国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

さて、SIMフリー端末について以前の記事で説明しましたが、

実は国内でもお得な格安SIMを使うことが出来るのです

みなさん、携帯代金って結構高いと思いませんか?筆者の場合は月に6千円以上払っていたこともあり、毎月の支払いですから結構な金額になっています。

近年、総務省の動きもあり、国内でも格安SIMを扱う会社が増えてきました。そもそも格安SIMとは何なのか?

格安SIM(MVNO)って何??

国内でメジャーな電話会社は大きく3つ、D社、K社、S社です。

格安SIMはその大手の会社の回線を使用して通信を提供する新しい形のサービスで事業者はMVNOと呼ばれます。

MVNOはとはMobile Virtual Network Operatorの略称で、設備を作らずにモバイル通信サービスを行う事業者を言います。設備の維持管理にお金がかからないため、

大手キャリアに比べて安くサービスを提供できるという仕組みです

具体的に何が違うのか?

筆者の利用しているIIjimoの内容からメリットとデメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

MVNOのメリット

まず、なんと言っても安い。

筆者はデータ専用プランを使用していますが、2GB/月で1,000¥程度です。

2GBというと少ないように感じられるかもしれませんが、
基本、家に居るときはWi-Fiを使っていますので、まず不足することはありません。

残ったデータ量も翌月以降に持ち越せるため、まったく問題ありません。回線はD社の回線を使っており、D社ユーザと同等に電波も掴めます。

MVNOのデメリット

本体は別にSIMフリー端末を用意する必要があります。

契約と同時に購入することも可能ですが、筆者は基本りんごのお店で購入しているため問題ありません。

香港でDual SIM 対応のi-Phone XRを買う

また、現在SIMロックのかかった端末を使用されている方でも、今の契約で使用している会社の回線であればMVNOに切り替えてもSIMロックの解除は不要です。

たとえば、現在D社と契約していて、SIMロックされている。D社を解約して、D社の回線を使用しているNVNO、たとえばIIjimoと契約すればそのまま使えます。

また、mineoだとD社もしくはK社の回線が使用できます。

2つめは、キャリアメール、ABCDEFG@dxxxxx.ne.jpが使えないことです。

但し、最近ではLINE等での連絡が主になっていることもあり、筆者としてはあまり不便を感じません。

3つ目はデータ量が少ないこと。

ですが、これは先に述べた通り筆者の場合は2GBで十分です。

いかがでしょうか?今回紹介した内容は筆者が利用している内容に絞って説明しておりますが、各社いろいろなプランを提供しています。

特に会社勤めで、スマホを使用する時間が限られていたり、

LINE等の連絡やFacebook、インスタの閲覧が主で、動画などは家で見たりするケースが多い方は、月の通信料を大幅に低減することが可能です!

1度検討してみてはいかがでしょうか?

【格安・海外】ドライブだって楽しめる!

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

【格安・海外】コスパの良い宿を見つけよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!

【格安・海外】海外で現地SIMを使うときの準備(APN設定方法など)

みなさんこんにちは。新年度も始まり、来月からは今上陛下のご譲位に伴い新年号「令和」元年が始まりますね。
そしてお待ちかねの10連休ゴールデンウイークまで2週間を切りました。
今回は、過去に投稿した記事を少し見直して、現地SIMやローミングSIMを使う場合の準備について説明したいと思います。
(この記事は、あくまでもSIMフリー端末を対象としていますのでご注意ください)

まず、海外で安いSIMカードを使うメリットについては以下の記事を参照してください。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

複数の国を訪れるときに便利なローミングSIMについては以下の記事を参考にしてください。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

AISのローミングSIM(SIM2Fly)で利用可能な国をまとめてみた

SIMの購入

さて、実際のSIM購入は大きく分けて2種類となります。

1つは、事前に日本でネットなどでSIMを注文した場合で、
2つ目は現地の空港等でSIMを購入する場合です。

2つ目の場合、特に空港では購入した際には設定まで実施してくれるため問題ありませんが、1つ目のSIM単体で購入した場合は設定が必要な場合がありますのでそちらについて説明していきたいと思います。

