パース(オーストラリア)にANAが直行便!

トラベルメディアの記事によると、オーストラリアのパースに日本から直行便を来年2019年9月にANAが飛ばすことが発表されました。

引用:トラベルメディア
引用:トラベルメディア オーストラリア政観、ANAのパース就航を歓迎 プロモーション展開へ

拡大し続けるANA

ANAと言えばLCCでもピーチアビエーションとバニラエアを設立し、海外旅行をより身近な物にしています。2019年には両者を統一するとこの前発表されていました。また、2019年から、世界一大きな総二階建て旅客機エアバスA380を3機導入して、ハワイへ直行便を飛ばすことが発表されていました。これは、スカイマークが破綻する寸前に購入を予定した機体なのでしょうか??ハワイと言えば、昔から日本の海外旅行のメッカ的存在で、知らない人はいないと思いますが、オーストラリアのパースはハワイに比べればマイナーです。
しかし、オトコ旅ではオーストラリアでそこまでメジャー過ぎない都市として2017年に訪れています。

ちょうどいい中堅都市パース

【格安・海外】オーストラリアの西端パース(LCC)


このパースというオーストラリアの西端にある都市は、ちょうどいいサイズの中堅都市。道路も広く、左側通行なのでレンタカーを借りても比較的簡単にドライブすることが可能です。

ピカチューのモデルが生息するロットネスト島

中心地から車で30分くらいの海側にはフリマントルという港があり、先日、日本の海上自衛隊が南極へ向かう際に立ち寄った港でもあります。また、そのフリマントルから船で、ロットネストという島に渡ることが可能です。この島は、ポケモンのピカチューのモデルとなったと言われているクォッカワラビーが唯一生息している島です。

他にもオーストラリアのイメージ通りの大自然が堪能でき、この島にしか生息していない動物を沢山見ることができる島でもあります。

【格安・海外】ロッドネスト島でピカチュウに会おう!

オトコ旅では、香港およびバリを経由してからのパースでしたが、直行便が開設されたことで簡単に訪れることが出来るようになりますね。赤道を超えるので10時間以上はかかりそうですが、機会があればまた訪れたい目的地です。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!


>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【格安・海外】ロッドネスト島でピカチュウに会おう!

今回はロッドネスト島について書いてみようと見ようと思います。
ロッドネス島はオーストラリアのパースから船で30~40分くらいの島です。独立した環境で育まれた自然や動物を見ることができます。もちろん、ロッドネスト島にしか無いものです。パースの西側に位置しています。
パースまでの移動については、こちらの記事を参考にしてください。

ロッドネスト島へはフリマントルから船で!

船に乗るには対岸のフリマントルから船が出ていますのでそちらを利用します。

引用:www.rottnestexpress.com
引用:Rottnestexpress.com

こちらのサイトでチケットの予約が可能です。日本語のページはありませんが、そこまで難しくない英語なので、必要に応じでわからない単語を翻訳するなどすれば問題なく予約ができます。

 引用:www.rottnestexpress.com

予約が完了すると、QRコードがメールで送付されますので、スクリーンショットを保存して、乗船するときに見せることができるようにしておきましょう。

いよいよ、ロッドネスト島に到着です。

島内の移動はレンタル自転車を使います

小さな島といえども、歩いて廻るには時間がかかりますので、フェリーを降りたら自転車をレンタルします。
「Pedal and Flipper」とういお店があるのでここでレンタルすることが可能です。

自転車は上り、下り坂が多いので変速機付きのものを選びましょう。ヘルメットも借ります。日本語は通じませんし、容赦なくスピーディーな英語で対応されます。しかもオーストラリア訛りが輪をかけて混乱させてくれます。数字のエイトはオーストラリアではアイトと発音します。こっちがエイトって言って理解してくれたのに、向こうはアイトと返してきます。が、いずれにしても、自転車を借りに来たことは一目瞭然。ボディーランゲージなどをフル活用しながら自転車をゲットしましょう。事前にネットでも予約できる様です。


引用:Rottnestisland.com

島のあちこちにピカチュウが・・・

さて、自転車で島の散策をすると、あちこちにお目当てのクオッカワラビーが居るではありませんか。まったく人を恐れることもなく自由奔放なスタイルはとても癒されます。なんと、このクオッカがピカチュウのモデルになったとのこと。そりゃ、カワイイわけですね。
こんな風に動きます。

クオッカに癒されたら島の散策を続けましょう。

大自然を味わえる島の散策

小さな島とはいえ、さすがおっきなオーストラリアです。スケール、迫力のある場所がたくさんあります。

ガバメントハウス湖です。

小さな鉄道があります

駅を降りると巨大な砲台があります。

セスナ機くらいが離発着できる空港があります。

動物たちと一緒にレストランで食事

さて、島も堪能したところで食事です。フェリーターミナルの近くにある「Hotel Rottnest」で食事します。

生ビールも種類があります!

カワイイだけじゃない動物に注意!!

食事するところも動物たちと一緒です。
ただし、筆者たちが食事を済ませる前に一時的に席を外した瞬間、それまで可愛いと思っていた鳥たちが集結して、 テーブルをぐちゃぐちゃにしてしまいました。席を外す際は注意が必要です!

変わった生き物がいっぱいロッドネスト島

ロッドネスト島は、タスマニア島やガラパゴス島同様、独自の環境によるいろいろな生き物を見ることができます。
パースから近くて日帰り観光することもできます。意外と自転車移動がいい運動になりますし、そのあとのビールも最高です。
簡単なシュノーケリングもできて1日ゆっくり遊ぶことができます。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!