海外旅行の持ち物マストアイテム

みなさんこんにちは。だいぶ気温も上がり、春の訪れを感じられる季節となりました。
先週は、一気に気温が下がり、その後、一気に気温が上がるという気温の変化に、体調管理が大切になってくる季節の変わり目ですね。

良い写真が無いので先日香港で久々に会ったリー(ブルース・リー)さん。

以前の場所からお引越ししていました。

さて、今回は海外旅行に行くときの持ち物について書いていきたいと思います。

持ち物については、荷造りする前にチェックできる様なリストを掲載しているサイトが

たくさんありますのでそちらを参考にしていただければ

と思います。

ここでは、オススメ品や注意したほうが良い点などを紹介したいと思います。

飛行機を快適に過ごすために

海外旅行といえば飛行機を使うことが大半だと思います。

オトコ旅ユーザーはもちろんエコノミークラス。

狭い機内で長時間快適に過ごせるかどうかは大きな問題ですね。

一般的には、旅行用スリッパや、アイマスク、マスク、ネックピローなどが思いつくと思います。

スリッパについては、旅行用品店で手に入りますが、

注意したいのは密着しすぎるタイプだと、足が蒸れてしまいます。

筆者が今使用しているのはかなりフィットするタイプなので、

あまり良いとは言えません。

お酒を飲んだり食事をしたりすると体温が上がりますので暑がりの人は、

密着しすぎず、通気性が良いものを選びましょう。

アイマスクはいろいろなタイプがありますが、

装着したときに回りから光が入ってこないものがお勧めです。

加えて、まぶたの上に空間ができるようなタイプだと快適に使えます。

それをつけて寝ていると、友人にブラジャー顔に着けて寝ていると突っ込まれます。

つけてるとわかりませんが外からみるとそんな感じに見えるのかもしれません。

マスクは普通のもので良いと思いますが、飛行機の中はかなり乾燥しているのであると便利でしょう。

中東の航空会社では、スリッパ、アイマスク、マスクなどが

エコノミークラスでも配られる場合がありますが、

普段使い慣れたものの方が使い勝手は良いと思います。

ネックピローについては好みが分かれると思います。

空気で膨らますタイプもありますし、肌触りや硬さなどいろいろ使ってみるのが

良いと思います。筆者が使っているのは、オーストラリアの空港で買ったものです。

しかしながら、中の空気をためる部分に穴が開いてしまったため新調する予定です。

やっぱり電源の確保

機内で過ごすすためのオススメグッツとしては、まず電源関係。

最近の飛行機は、モニター付近にUSBポートがあり、ここから充電ができるものがあります。

但し、注意しなくてはならないのは、USBがガバガババになっているケースです。

過去に多くの乗客がUSBを挿抜しているはずなので

ケーブルを挿しても落ちてくるというようなケースがあります。

飛行機に乗って、USBがあることに喜んで、実際使えなければかなりショックなことでしょう。

対策としては、モバイルバッテリーを用意するのが良いかと思います。

筆者の使っているアンカーのモバイルバッテリーは3千円程度で買えて、

i-Phoneを4回充電することができます。

持っていると友達に貸したりすることもできて非常に便利です。


Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済/PowerIQ搭載】iPhone&Android対応 *2019年2月時点(ブラック)

