マニラのスーパーマーケットで小さなチンゲン菜

みなさんこんにちは。

2019年、令和元年もあっという間に過ぎようとしています。

11月にマニラを訪れた際にショッピングモールのスーパーマーケットをブラブラしました。

マニラに滞在したのは数年ぶりですが、中国語の看板と中国人が非常に増えたように感じます。

やはりすごい量の投資が行われているのでしょうね。

国も違えば陳列されている物も違う!

いろいろ紹介したいと思います。

訪れたスーパーは2個所。

センチュリーシティーモールのスーパーと、

168ショッピングモールのスーパーです。

小さい野菜!?

まずは、チンゲン菜です。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、手のひらサイズ!?。

日本のスーパーに並んでいる物とは種類が違うのでしょうか?

日本の物に比べると表面のキズが気になりますね?

おさかな

これは太刀魚でしょうか?

真ん中はアジでしょうか?左はカニですね。

これはマグロでしょうか?

お魚は結構同じようなものがあちこちでとれるのですね。

お肉

日本では、豚、牛、鳥を中心にいろいろな肉がならんでいますが・・・

鶏肉が多い感じがしますね~

マニラの料理は鳥を使ったものが多いような印象があります。

 

スキヤキっていう肉は初めてみましたね~。

明らかに日本食のすき焼きを指しているのでしょうね。

お菓子

 和風のお餅がでてきました。

 

 日本のパッケージって感じがします。

 でも、裏を見てみると・・・・

 

 作っているのは台湾・・・え?

 実はこれ、海外ではよくある事なんです。

 日本の食べ物は海外でも人気がありますが、そのブランド力を利用して、

 いかにも日本で売っている様なパッケージで販売されているもの。

 このお餅が、実際にどうなのかわかりませんが、実はよくありますので、

 買うときには注意が必要ですね。

日本食

 いろいろありますね~

 唐揚げ、てんぷら、とんかつの素?

 

 そしてパン粉もあります。

 

 中華の豆腐??

 日本食ブースまであります。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 フィリピンのスーパーでもいろいろな食材が揃いそうですね!

 また、日本の食品も多く手に入りそうです。

 海外旅行の楽しみ方の一つに、キッチンがついた部屋を借りて、みんなで買い物をして、

 部屋で食事をするというのもあります。

 海外に行く際は是非、スーパーに行ってみましょう。

 いろいろな気づきがあるはずです。

 ばらまきのお土産を買うのにもオススメですよ!

 
HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

<>

【海外旅行】スーツケースに入るお土産に時間をかけていませんか!?

今回はお土産について書いていきたいと思いますが、お土産を買うことや、じっくり時間をかけて選ぶことを否定しているわけではありません。あくまでもオトコ旅という枠組みの中で、何に時間を費やすべきかということを書きたいと思います。

撮影:エルアクアリオダイバーズ

さて皆さんは海外旅行の際にお土産を買いますか??もちろん買う!という方が多いことでしょう!そこで今回はオトコ旅のお土産事情について書いていきたいと思います。

海外お土産の注意点!!

まず、海外旅行のお土産で注意したいことから書いていきましょう。
ひとつ目は、生モノについてです。基本的に加工していない生モノは日本に持ち込むことが出来ないと考えたほうが良いと思います。

理由はその食べ物と一緒に、いろいろな菌を持ち込まないようにすることや、日本国内の生態系を崩さないことなどがあると思います。日本にこれまでないような細菌などが、海外から持ち込まれるとこれまで流行していなかった病気を持ち込む可能性があります。

また、日本に無い植物の種などを持ち込み、その植物が日本で育つことによって、元来から日本にある植物が絶滅してしまうことも考えられます。よく、ブラックバスなどが放流されてそれまで生息していた魚がいなくなってしまうという話はよく聞く話ですね。生モノを持ち込む際は、事前にインターネットなどで調査し、入国前に検閲官に相談する様にしましょう。

ふたつ目は、好みの問題についてです。日本人には日本の食べ物が合うのは当たり前ですが、海外の食べ物については良いイメージを持っていない人も少なくありません。筆者の友人は家族へのお土産を必ず帰国後空港で買ってから帰っています(笑) したがって、食べ物を買っていく場合は注意が必要です。

どこでお土産を買うべきか!?

次にお土産を買う場所についてです。事前に、観光地などお土産を購入する場所や時間をあらかじめ予定していると思いますが、オトコ旅の場合はできるだけ時間は短く設定しています。理由は、お土産選びは意外と時間を要しますし、せっかくお金を払って海外に来たのにお土産を選ぶ時間が多くなってしまっては時間のムダです。

買う場所についてですが、空港で買うのは最小限にしたほうが良いと思います。街中で売っている同じものより、高いときは3~4倍するケースもありました。特に出国審査が済んでからは、搭乗するまでそのエリアのお店を使うことしかできないため、多少高値段が設定されていても売れるという事情があるのだと思います。

では、どこで買うのが良いのでしょうか??

オトコ旅では、スーパーマーケットに行くことにしています。お菓子なんかは現地と同じ値段で買えますし、スーパーをぶらぶらしていると、ちょっと形の違った野菜や、お肉、魚の値段などがわかり、どのような生活をしているのかが想像できるため結構楽しめます。

また、日本の会社が進出している国であれば、その国でしか売ってないインスタントラーメンなどもあります。香港では出前一丁のブラックペッパー味などがありますがもちろん日本では売っていません。

スーパーでの注意点!

スーパーでお土産を買うときに注意しなければならない点としては、手に取ったものが、その国で作っているものであるかどうかということです。他国からの輸入品であった場合は、お土産としてはちょっとイマイチですね。。

買いだすと止まらなくなり、意外とかさばるのがお土産、持っていく荷物は最小限にとどめてスーツケースも半分弱の空きスペースがある状態で渡航するのが、帰国後、荷物で手がふさがることもなく良いかと思います。

そもそもお土産が必要なのか?

筆者の友人は、海外旅行の際に家族へお土産を購入していますが、購入するのは帰国後の空港です。まぁ、オトコ同士の旅行なのでお土産は基本シンプルなお菓子になりますが、どうも家族の外国産お菓子についての反応が良くないらしく、最近では東京のお土産でいいとまで言われているそうです。(笑)

まぁ、世代によっても印象がことなるのでしょが、場合によっては、日本のお土産が喜ばれることもある様です。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!