国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

さて、SIMフリー端末について以前の記事で説明しましたが、

実は国内でもお得な格安SIMを使うことが出来るのです

みなさん、携帯代金って結構高いと思いませんか?筆者の場合は月に6千円以上払っていたこともあり、毎月の支払いですから結構な金額になっています。

近年、総務省の動きもあり、国内でも格安SIMを扱う会社が増えてきました。そもそも格安SIMとは何なのか?

格安SIM(MVNO)って何??

国内でメジャーな電話会社は大きく3つ、D社、K社、S社です。

格安SIMはその大手の会社の回線を使用して通信を提供する新しい形のサービスで事業者はMVNOと呼ばれます。

MVNOはとはMobile Virtual Network Operatorの略称で、設備を作らずにモバイル通信サービスを行う事業者を言います。設備の維持管理にお金がかからないため、

大手キャリアに比べて安くサービスを提供できるという仕組みです

具体的に何が違うのか?

筆者の利用しているIIjimoの内容からメリットとデメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

MVNOのメリット

まず、なんと言っても安い。

筆者はデータ専用プランを使用していますが、2GB/月で1,000¥程度です。

2GBというと少ないように感じられるかもしれませんが、
基本、家に居るときはWi-Fiを使っていますので、まず不足することはありません。

残ったデータ量も翌月以降に持ち越せるため、まったく問題ありません。回線はD社の回線を使っており、D社ユーザと同等に電波も掴めます。

MVNOのデメリット

本体は別にSIMフリー端末を用意する必要があります。

契約と同時に購入することも可能ですが、筆者は基本りんごのお店で購入しているため問題ありません。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

また、現在SIMロックのかかった端末を使用されている方でも、今の契約で使用している会社の回線であればMVNOに切り替えてもSIMロックの解除は不要です。

たとえば、現在D社と契約していて、SIMロックされている。D社を解約して、D社の回線を使用しているNVNO、たとえばIIjimoと契約すればそのまま使えます。

また、mineoだとD社もしくはK社の回線が使用できます。

2つめは、キャリアメール、ABCDEFG@dxxxxx.ne.jpが使えないことです。

但し、最近ではLINE等での連絡が主になっていることもあり、筆者としてはあまり不便を感じません。

3つ目はデータ量が少ないこと。

ですが、これは先に述べた通り筆者の場合は2GBで十分です。

いかがでしょうか?今回紹介した内容は筆者が利用している内容に絞って説明しておりますが、各社いろいろなプランを提供しています。

特に会社勤めで、スマホを使用する時間が限られていたり、

LINE等の連絡やFacebook、インスタの閲覧が主で、動画などは家で見たりするケースが多い方は、月の通信料を大幅に低減することが可能です!

1度検討してみてはいかがでしょうか?

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

【格安・海外】コスパの良い宿を見つけよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

この記事では、現地での通信手段について紹介したいとおもいます。

通信手段といってもズバリ海外でスマホをどうやって使うか?ということです。

他の記事でも紹介しましたが、現地での地図だけではなく、ホテルや航空券の予約情報、SNSや友人との連絡手段などなど、スマホは旅を便利にしてくれる必須アイテムです。そこで、海外でスマホを利用するためにはどうしたら良いかを説明します。

国内キャリアのデータパックは高額・・・

まず、今国内で使っているスマホ、多くの方はメジャーな電話会社(キャリアと呼びます)と契約していると思います。

D社、A社、S社などになると思いますが、基本的にはそのまま海外に持っていっても使える場合が多いと思います。

インターネットでの登録等が必要な場合が有るかもしれませんが基本的にはそのまま持っていって、海外で使える設定に切り替えれば簡単に使うことができます。

電話等の着信や発信も行えます(無料通話枠外とは思いますが)。しかし、ここで注意する必要があるのはデータ通信です。

ぶっちゃけた話、連絡手段はLINEなどを使っている人が多いため電話の発信や着信なんかは、国内でもあまり使用していない人が多いと思います。

スマホで大切なのはデータ通信です。このデータ通信が意外とキャリアのプランでは高額で、1日最大で数千円の設定になっています。

D社なら2,980円/日ですので、3日利用すると9,000円近くになってしまいます。事情はいろいろあるのだと思いますが、海外で使用する場合は現地の通信会社を経由して国内の契約キャリアへという流れになっていることが関係しているのかもしれません。

では、どうしたら安くスマホを使用することができるのか?ここではレンタルWi-Fiと現地SIMの2つの方法を紹介します



Wi-Fi借りる?現地でSIM買う?