機内コンセントを使うために

次に、座席下にコンセントが付いている場合です。

USBポートが使えなくてもコンセントが付いていれば問題なく充電ができます。

コンセントはユニバーサルコンセントという形状で、

日本のコンセントプラグも使うことができます。

ユニバーサルということなのでほとんどの国のプラグ形状に対応したものを

飛行機では採用しているのでしょう。

グレードの高いホテルなどでは、客室内にこの形のコンセントが

用意されていることもあります。

ここでの注意点としては、USBポートと同様にユニバーサルコンセント側が

ガバガバになっている場合です。

日本のコンセントは、板が2枚出ているタイプなので、

ガバガバなユニバーサルコンセントに指すと、上下にぐらついて抜けてしまいます。

USBポートも使えず、コンセントも使えなかったら最悪です。

そこで活躍するのがBF型コンセントの変換アダプタ。

BF型は、日本の2本足にくらべて3本足。

2点より3点の方が安定します。

しかも、変換アダプタはガバガバになるくらい使用していないので、

アダプタに日本のコンセントを挿せば問題なしです。

もう一つ注意したい点は、コンセントの設置位置。

基本的には座席の下に設置されているので、そこにケーブルを挿して

座席の方に持ってくるとケーブルの根元に力がかかってしまいます。

i-Phoneの充電ケーブルなどはかなり細いので、何度もその様な使い方をしているうちに

中の線が断線してしまうことになります。

そこで活躍するのが延長ケーブルです。

機内で延長ケーブルなんてみっともないかもしれませんが、

いちど装着してしまえば差込口が手元におけるので、非常に便利です。

特に隣の人が知らない人で、コンセントも座席の間に設置されることが多いため、

飛行機が離陸してから、知らない隣の人の座席の下でゴソゴソするのは嫌ですよね。

最初に延長ケーブルのコンセントだけ挿しておけは、

ケーブルをシートの間を通して手元に置けば完璧です。

筆者が使っているのは、通常のコンセントが2ポート、

USBポートが2ポートある延長ケーブルです。

購入したELECOM製の製品は廃盤になってしまったようなので似たようなものを

下に貼り付けておきます。

ちょっと大きめですが、後に触れるホテルでの使用も兼ねていますので

仕方ないと思っています。

タブレットで好きな映画を

機内グッツ最後は、タブレット端末。

飛行機での移動中、何もすることがない時、

飛行機のモニタで映画などを見ている人も多いのではないでしょうか。

筆者の場合もそうでしたが、今は、事前に好きな動画をタブレットに保存し、

飛行機内で見るようにしています。

もちろん、航空会社で用意している映画などが、

自分の好みに合っているもであれば問題ありません。

日本語吹き替えや、日本語字幕対応で。

しかし、オトコ旅では日系の航空会社を利用することは

安い航空券を準備するので少ないですし、日系でなく、

日本就航便でもなければ日本語対応した映画などは無いか、

あったとしても少しでしょう。

航空会社も出発地の国と、目的地の国の言語にまずは対応しなければならいと思いますし、

英語版でも楽しめるのであれば問題ないのかもしれません。

加えて、LCCや近距離便の場合はモニター自体が無い場合があります。

この場合、映画でも見て時間を潰そうと思っていた人には厳しいでしょう。

そんなこんなの事情があって、筆者の場合はタブレットに

Amazonプライムで好きな映画やドラマをダウンロードして機内に持ち込むようにしています。

タブレットはいろいろな機種があると思いますし、

ほとんどの機種がAmazonプライム対応していると思いますので

自分に合ったもので良いと思います。

香港では世界中のTV番組がネット経由で見ることができる

U-padというタブレットが売っているみたいです。

著作権に関するところは不明ですが、購入される方は自己責任でお願いします(笑)

また飛行機の中は意外と騒音があります。快適に過ごすためには

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンまたはヘッドホンがお勧めです。

詳細はこちらの記事を参照してください。

飛行機で眠れる?ノイズキャンセリング機能・・・・・

楽しい時間はあっという間に過ぎると感じますが、

長距離フライトでも連続したアニメやドラマを一気に見ることで

楽しさのあまり、時間があっという間に過ぎていると感じることができます。

筆者は長距離フライトが苦手でしたが、楽しく時間を使うことが出来、

結果的にフライト後の疲れが低減できているように感じます。

暇な時間が続くほど精神的な疲れも増していくと思いますので。

ホテルで快適に過ごすために

さて、ホテルで快適に過ごすためのグッツとしてですが、

やはり機内同様電源です。現在は、スマホやデジカメ、たばこまで充電が必要な時代。

寝る前には充電できる状態にセットして寝たいですね。

まず、問題になるのがコンセント形状の違い。

国によってさまざまな形状があるため、変換アダプタを用意する必要があります。

やはり、いろいろな国に行くのだから、すべてのタイプを

網羅した変換機が欲しくなりますよね。

例えばこういうタイプです。

サイズも小さくてすべてのタイプで使えるというのは大きなポイントです!

かさばらなくて、多機能で便利なこのタイプですが、

筆者はあまりお勧めしません。

というのは、国によって、コンセント形状が

丸い棒2本(日本は四角い棒が2本)のところがあります。

2本足タイプは先ほども説明したとおり、受け側がガバガバだった場合に、

上下に動きます(ガタがある状態)。

一度このアダプタをつけて、何かの節にケーブルを触って動かしたりすると、

ガタの分だけアダプタが動きます。場合によっては接触不良を起こし火花が出て黒くなってしまいます。

製品の責任とは言えませんが、筆者は、韓国で同様の経験をしました。

そこで、オススメなのはコンセント形状毎のアダプタ。

この場合は、オールインワンではないのでかさばりますし、

訪れる国に合わせて持つ必要があります。そこがデメリットではありますが、

接続専用品であるためガタも出にくくなっています。

電気は目には見えませんが、使い方を間違えると火事などになるため、専用品をお勧めします。


ヤザワ 電源変換プラグセット(Aタイプ→A/B/C/O/BFタイプ)HPS5-WH 海外で日本の電気製品が使える(世界主要国対応タイプ)

さて専用品を買ったはいいけど、1個じゃ同時に複数の機器を

充電することが出来ません。

機器の数だけ買う必要があるのでしょうか??

