【国際免許】ランカウイ島でレンタカーを使うことのオススメ

2018年、JGCサファイヤ修行ということで、

11月の週末に2回マレーシアを訪れました。

マレーシアのクアラルンプールは何度か訪れたことがあるので

今回はランカウイ島を目的地に。

金曜昼間に出発し、

金曜日はクアラルンプールで宿泊、

翌日はクアラルンプールからランカウイ島に移動し1泊。

3日目の夕方にクアラルンプールに戻りそこから夜行便で

4日目の朝に東京に到着するという日程で、

ランカウイ島には1.5日しか滞在できないという弾丸旅行です。

さて、ランカウイ島の場所を確認しましょう。

ほとんどタイの国境に近いリゾート地です。

皆さんも名前は聞いたことのある島だと思います。

移動はやはりレンタカーが便利

交通機関はタクシーぐらいしかありません。

マレーシア人の友人も絶対レンタカーとのこと。

島も小さいしドライブしてみたいということもあり、レンタカーを借りました。

国際免許を使った海外でのレンタカーはこちらの記事を参照してください。

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

空港でレンタカーの呼び込み合戦

ランカウイの空港に降りると、

出口でレンタカー屋さんの呼び込み合戦が始まります。

ランカウイ流?

(実際にはずらりと並んだカウンターから「レンタカー借りて~~」という感じで声を出しています笑)

とりあえず、一番近くにいたおじさんと交渉開始。

言い値では無くて値段交渉しよう

翌日の夕方のフライトで帰国なのでそれまでの時間を提示。

値段交渉で、最終的には

150(¥4,000)リンギットを

130(¥3,500)まで下げてもらい契約成立。

海外で値切るときのコツですが、

まずは、相手の値段を確認、

その後、自分が欲しい金額のさらに安い金額を

提示します。

お互い「う~ん・・・」と言いながら

最終的には両者が妥協するという形で

自分が納得する金額で合意という作戦です。

これ、結構うまくいきますよ!

受付してからレンタカーを借りるまで

受付で国際免許を見せて、お金を払ったら、

「車止めにブラザーがいるからそっちに行って」と

言われました。

「ブラザーに写真送るから写真撮らせて」と言われハイチーズ!

車止めに行くと、ブラザーが出現。

早速傷のチェックをしてから出発、と思いきや

「とりあえずガソリン入れて!」って言われました。

これも、ランカウイ流なのか?

すかさず、スタンドの場所を聞きますが、

分かったような分からないような・・・・

このゆる~い感じが結構好きです。。

何とか辿りつきましたが、

場所はこのあたり、

満タンで返却する必要はないので20Lほど入れました。

返却の方法

返却の際には事前にもらった名刺の連絡先に連絡します。

空港で借りたところに車を停車しておくと、

係員が確認しにくるので、

それで完了。

そんなに面倒ではありません。

現地の人と連絡が必要になる場合もあるのでスマホは使える様に

しておきたいですね。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

まとめ

マレーシアのランカウイ島での移動手段は

国際免許を使って、

レンタカーが便利。

値段は交渉して安くする。

スタンドの位置は、あらかじめ

地図で確認しておくのが良いと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!





2019年に日本からの直行便が増加予定!どんな国?

みなさんこんにちは。東京では例年より桜の持ちが良かったものの、お花見は今週末が最後でしょうか?
ゴールデンウイークまで、もう数週間を切り、旅行に出かける方はワクワクしながら準備をしていることでしょう。

今日は、そんなゴールデンウイークにまつわる話ではなく、ちょっと早いですが2019年に新たに直行便が就航するニュースが続々と発表されています。旅好きとしては、テンションが上がるニュースですが筆者が興味がある便について紹介してみたいと思います。

インバウンド?アウトバウンド?

