2019年オトコ旅を振り返る

2019年も本日で最終日を迎えました。

あっと言う間に過ぎましたが、今年1年を振り返ってみたいと思います。

ブログ2年目を迎えました

つたないこのブログを書き始めてから2年となりましたが、なかなか記事が書けない1年だったと思います。

掲載した記事は、30記事ですので月平均すると2件でしょうか?

これではまったくアクセス数が上がらなくても文句が言えないレベルで反省しなくてはいけません。

現に、年末年始のまとまった時間で、書きまくっているというのが問題です(笑)

2019年のオトコ旅は8ヶ国・地域を訪問

今年は、まず香港とマカオの訪問から始まりました。

香港もデモが始まる前だったので特段変わった様子もなく、

SIMカードが2枚入るi-Phone XRをアップルショップで

購入しました。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

マカオも久しぶりに訪れましたが、春節が近かったので激込みだったのが印象的です。

ゴールデンウィークには、なかなか安いチケットが見つけられず、

東京から、広州、広州から香港、香港からUAEで乗り継いでスペインのバロセロナへ。

そこから、モロッコのマラケシュに滞在し、ポルトガルで半日遊んでバロセロナからの逆ルートで

帰国という、ハードな旅行を経験しました。

海外旅行から帰ってきて痩せていたのは正直びっくりですね(笑)

そのあとは、11月にフィリピンのマニラを訪れ、

コレヒドール島という変わった島に上陸して、

日本とフィリピンの歴史を肌で感じることが出来ました。

【日帰り】フィリピンのコレヒドール島で日本の歴史を学ぶ

念願のアフリカ初訪問

昨年の年末に行きたいと考えていたアフリカ大陸に初めて上陸しました。

いままで、砂漠はテレビでしか見たことが無かったのですが、初めて本物の砂漠を体験し、

テントの中で1泊したことはとても良い経験でした。

電気もないし、お酒も飲めない中で、やることは全くないのですが、

星がきれいな夜空をずっと眺めるというのもなかなか良かったです。

モロッコザゴラ砂漠ツアーのレビュー

モロッコはアフリカと言ってもヨーロッパ側の端なので、いつか内陸や南部にも行ってみたいと思っています。

JAL公式アカウントからの返信

フィリピンからの帰りに乗ったJAL便ですが、

機長のアナウンスがとても素晴らしかったので、

その内容を呟いたとところ、

なんとJAL公式アカウントからお礼のメッセージをいただきました。

これは非常にうれしかったですね。

アナウンスの内容もだったんですが、英語がとても綺麗だったんですよね。

国内外の飛行機は100回以上乗ってますが、

英語のアナウンスで感動したのは初めてですね。

こんな小さなブログのツイッターアカウントに返信いただいたことが

すごくうれしかったのを覚えています。

続かなかった中国語勉強レビュー

2019年の初めから、中国語のスピードラーニングを始めました。

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(1カ月経過)

自分の頭を使って、実際にどの程度の効果があるのかをレビューしていこうと計画だったのですが・・・

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(2カ月経過)

なんと、3カ月で頓挫。。。

【検証】中国語のスピードラーニングは効果があるのか?(3カ月経過)

非常に恥ずかしい結果となってしまいました。

4カ月目の記事の下書きまでは書いたのですが、そのままになっています。

4月ころから、生活にもいろいろ変化があって、出来なかったというのが

言い訳でしょうか。。。まぁ書いて無い事には変わりないので猛省ですね。

教材自体は毎月更新されるので、空いている時間を使って聞くようにはしているのですが、

検証するブログが止まってしまっているので、正直どうしようか悩んでいます。

一旦、仕切り直して書き続けるかどうかを考えたいと思います。

2020年へ向けて

ブログを書き始めてから2年と数カ月が経過し、記事を書くことにも大分慣れてきました。

一方、書いている記事が読者のみなさんに良い情報を提供できているかどうか

非常に悩みどころでもあります。

ブログ開設時は、海外旅行を通して自分の考え方が変わったり、自分達が住んでいる日本という

国について新たな気づきを持つことを発信することが目的ではあったのですが、

まだまだです・・・・

広く見てもらえる様にするために、引き続き記事を書くことと、

内容を充実させること、番外編として旅以外の記事も書いてみようかと考えています。

2020年は東京オリンピックもあったり、明るい年になればと思います。

そしてみなさんにとっても素晴らしい年になればと微力ながお祈りしたいと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



JALビジネスクラスに乗るなら夜行便!?

