AISのローミングSIM(SIM2Fly)で利用可能な国をまとめてみた

皆さんこんにちは。雨が降ったり、気温が下がったりする今日この頃ですが、雨で落ちた花粉が、一気に舞い上がる晴れの日に、かなり恐怖を感じています。

壁越しに隣の部屋から大きなくしゃみが聞こえてくるのもこのシーズンならではかもしれません。

なんと、くしゃみ1回あたり2kCal消費するらしく、100回すれば、ごはん一善分の200kCalを消費する計算になり、ダイエットにも?

とも思いますがそんなにくしゃみしたら頭がくらくらになってしまい、ダイエットどころでは無いですね。あと数週間の辛抱でしょうか・・・。

さて前回、複数の国を訪問する際にはローミングSIMが便利だという話をしました。

詳細は以下の記事を参照してもらいたいと思いますが、簡単に言えば、複数の国で使える定額のプリペイドSIMの様なものです。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

料金プランはどうなっているのか?

そこで今回紹介したいのは、AISのSIM2FlyというSIMカードです。AISのホームページによると、大きく分けてアジア向けと、グローバル向けのパッケージが用意されています。それぞれに、使用できるデータ容量と、期間によって料金を設定しています。

アジア・オーストラリア向け
(17国・地域)
グローバル向け
(72国・地域)
通信 4G/3Gローミング 4G/3Gローミング
データ容量 1GB,4GB,5GB 1GB,4GB,15GB
期間 2,8,8日間 3,15日間,1年間
値段 119THB(約¥400)
299THB(約¥1,000)
399THB(約¥1,400)
299THB(約¥1,000)
899THB(約¥3,200)
2,799THB(約¥9,800)

 
よく見ると1年間プランというのがあります。容量が15GBなので月割りすると約1月1GBで、年間1万円、しかも70ヶ国以上で使える。

もちろん日本国内でもソフトバンクかドコモをローミングで使うことができるので、スマホであまりデータ通信をしない方で、かつ海外に行く機会が多い人はこのプランを使い続けるというのもありかもしれません。

ただ、通話は出来ないので、通話が必要な方は他の手段を用意するか、2枚SIMが使えるスマホを買う必要があると思います。通話は出来ないと言ってもLINE(アプリを使った通話含む)などはできるので、最近困ることは少なくなってきているのではないかと思います。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

アジア・オーストラリア向けで使える国と地域

まずアジア向け使える国・地域は17個所で、皆さんが旅行で行く機会がありそうな場所は、台湾、韓国、フィリピン、中国、香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、インド、オーストラリアなどがカバーされています。アジアのメジャーな観光地に行くのであればこのSIMで充分ですね。

但し残念なことに、最近成長著しいベトナムは含まれていません。ベトナムに旅行に行く場合は違うSIMを用意したほうが良さそうですね。
使用できる国をこちらにまとめましたので詳細はこちらで確認してみてください。

グローバル向けで使える地域(アジア)


アジアで使える地域は、アジア向けSIMで使える国・地域に加えて、ベトナム、ブルネイ、バルト3国他になります。ベトナム以外の国を訪れる機会がある方には便利だと思いますが、アジア向けとほぼ変わらないと考えた方がよさそうです。

グローバル向け(オセアニア・アメリカ)

オセアニア、北アメリカエリアでは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国(ハワイ含み)となりますので、このメジャーな国に行く場合は非常に便利ですね。

グローバル向け(中南米)

次に中南米ですが、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、アルゼンチン他となります。面積的には多くをカバーしていますが、ブラジルや、ペルー、チリ、エクアドルはカバー出来ていないようなので、これらの国で利用する場合には他のSIMを探す必要がありそうですね。

グローバル向け(欧州)

次に欧州地域ですが、この辺りはかなりカバーが出来ると言っていいと思います。イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルはもちろんOK。北欧は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、他にも、ロシア、ポーランド、トルコ、ギリシャなどで使えます。
欧州で周遊旅行するならこのSIMしかない!といった感じですね。

グローバル向け(中東・アフリカ)

中東についてですが、最近は中東系の航空会社の安いチケットを使って欧州を訪れる人も多いのではないでしょうか?使える国は、カタール、オマーン、クエート、イスラエルなどで使うことが出来ます。個人的にはUAEでも使うことが出来ればかなり便利だと思いますね。訪れる人も増えてますし、エミレーツ航空やエティハド航空などの拠点もありますからね。

一方アフリカは、エジプトと南アフリカだけ。この地域はもう少し頑張って欲しいところですね。ケニア、エチオピア、モロッコなど今後是非とも行ってみたい国がアフリカにはたくさんあるので、今後のAISに期待したいと思います。