そこで登場するのが延長ケーブル、テーブルタップです。

機内編で紹介しましたが、通常ポートとUSBポートをもったケーブルです。

USBポートが無くても、通常のポートがたくさんあるタイプでもホテルなら問題ありません。

筆者のオトコ旅メンバーの中には、特大のテーブルタップを

スーツケースに入れて持ってくる人がいて、彼のテーブルタップに、

メンバーみんながおのおののケーブルを繋いでいます。

みんなで使う、その場所を発電所と呼んでいます。

延長ケーブルがあれば、変換アダプタも1型式1個あれば問題ないでしょう。

コンセント形状の他にも注意するポイントとしては、電圧です。

日本は交流100Vが普通ですが、海外では240Vまであります。

100V対応の機器を240Vに接続した場合は機器が破損しています。

但し、最近はグローバル化の影響もあり、パソコンやスマホの

充電器は240Vまで対応している場合が多いです。

パソコンの電源ケーブルの箱に書いてある字をよく読んでみると

240VまでOKと書いてあるでしょう。

携帯の充電器も同じですが、純正ではない安い充電器を

買って使っている場合は使用する前に対応している電圧を確認する様にしましょう。

洗濯について

長期間滞在する場合は、衣類の洗濯なども必要になります。

ある程度のホテルであればランドリーサービスがありますので、

そこに依頼することになりますが、

自分で洗濯した場合は手動で洗濯する方法があります。

それが、洗濯パックです。


どこでも洗たくパック 2Pセット (液体石けん2個×2付き)

これはなかなかの優れもので、袋に衣類と洗剤をいれて手もみし、

絞って干すという流れです。

ただ、一番重要なのが、脱水。これがなかなか難しい。

家なら脱水機で水気を飛ばしてくれますが、

手動となると限界があります。

脱水しないまま干しても、乾くどころか、臭くなってしまいます。

そこで、便利なのがタオル。

手動での絞りには限界がありますから、

タオルで水を吸い取る作戦です。

まず、可能ならバスタオルを何枚か借りる。

タオルを床にひいてその上に衣類そのうえにタオルをのせて、

上から足で踏みます。

これを繰り返すことで、タオルが水気を吸ってくれ、

衣類も乾きやすい状態にすることができます。

ホテルによっては、ランドリーサービスが高級なこともあるので、

洗濯パックをカバンにいれておくと便利かもしれません。

いかがでしょうか?旅行アイテムについて紹介してきましたが、

皆さんは何を持っていきますか?

旅行は、こうやって事前にいろいろ考えるところが

醍醐味の一つだと思います。

楽しみながら、マイ旅行グッツを揃えていっていただければと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

【快適】海外旅行機内グッズを準備しよう!

【海外】パスポートは絶対忘れるな。それ以外はたいがいお金で買える

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

荷物送って、手ぶらで空港に行こう



海外旅行に行くことで得られる効果は?

東京では20度を超える日も増えてきました。気づけばもう三月も終わり。時が過ぎるのはあっという間にですね。さて、今回は海外に行くことで得られることについて書いていきたいと思います。

海外に行くことが自分や母国を知ること?

これは、私がこのブログを書くきっかけにもなったことですが、中に居てもなかなか全体像がわからないことは良くあります。学校やバイト、会社などの組織も同じ様に感じますが、社会人なら転職をした時に感じるのでは無いでしょうか?

色々な考え方がありますが、比較対象が出来ると、比べて考え安くなるのではないかと思います。

初めての海外で受けた衝撃

もう10年以上前になりますが、私の初めての海外旅行はハワイでした。まぁ当時から海外旅行のメッカ的な存在でした。

飛行機に乗り到着したのが、早朝。

お腹が空いたので友人とファーストフード店を訪れカウンターで注文です。メニューを見ながら何を食べようか迷って居ると、若い女性の店員さんはイライラした様子で居なくてなってしまいました。

全く状況が飲み込めない状況で居ると、カウンター奥のキッチンの人が仕方なさそうにレジまできて注文を受けてくれました。

こちらは、全く悪いことをしてないのに何故か、キレられるという状況にこっちもかなり頭にきたことを覚えています。

今でも何故そうなったか理解出来ませんが、想像するに注文が決まってない状態で迷っていることにイライラしたのだと思います。日本ではあり得ませんが、そんな日本で育った自分は、その対応に不快感を覚えたと言うことです。

自分の常識を当てはめている?