まず、レンタルWi-Fiですがこれは、現地で使えるWi-Fiルーター(通信するちっちゃな箱) を出国前にレンタルして、現地に持って行きます。

そうすると。現地通信会社->ルーター->スマホという流れでデータ通信を行うことができます。ルーターとスマホ間はWi-Fiで接続しますので、Wi-Fiルータという名前です。

メリットとしては、まず国内キャリアのプランと比較して安いことです。国にもよりますがアジアだと、400~1,000円/日という設定です。

また、このWi-Fiルーターは複数のスマホが接続できるので、

友達とシェアすることが可能です。もちろんLINEのようなアプリも使えるので、連絡手段としても使えます。

デメリットとしては、このWi-Fiルーターを常に持ち運ぶ必要があり、充電もしておく必要がある点です。

事前にネットで予約しておけば空港で受け取り、帰国時に返却すれば良いので便利なサービスだと思います。

筆者はテレコムスクエアを利用していましたが、グローバルWi-Fiなどいろいろな会社があります。




SIMを買うなら?

次に、現地SIMを購入する方法について説明したいと思います。

皆さんも名前は聞いたことがあると思いますが、スマホには通信会社を識別するSIMカードというものが挿入されています。

簡単に言えば、海外の通信会社のSIMを購入して差し替えれば、格安で電話やデータ通信が出来るということです。

しかし、日本の携帯の場合、注意が必要なのは、SIMロックがかかっているということです。

SIMロックとは、携帯の端末が特定の会社以外のSIMカードを認識しない仕組みのことです。日本では、携帯を購入するときに本体が無料という時代がありましたが、実際その本体の代金は誰が払っているのでしょうか?

それは、月々の契約料金の中から回収されていると考えるのが一般的だと思います。

つまり、契約を短い期間で解約されてしまうと本体代金が回収できなくなるということです。

したがって、契約している通信会社以外では使用できないような状態になっています。しかし、政府の取り組みにより、ここ数年ですが、一定期間使用すればSIMロックを解除できるようになりました。

条件は会社によって異なるため、詳細はそちらで確認していただければと思います。SIMロックがかかっていない端末をSIMフリー端末と呼びますが、SIMフリー化が出来ればいよいよ現地SIMを使えるようになります。

また、最近ではSIMフリー端末が家電量販店等で購入可能になりました。筆者はりんごのお店で購入しています。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

どうやってSIMを入手する?

現地SIMを入手する方法は大きく分けて2つあります。

1つは到着した空港にSIMと書かれたお店がありますので、そちらに向かいます。

大体、空港のSIM屋さんは英語が通じ、英語のメニューもありますのでそれを見て、データ量と期間からコースを選択します。

そうすると携帯をよこせと言われるので、渡せば、大概は開通から設定まで行ってくれます。

もうひとつは、Amazonなどで事前にSIMを購入して、飛行機が着陸する前に差し替えてしまうという方法です。

設定に関しては簡単な知識が必要となるので、詳細のついては次回以降紹介したいと思います。

現地SIMは物価等によっても異なりますが、アジアであれば1週間、数GBで2,000円しないと思います。ヨーロッパでも3~4,000円程度だったのでオススメです。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

AISのローミングSIM(SIM2Fly)で利用可能な国をまとめてみた

但し、以前バリへ言ったときに、データ容量が50GB?80GB?のSIMを買わされたことがあります。

データ量がデータ量なのでそこそこお値段もはりましたが、そもそもそんなデータ量、どうやったらこの旅行で使えるんだ??

完全に足元を見られました(笑)。

海外でスマホを使うときの比較

まとめると以下のようになります。

国内キャリア(D社) レンタルWi-fi(アジア) 現地SIM(アジア)
料金 約3,000円/日 400~1,000円/日 1,000~2,000円/週
メリット 手続き不要 安い・シェア可 安い・かさばらない
デメリット 高い かさばる SIMフリー端末・設定が必要

いかがでしたでしょうか?皆さんもスマホを海外で活用して快適な旅行にしてくださいね。

【格安・海外】SIMを挿してスマホを使ってみよう!

【格安・海外】中国国内だってLINE,FBができる!

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!


4G/3G データ&ボイス・プリペイドSIMカード $80 – 香港LTE対応 – 並行輸入品 (1枚(通常/マイクロSIMサイズ両対応))


【中国移動香港】4G/3G 中国TDD・香港FDD10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]


中港7日 データ通信 2GB 中国本土31 香港 7日間 2GB SMS不可、通話不可、DATA専用SIM デザリング 可能 4G