まだ間に合う、2019年ゴールデンウィークに安く海外に行く

みなさんこんにちは。今日は珍しく東京でも雪が降りました。最近では気温差が大きくなり春が近づいている事を感じますが、体調の管理が重要な時期でもありますね。

さて今年のゴールデンウィークは今上陛下のご譲位で10連休ということで海外への旅行を検討している方も多いのではないかと思います。
筆者もここ数年、ゴールデンウィークに海外旅行をしていますが、今年は航空券の高騰が凄まじいです。

高騰する航空券

例年は、11月から翌年の1月ぐらいまでに航空券を手配すると安く納まることが多いのですが、今年は年明け前からどんどん上がっています。

また、テレビでも海外旅行の売れ行きが好調で、旅行プランを追加販売してもすぐに売れ切れてしまう状況だとインタビューを紹介していました。

年が明けてあっという間に2月になり、未だ旅行はしたいと思いながらも高額な旅行費用に尻込みしている方も多いと思います。

まだ間に合う海外旅行

そんなみなさんに耳寄り情報をお届けしたいと思います。

まず、以前の記事で紹介しましたが日本以外は大型連休ではないので、日本から出てしまえばそこからの旅費は節約出来ます。

どうやってGWに安く海外に行くのか?


従って、近隣国の発着便数が多い空港を経由して目的地に向かうと渡航費用を抑えることができます。
筆者の場合は香港を利用することが多く、香港までの往復航空券と、香港から目的地の往復航空券を手配します。乗り継ぎに関する注意事項は過去の投稿を参照にして下さい。

【海外旅行】乗継便で入国するにはどうすれば良いか!?


しかしながら香港往復の航空券が高騰。通常は、LCC含めて安くて3万円くらいですが、今年は年明け前から5万円前後、年明け1月中旬以降は10万円前後になっています。

こうなってくると旅費全体が膨れあがってしまいます。そこで考えたのが香港の近く都市まで安く行くことが出来れば旅費を圧縮出来るのではないかというアイデア。





香港の近くで安く行ける都市を探す

香港から近い都市といえば、深圳、広州、澳門(マカオ)が挙げられると思いますが、澳門は香港と同じで観光地なので航空券は高騰しているはずです。

一方広州は、過去に香港から特急で2、3時間程度で移動したことのあるで都市です。しかも最近では新幹線が開通し1時間程度で移動できるとのこと。調べてみると、7万円前後。しかも最安がANA便です。これなら、日系航空会社の利用も含めてかなりお得です。

何故、値段の逆転が起きるのか?

しかし何故この様な現象が起きるのでしょうか?素人の考えですが、広州はあまり観光で人が訪れるところではないのではないかと思います。通常期でも航空券は安くて7万円前後、観光地である香港の3万をと比較すると高めの設定です。今回の大型連休で、観光地への航空券が高騰し追い抜いてしまったのではないかと思います。

スペイン往復で14万円弱

筆者は今回、香港からスペインまでの航空券を6万円程度で手配できましたので、合計14万円弱。乗り継ぎはあるものの、渡航費用としてはかなり安く納まったのではないでしょうか?日本発着の直行便便利なら50万円最低でもするのでないかと思います。

さて、ゴールデンウィークはもうすぐです。この記事が沢山の方に読まれて、広州便も高騰してしまうかもしれません(笑) 早めに、賢く、楽しい海外旅行を楽しんでいただければと思います。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



どうやってGWに安く海外に行くのか?

今年も残すところあと2ヶ月となりました。一年が過ぎるのはあっという間。来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが笑われても結構、だって来年のゴールデンウィークは天皇陛下が御譲位されることもあり10連休です。ここ数年のオトコ旅では、バリ島往復5万円、そこからオーストリアへ往復2万円の旅、今年はロス、カンクン、キューバ往復で12万円という破格の旅を展開してきました。その秘密についてお話ししていきたいと思います。

撮影:El ACUARIO DIVERS

安さの秘訣その一

チケットは早めに買おう!

当たり前のことですがチケットは早く買えば買うほどおトク!可能であれば前年の12月上旬までに購入するのがオススメです。12月中旬頃からクリスマスと年末年始に向けて値段が上がる傾向がありますので出来ればその前に買うのがオススメです。尚、遅れてしまった場合は成人式のあたり以降に値段をチェックして購入するのが良いと思います。

安さ秘訣その二

乗り換え便を活用しよう!

以前他の記事でも書きましたが乗り換え便を上手く使うとチケットが安くなることが多いです。

何故なら目的地に行くために寄り道したくない人が多いからだと思います。従って直行便は少々値が張っても需要も大きく買いたい人は多いでしょう。それに比べて乗り継ぎ便で接続の悪い便などについては、需要が大きくなく、航空会社も、安く売ってもも空席よりはマシだと考えるのでは無いでしょうか?

先ほど説明したバリ島も香港を経由し、敢えて一泊してから目的地に向かういう作戦を取っています。

安さの秘訣その三

串刺し検索サイトを活用する。これも過去に投稿している記事を参照して欲しいのですが航空券は値段があって無い様なものです。もちろん航空会社の窓口やWEBページの運賃はあくまで個人向けの定価の様なものです。その定価よりも旅行会社などには、一定の数で変更できないような条件をつけて安く販売していると思われます。今は目的地に合わせて定価では無い金額を複数の航空会社を跨った状態で検索が出来る時代です。GoogleフライトやSkyscannerなどを使ってリーズナブルな航空券を探しましょう。



まとめ

ゴールデンウィークにいかに安く海外旅行をするかについて3つの秘訣を紹介しました。ホテルなどについてもWEBを活用することで良い部屋を安く予約する事が可能です。日本国内の旅行会社は、当たり前ですが日本のカレンダーで値段を変化させていると思います。なぜなら高くても購入してくれる顧客は沢山いるからです。では、海外のホテルはどうでしょうか?いちいち日本のカレンダーを確認しながら宿泊料金を変化させているホテルは少ないのではないでしょうか?

WEBで直接に近い形で予約が出来る時代となり旅の可能性は広がっています。海外に出ることはただ楽しいだけではなく多くの気づきをもたらしてくれます。来年のゴールデンウィーク予定を考え始めた皆さん、WEBを活用した海外旅行はいかがですか?

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

まだ間に合う、2019年ゴールデンウィークに安く海外に行く