まとめ

複数国に滞在するなら、AISのローミングSIMがお勧め。

アジア(ベトナム除く)を回るならアジア向けが安くてオススメです。

オセアニアなら、メジャーなオーストラリアとニュージーランドはカバー。

アメリカ大陸なら、カナダ、アメリカ、メキシコ、アルゼンチンがカバーされてますが、ブラジルなどが含まれていないので南米はまだまだ完全ではない。

ヨーロッパはほぼ完全にサポートされているので利用する価値ありです。

中東とアフリカは今後のAISの取り組みに期待というところですね。

使用できる国をこちらにまとめましたので詳細はこちらで確認してみてください。

いかがでしたでしょうか?AISのSIMはAmazonで購入することができて、日本でも使えるので、出発前に日本で使えるかの確認をして機内に乗り込むことが出来ます。

現地の空港で、SIMを買う必要も無いので時間の節約になりますね。

皆さんも、このローミングSIMを使って海外旅行を楽しんでいただけたらと思います。


アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly


ヨーロッパ周遊 アジア周遊 プリペイド SIMカード!3G/4Gデータ通信【15日間4GBデータ定額】AIS Sim2Fly Sim

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



<>

【メキシコ・カンクン】シュノーケリング・遺跡・ドライブ

さて、メキシコのリゾート地で有名どころといえばカンクンですね~。テレビの旅番組でも紹介されたりするこのリゾート地ですが、今回オトコ旅初のメキシコということで紹介したいと思います。まずは、カンクンの位置を確認しましょう。

メキシコの東側、キューバに一番近い先端とでもいいましょうか・・・・

メキシコって治安悪いの??

さて、メキシコは治安が悪いということを聞きます。カンクンは観光地なので比較的良いといわれていますが、どうなのでしょうか?今回のオトコ旅で、カンクンには3日程度滞在しましたが、特に危険と感じた事件は起こりませんでした。但し、日本と比較して治安が悪いのかもしれないと感じた点は、夜間のコンビニ。日本だと24時間関係なくコンビニで買い物ができますが、カンクンのコンビニは夜になると入り口ドアにある小さな窓だけが使えるようになり、店員さんに欲しいもをもって来てもらう流れです。
予測するに、夜間はコンビニへの強盗などの犯罪が発生する可能背があるからだと思います。加えて警察の車両ですが、日本でいうパトカーはピックアップトラックのようなもので、後ろの荷台に機関銃のようなものと重装備の警官が立ちながらパトロールしています。

まずはレンタカーを入手!

今回の旅は、相変わらずの弾丸でカンクン到着してから第1部、キューバから戻ってきてから第2部というような2部構成。前半はレンタカーを使います。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
カンクン着・宿泊 シュノーケリング・遺跡 キューバへ移動 キューバ泊 カンクンへ移動・宿泊

さて、空港に到着したら、予約していたレンタカー会社のカウンターに行きましょう。レンタカーの予約については、過去の記事を参照してください。
カウンターへ行くと、出口をでたところにバスが来るからそれに乗ってオフィスまで行ってくれとのこと。
確かにいろんなレンタカー会社のバスは来るものの、お目当てのバスが来ません。20分程度待ったでしょうか、バスが来ましたので
乗り込みます。オフィスに着くとレンタカー待ちの大行列。車を入手するまでに1時間は待ったと思います。空港以外で借りた方がいいかも
しれませんが、英語が通じるかどうか不安ですね・・・
4人分のスーツケースを運ぶ必要があるので、ちょっと大きめの車です。ただし、失敗したのはサイドミラーがに変なミラーが貼ってありました。


夜借りたので暗くてよくわかりませんでしたが、たぶん壊れていたのを補修したのだと思います。これが変な反射で見えにくいことこの上ないということに気づいたのは翌日となります。


グランセノーテでシュノーケリング

さて、翌日はグランセノーテーとトゥルム遺跡までのドライブです。場所を確認してみましょう。
グランセノーテまでは車でおおよそ2時間程度でしょうか。大きい通りをひたすらまっすぐに走ります。

駐車場に車をとめて、入口で入場料金を払います。シャワーを浴びてから洞窟に向かいます。シュノーケリングのセットを持っていきますが
フィンの使用はできないので、その辺に置いておくかロッカーに入れましょう。なお、ロッカーを借りるときはパスポートを預けます。
ロッカーのカギを返す時に、パスポートを返してもらうのを忘れないようにしましょう。筆者は後で焦ることになりましたが・・・

そこまで広くないので1往復くらいすれば十分でしょう。水の中はキレイですが小さい魚ばかりです。

マヤの遺跡・トゥルム遺跡!

次はトゥルム遺跡まで移動します。
グランセノーテからトゥルム遺跡までは30分程度

ショッピングセンターが隣接しているので、そこに車を止めました。
やはり遺跡は迫力がありますね~~。



見上げている感がいいですね。

そして、この標識、正直言ってWi-Fi以外は全くわかりません・・・・

遺跡見学のあとは、近くにあるレストランで食事をし、そのあとの目的地について打ち合わせです。
議論の末に決定した目的地は、細長いとこを攻めてみよう!という結論。地図で見てもらえるとよくわかります。

細長い半島はこんな感じです。

一通りドライブを終え、カンクンに戻ってきました。翌日は朝からキューバへ移動です!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!