前々から、深夜便に乗るならビジネスクラスに乗りたいな~なんて思っていました。今回、マレーシアから成田へ帰るJAL便のビジネスクラスに搭乗したので感じた事を書いていきたいと思います。

深夜便搭乗前には何をする?

今回の便は23時台のフライトでしたが、23時と言えば人にもよりますが寝る時間です。

ということは、事前に夕食を済ませてお酒でも飲みながらゆっくり搭乗までの時間を過ごすと思います。

その後飛行機に搭乗するわけですが、搭乗してから飛行機が離陸して水平になるまでは、寝ることぐらいしかできません。

しかもシートを倒すこともできないので、しばらく待つ必要があります。空港も地方の空港なら、離陸渋滞なんて無縁ですが大きな国際空港は離陸するまでも時間がかかりますので、1時間程度かかることも結構あるのではないかと思います。

シートベルト着用サインが消える時間は大体24時前後になりますね。普段ならもう寝ている人も多いと思います。

到着時間から逆算するとどのくらい寝れるのか?

飛行機は着陸の30分以上前にはおおむねシートベルトの着用サインが出ます。

そして、アジア線の場合の多くは到着時刻が早朝6~7時ぐらいではないかと思います。そうすると、仮に6時に着陸する場合は朝食のサービスが早朝4時に始まってしまいます。

24時過ぎに就寝したとすれば、長くても4時間しか睡眠をとることができません。結構短いので降りた後はげっそりしています。

少ない睡眠時間でビジネスクラスに乗るべきか?

さてさて、ここからが本題ですが、エコノミークラスの場合は離陸後24時ころに軽食の配布があると思います。

これも、エコノミーは座席が多いので配り終わりまで時間がかかります。軽食とるとすれば就寝時間は25時前後になりますのでそこから寝ると睡眠時間は3時間程度になります。

果たして、ビジネスクラスはどうでしょうか?

ビジネスの場合、朝食の時間に起こしてほしいかどうかを搭乗時に確認します。

寝たい人は着陸前のシートベルト着用サインギリギリまで寝ることができます。

ここはビジネスの素晴らしいところですが、私のような庶民はめったにビジネスクラスに乗る機会もないので、豪華な朝食はやはり起こしてもらいたくなります。

また、離陸後の軽食を断ったとしても、ビジネスクラスならではのおいしいシャンパンやワインを少し堪能してから寝ようという気になりますので、結局シートはフルフラットになるものの、睡眠時間はエコノミーと変わらない感じです。

コスパを求めるなならプレミアムエコノミークラスか?

庶民感覚が染みついている私の場合、夜にビジネスクラスに乗るのはいささか高すぎる感があります。

せっかく乗るなら、昼間にのって美味しいお酒や料理を楽しみながら旅をしたいと感じてしまいます。それでも、疲れていてゆっくりしたいならプレエコ(プレミアムエコノミークラス)が良いのではないかと思います。

引用:JALホームページ

なんといってもシートがかなりリクライニングでき、幅もかなり広いです。JALの場合は、エコノミーと同じ料理+JALオリジナルのカップ麺とシャンパンが頼めます。

ラウンジも使えますので、搭乗前にゆっくりお酒を飲んで、搭乗したらシャンパンを飲み、歯をトイレで磨いて朝食までゆっくり寝るのが航空券代とサービスおよび睡眠時間を考えるとリーズナブルなのではないかと思います。皆さんはどのように感じますか?

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!