていますが、土日も張り切って移動時間に聞いたため、思ったより平均値が上がっています)

効果

日本語付きの教材で8割程度は聞き取れるようになり、中国語のみだと6割程度は聞き取れるレベルになった。

聞いて覚えているので、普段、ふと気づくと中国語単語が頭に浮かんでいることが多くなった
たまに、ひとりでブツブツつ呟いているときがあります(笑)

こうなってくると話せるようになるだろうという実感が沸きます。筆者が英語を勉強していた時は、
毎晩お風呂でブツブツ言うことを日課にしていたので。

当初の課題であった、中国語+日本語の教材を概ね理解するまでにかかった時間は、11時間
6週目の最終日のみ中国語のみに切り替えました。

英語とは違って、知っている語彙数があからさまに少ないので、最初はかなり苦戦しました。
英語版の時は、スクリプト(文章)を見るという行為があまりなかったのですが、5週目くらいになって
何度か確認するようになりました。

新たな発見

中国語の文法はシンプルです。英語の様に動詞が変化したり、疑問文になると、単語の位置が入れ替わったりという
複雑なことは少ない様です。

日本人は漢字が読めるので、スクリプトを確認したときに、こういうときにはこの漢字を使うんだ~というような
発見した気持ちで覚えることができます。

発音は正直難しいけども、原則中国は1漢字1音と聞いています。1つの漢字に音読みと訓読みと言う複数の読み方を
マスターしている日本人には覚えることがそれほど苦ではない感じもします。

街の看板を見てふと中国語読みをしているときもあります(笑)

教材から垣間見る文化は、欧米と比べれば遥かに日本と近いと感じることができます。
日本語程、複雑な敬語は無いものの年上を敬う言い方、他人の奥さんは名前ではあまり呼ばない、子供は大人をおじさん、
おばさんの様な言い方で呼ぶなど日本と共通するところも多いです。
英語では表現しにくい、「よろしくお願いします」に近い表現もあります。

また、2つ目の外国語勉強という状況もいろいろな良い影響も与えている様に感じます。
母国語については、文法などは気にせず話していますから、文章の構造などは意識していません。
しかし、2つ目の外国語となればまた異なります。
 
例えば、1文話せるようになると2文話したくなります。そこで必要なのが文と文を繋ぐ単語や熟語になります。

英語ではこういう単語を使うけど中国語ではどういう単語を使うのか知りたくなってきます。

 だから・・・(because) 
 それで・・・(then, there for)
 そのあと・・・(after that)
 もし・・・(if)
 しかし・・(but, however)

記憶はいろいろなものが関連付けられることで覚えやすく、忘れにくくなると聞いたことがあります。

また、外国語会話で必要なのは、よく使わる単語をマスターする事が大切です。つたない英語でも、会話ができるとすれば、
必要最低限(ある意味必要不可欠)な単語というものを中国語でどうするかを考えます。
つまり、学習効率をUPすることが可能だと思います。

まとめ

始めて1カ月、まだまだ勉強は必要だけど何となく中国語が頭に入ってきた。

新たな発見もあり、興味も沸いてきた。

この短い期間で具体的に検証できる指標はないものの引き続き勉強をしていく

次回は2月末に検証してみたいと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!