先月、友人とマカオに行った際一緒だった方は久しぶりの海外でした。もちろんマカオも初めて。

道路を渡ろうとしているのに車が停まってくれない。これにイライラしていた様子でした。その時、過去にも同じ様な経験をしたことを思い出しました。

4人の友人と毎年夏に海外旅行を始めた時に、ひとりの友人が全く同じ様な事にイライラしていたことです。

国によって異なりますが、人より車が優先な国は存在します。その場合、彼らが停車しないことに腹をたてることに意味はありません。何故ならそれが彼らの国の文化、習慣であってそれが普通だからです。

偏りや不足している日本の学校教育

過去の記事でも書きましたが、筆者が受けた学校教育では日本は過去にアジアに対して迷惑をかけたという趣旨の教育を受けながらも、教科書でそろそろ近現代史にたどり着くあたりが年度末になり、時間も無いから、各自で読んでおく様に、みたいな指導を受けたことがあります。

その時は特に意識もせずそんなものかと思っていましたが、今考えると、近現代史こそ学ぶべきで、海外の人との会話でも、縄文時代の話よりは、近い過去の話になるからです。

また、散々アジアに迷惑をかけたという罪悪感を植え付けられた割には、一部大陸と半島を除くアジアの諸国は日本人を非常に歓迎してくれます。この矛盾が、自国の歴史や日本人は何なのかという疑問へ繋がり、少しづつ調べることに繋がりました。

海外旅行と日本人というアイデンティティ

歴史の話については長くなるので機会があれば書きたいと思いますが、日本が世界で初めて、国際連盟で人種差別禁止を提案したこと(白人国家に反対され、その後脱退)、太平洋戦争で有色人種が白人と戦ったことが、後のアジアやアフリカの植民地が宗主国から、独立したきっかけであることなどは、日本人としては知っておくべきことだと思いますが、学校で習ったことはないですね・・・・

行間を読む日本人とストレートな外国人?

筆者も含め、ネイティブの日本語話者ですが、常日頃から難しいと感じています。同じ様な表現でも微妙なニュアンスの違いを表す言葉がありますね。

また、敢えてストレートには書かず間接的に書いて相手の気を害さない様な気遣いは、その様な表現をすることが日本では常識となっています。

この阿吽の呼吸というか、行間を読むと言うのか、日本語は非常に難しく、奥ゆかしさのある言語と言えるのかもしれません。

ただし、これは日本人同士でのみ成立するものであって、外国では通用しません。

ビジネスなどで外国の人と付き合う場合はやはり直球が求められるのではないかと思います。もちろん、礼儀や気遣い、マナーは必要ですがズバッとストレートに思ったことを伝えるスキルも身につけられるのでは無いかと思います。

交渉などでも、日本人同士はお互い正直に要求をしあいます。

ただ海外では、妥協点も見据え、あらかじめ多くの要求を提示し、本来の妥協点まで持っていくという形だと思います。

よく外交などを見ているとしたたかな国があります。まさしく、要求しつつ、軍事力で影響力を見せたり、あれやこれやメディアを使って揺さぶりをかけたりしますので、テレビなどの報道を見ていると交渉がうまくいってない様にさえ見えてしまいます。しかし、これが世界の外交の手法であって日本も、対世界に対しては、多少のずるさや、したたかさというものが必要なのではないかと思います。

日本人同士の対応と、外国人に対する対応方法については場合によっては異なるということを知っておく必要があると思います。

キャリアアップにつながるか?

キャリアアップに繋がるかどうかは正直わかりません。ただ、企業によっては海外との仕事で役に立つかもしれません。

例えば、英会話。過去の記事でも書きましたが、日本人が苦手とする英会話で1番の課題が、自分は正しい英語を話せないから恥ずかしくて何も発せないことです。もちろん正しい英語が出来た方がいいですが、簡単な会話なら身振り手振りでもやってのける人のほうが、評価は高くなるはずです。

【格安・海外】言葉だってなんとかなる!

また、国によって宗教や文化が異なるため、事前に知っていると、よりおもてなしが出来ると思います。

牛肉が食べれない、豚肉が食べれない、お酒が飲めない、座敷ではなくテーブルが良いなどなど、事前に知っておけばいろいろな準備が出来ますね。

まとめ

いかがでしょうか?

幅広い価値観を受け入れることが出来るようになる。

改めて自分のアイデンティティについて考えられるようになる。

対日本人、対外国人に対する効果的な接し方を学ぶことが出来る。

仕事でも役に立つことがあるかもしれない。

楽しむだけの海外旅行ではありません。
自分を大きく成長させてくれるいろいろな経験が待っています。
是非、皆さんも海外に足を延ばしてみてください。

自分探しの海外旅行って??

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>