さて、最近の訪日外国人の増加には目を見張るものがありますね。10年前では想像も出来ませんでしたが、今都内ではそこら中に外国人の方がいます。観光だけではなく留学や技能実習生としても来日しています。

最近都内のコンビニの店員さんで日本人はむしろ珍しく、中国、韓国、ベトナム、ミャンマーなどなど、上手な日本語で接客してくれています。

一方、不法滞在や犯罪が増えているのも事実で、今回出来た出入国在留管理庁でしっかり管理してほしいところですね。

さて、2019年はこれまで乗り継ぎでしか行くことのできなかった海外へ、行き易くなるかもしれません。
(2019.6.1:2020年に計画されている便も追加しました)

以下に筆者が独断と偏見でまとめた新規の路線?チャーター便も含みますが整理してみました。

航空会社 出発・目的地 定期便・チャーター
エアーカナダ 関空⇔バンクーバー
(B787-8)
定期便
(曜日注意)
デルタ航空 関空⇔シアトル
(B767-300)
定期便
セブパシフィック航空
(LCC)
成田⇔クラーク
(A320)
定期便(8/9~)
(曜日注意)
ブリティッシュエアウェイズ 関空⇔ロンドン
(B787-8)
定期便(3/31~)
(曜日注意)
エアーアジアフィリピン
(LCC)
関空⇔マニラ
(A320)
定期便(7/1~)
(曜日注意)
タイ・エアアジアX
(LCC)
福岡⇔バンコク
(A330-300)
定期便(7/3~)
(曜日注意)
ガルーダインドネシア 中部⇔ジャカルタ
(A330-300)
定期便(3/31~)
(曜日注意)
スカイマーク 成田⇔サイパン
(B737-800)
チャーター便(3/22)
(曜日注意)
ロイヤルブルネイ航空 成田⇔バンダルスリブガワン

(A320neo)

定期便(3/19~)
(曜日注意)
ベトジェットエア
(LCC)
成田⇔ホーチミン
(A321neo)
定期便(7/12)
(曜日注意)
エルアル・イスラエル航空 成田⇔テルアビブ
(B777-200)
チャーター便(3/23~)
マリンドエア
(LCC)
札幌⇔台北⇔クアラルンプール
(B737-800)
定期便(3/23~)
(曜日注意)
キャセイパシフィック 小松⇔香港
(A330-300)
定期便(3/23~)
(曜日注意)
ネパール航空 関西⇔カトマンズ
(A330-200)
定期便(7/4~)
(曜日注意)
ハワイアン航空 福岡⇔ホノルル
(A330-200)
定期便(11月?)
(曜日注意)
2020年
ターキッシュエア
関空⇔イスタンブール
(B787-9)
定期便(2020/4/14~)
(曜日注意)

関空便の拡充

まず、多いのは関空便の増加ですね。これまで羽田や成田まで乗り継ぎが不要になりますます利便性が向上しますね。

以前の記事でも書きましたが航空券は便数が多いほど安くなります。距離は近かったとしても、どうしても東京発着便に比べて割高になってしまうのが地方便。今後、関空や中部セントレアの便が増加すればますます航空券が安くなるのではないでしょうか?

LCCの増加

LCCという言葉も珍しくなくなりました、海外LCCの就航も目立っています。特にエアアジア。

エアアジアはマレーシアを拠点にするLCC航空会社ですが、つい数年前にはエアアジアジャパンという会社もあったのです。

この会社は、エアアジアとANAが共同で立ち上げた会社ですが、そのご提携を解除し、生まれたのがANA100%子会社のバニラエア。ANAはすでにピーチアビエーションというLCCを立ち上げていました。

そして今年、バニラエアがピーチアビエーションに統合される予定です。いったんは、日本から消えかけていたエアアジアの、タイやフィリピンが日本への就航便を増やすことで、ANAのピーチ、オーストラリアのカンタスとJALが出資しているジェットスタージャパン、そしてJALが独資で設立するZIPAIR-TOKYOの競争が白熱しそうです。

利用者にとっては競争によって運賃が安くなることは好ましいことですね。

規模の大きくない地方空港便の増加

今回は、関空以外にも、福岡空港や、小松空港、千歳空港への便も開設されるようです。国内線の地方便については、主にLCCが札幌、仙台、成田、中部、関空、福岡などの地方を結ぶ便を増やしています。

