自分探しの海外旅行って??

あけましておめでとうございます。今年も皆さんにとって素晴らしい年になればと思っています。
さて、年が明けて、これまで海外にしょっちゅう行っていた方も、行ったことの無い方も、2019年はどこかの国に行きたいと考えている人は少なくないのではないでしょうか?今回は良く耳にする自分探しの旅について書いてみたいと思います。

自分探しの旅ってどんなときにするの?

さてさて、自分探しの旅というのはどういう心境の人がするのでしょうか。例えば、進路に迷っているときにとりあえず留学とか、仕事で疲れ果てて、仕事を辞めたり休んだりして海外旅行とか、はたまたショッキングな出来事があっての傷心旅行などなど、いろいろなケースがあると思いますが、具体的な目的は無いけど、期待を胸に、とりあえず一歩踏み出してみる。というような状況が多いのではないでしょうか?

探している自分は見つかるのか?

みんな何がしかの期待を持って海外に行くわけですが、果たして探しているものは見つかるのでしょうか??
海外に行って気づくことは人によって異なると思います。なぜならこれまで育ってきた環境や考え方、価値観、などによって個人差がある為です。
私自身は、自分探しに海外に行ったことはありませんが、これまでの経験から言えることは、これまで日本で育って来て、あたり前だったことが当たり前でないことに気づかされます。それをどのように受け止めるかは個人次第で、それを客観的に受け止めることが出来る人も居れば、そのことにイラっとする人も居ます。初めイラっとしていた人でも後からは客観的に見れるようになったりもします。例えば、私の友人は海外に行った時に、自動車や歩行者のマナーに対してイライラしていましたが、今ではそういうモノかなと認識しています。ここで大切な事は、自分もしくは自分達の当たり前だと思っていたことが、
根本から覆ることが起きます。特に日本人は小さなころか、「こうあるべき」みたいなものを常に意識して生活をしているような気がします。例えば、良い学校に入り、良い企業に就職し、何歳までに結婚し、子供を作り、家を買うみたいなものが常について回る様な気がします。しかし、ひとたび海外に出ればそんな価値観が覆されることもあるのです。探しているものが見つかるかどうかはわかりませんが、悩んでいた事よりもスケールの大きな違いを発見し、場合によっては悩みすら小さく感じることもあるのかもしれません。

好きなことを海外でやっている日本人

これまで海外を旅してきたなかで、自分の好きなことに一生懸命取り組んでいる人を沢山見てきました。エリート自衛官を辞めて沖縄でダイビングを行い、現在はパラオで生活している若者。おなじくパラオで、ツアー会社でアイランドホッピングのガイドをしている女性。セブ島で、ダイビングツアー店を営む方や、台湾の現地企業で働く男性、タイの現地企業で働く女性など、みなそれぞれ自分が好きな仕事をして、海外で活躍しています。やはりそういった方々を見ると、こちらまで幸せな気持ちになりますし、エネルギーを感じます。

自分探しに海外旅行へ行くべきか??

結論は、海外に行ったからといって探しているものが見つかるとは限りません。ただし、多かれ少なかれこれまで経験したことの無い事を肌で感じることが出来る可能性は高いと思います。航空券やホテル代もインターネットで安くできる時代になりました。

撮影:El ACUARIO DIVERS
また、日本のパスポートはVISA無し(通常は渡航前に渡航先の国の領事館へ書類と手数料を持っていき事前にVISAを取得するのが世界では一般的です)で訪問できる国が2018年に世界一となりました。皆さんも、自分探しだに限らず2019年も海外旅行を楽しんでほしいと思います。

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
GREE にシェア
email this
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です