そこで国際便が接続可能となれば、これまで大型空港への移動だけで大変だった地方からの旅行者の利便性を向上させることが可能ですね。

また、首都圏に一極集中しつつある経済や人口の問題がありますが、地域の活性化につながれば良いのではないかと思っています。

最近聞かないサイパンへの海外旅行

筆者が若いころは良く、グアム、サイパン旅行という言葉を聞きましたが最近ではめっぽう聞かなくなりました。

実は、日本からサイパンへの直行便は昨年のゴールデンウイークで終了してしまったとのこと。運航していたのはデルタ航空。同時にパラオへの便も無くなってしまった様です。

これをきっかけに、現地からは日本へ直行便を飛ばして欲しいとの依頼があった様で、今回、スカイマークがまずはチャーター便を飛ばすこととなりました。

スカイマークと言えば、経営破綻に陥り、現在はANAの支援で再生に取り組んでいます。今回のチャーター便はスカイマーク初の国際線でなないでしょうか???

スカイマークは今回のチャーター便を将来的には定期便にしたいと考えている様です。また、パラオへも就航を考えている様です。

パラオについては以前の記事で紹介しましたが、台湾に並ぶ親日国。国旗までそっくりの国で、過去から日本と繋がりの深い国です。

近年は中国の資本が多く入っていましたが、中国旅行客のマナーの悪さから、中国からの便数を減らしたりしているようです。

一方、中国ではなく台湾(中華民国)と正式に国交があることから、中国側もあの手この手を使って揺さぶりをかけています。

日本からはフィリピンとそんなに変わらないくらいの距離なのに、直行便が無いため筆者も台湾で乗り換えましたが、もし直行便が出来ればぜひまた行きたい場所です。パラオの記事は下記を参考にしてください。

【格安・海外】親日国パラオに行ってみよう!

スカイマーク チャーター便 (JTB,HISなどのツアーで発売)
・運航スケジュール  B737-800
・BC801 成田(10:00)→サイパン(14:40)運航日3/22-27
・BC802 サイパン(16:45)→成田(19:30)運航日3/25-30

ぜひとも行ってみたい国

今回、筆者が訪れたことが無い国で、ブルネイとイスラエルの便が就航しています。

ブルネイについては、インドネシアとマレーシアのサバ州がある、カリマンタン島ある国で、資源に恵まれたイスラム教の国です。

なんと国民のGDPの半分が資源による収入ですから資源大国でリッチな国なのでしょう。言語はマレー語なので、マレーシアやインドネシアの人々とも意思疎通ができるのでしょう。

一方、イスラエル。こちらは日本人からすると危険な国というイメージが強い国かもしれません。

しょっちゅう戦争をしていて、治安が悪いというイメージがあると思います。筆者も実はその様なイメージを持っていましたが、以前イスラエル人と会話をする機会があり、話を聞いたり写真を見せてもらったら、イメージと全く異なっていました。

イスラエルは教育水準が高く、医療や軍事産業が進んでいるハイテク国家の様です。もちろん、近くに対立する国もあるので、武装組織によるロケット弾攻撃などがあるようですが、イスラエルにはアイアンドームという国外から発射されたロケット弾等を打ち落とすシステムが配備されているのです。

またイスラエルはユダヤ人の国ですが、そのヘブライ語と日本が似ているという話や、ユダヤ教の祭りと、日本の神社で行う祭りに共通点があるなど、所説ある様です。

今回は、チャーター便ですが今後定期便を飛ばす計画もあるとのことで、その際は是非、イスラエルを訪れてみたいと思っています。

ロイヤルブルネイ航空 A320neo 3/15より
・運航スケジュール
・BI695 バンダルスリブガワン(00:30)→成田(07:30)運航日:水金日
:BI696 成田(11:45)→バンダルスリブガワン(17:10)運航日:水金日
*6月3日から月曜発を増発

エルアル・イスラエル航空 B777-200
・運航スケジュール
・テルアビブ(16:30)→成田(翌日10:00)運航日:9月13日、20日
・成田(13:30)→テルアビブ(20:00)運航日:9月14日、21日

いかがでしたでしょうか?今後もオリンピックの影響もあって、日本に就航する国際線が増加すると思います。

便が増えれば、安く、早く目的地を訪れることが出来るようになりますね。
是非、今後の海外旅行の参考にしていただければと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>