SIMを差し替える(現地に着いてから)

今回はi-Phoneのケースで説明していきたいと思います。まず、一番最初に日本で使っていたSIMを抜き取り、新しいSIMを差し込みます。

日本で使っていたSIMは帰国してから使用するので失くさないようにしましょう。

次に、アクティベート、要するにSIMを使える状態にすることですが、大きく分けて2つのパタンーがあります。

1つはSIMを挿して、電波をキャッチした時点で有効になるもの。

2つ目は電波をキャッチしてから電話でアクティベーとする方法です。

電話でアクティベートする場合はSIMと同梱されている説明書に記載されている手順で開通専用の番号に電話すると使えるようになります。

日本で購入する際は説明書が付いているものを購入すると手間がかからないと思います。

現地の説明書で英語ならまだしも、タイ語や中国語やアラビア語だった場合はかなりハードルが高くなってしまいます。

どうしようもない場合は、ホテルのフロント等で聞いたりしています。

但し、電波キャッチ出来たのに、データ通信が出来ない場合があります。この場合はデータ通信の設定、いわゆるAPNの設定が必要になってきます。
APNの設定については、以降説明しますのでのそちらを参照してください。

また、ローミングSIMの場合は、スマホのローミングを有効にする必要があります。

良く海外旅行をするときに、このローミングを有効にしていると後になって高額な請求があるという話を聞くことがあると思いますが、
これは、日本の携帯電話会社との契約で、海外でもデータ通信を使用する設定になることで、高額な通信費用が発生することによります。

従って、定額の契約が含まれるローミングSIMを挿入してから、ローミングを有効にすれば高額の請求を求められることはありません。

SIMを差し替える(日本の空港で)

過去の記事で紹介した、ローミングSIMの中で、日本でも使用することができるものがあります。例えば、タイのAIS社のローミングSIM。
こちらは使用できる国の中に日本が含まれているため、出発前に、日本でアクティベートすることが可能です。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

海外でアクティベートするときは、うまくいかなかった時に問い合わせるにしても日本よりはハードルが高くなりますし、日本でアクティベートできれば、事前に詳しい人に聞いたりすることが可能です。

また、現地の空港に着いてすぐに利用可能なので、スマホが使えない時間を短縮することができます。

注意点としては、購入したSIMには使える期間があります。

従って、アクティベートした時間からその期間を消化し始めますのでその点は注意が必要です。

AISのSIMの場合は、タイの現地時間で期間が消化されます。

旅行開始の数日前からアクティベートを行い、旅行の途中で使用期限を迎えることになってしまっては意味がありません。
しっかり計算をしてからアクティベートしましょう。

まず、購入したSIMを挿入して、ローミングを有効にしましょう。しばらくすると、日本の電話会社の電波をキャッチします。
その後、4GとかLTEの表示がでれば準備完了です。インターネットを開いてページが表示されることを確認しましょう。

問題なければこれで準備完了ですが、インターネットの表示が出来ない場合はデータ通信の設定、いわゆるAPNの設定が必要になってきます。
APNの設定については、以降説明しますのでのそちらを参照してください。



データ通信(APN)の設定について

アクティベートが出来ると電話が使えるようになりますが重要なのはデータ通信ですね。

データ通信も設定が必要な場合がありますが、かなり多くの通信会社の設定がi-Phoneには最初から登録されています。

従ってSIMを挿入してアクティベートすればそのまま4Gの表示がされて使える場合が多いと思います。

また、最近は日本でも格安SIMのユーザーが増えています。

筆者もその一人ですが、格安SIMの場合は、すでに格安SIM通信会社と接続する
APN設定がインストールされていることが多いです。

従って格安SIMを使用している方は、事前にAPNの設定を削除する必要があります。

APNは設定を手動で打ち込むことが出来ますが、一般的にはプロファイルというものをインストールしている場合が多いと思います。
従って、プロファイルのアンインストールを実施してください。

設定から一般を選択

プロファイルを選択

プロファイルに格安SIMの設定が有(筆者はIIJMOと契約)
削除をタップし、暗証番号を入れればアンインストール完了です。

それでも、使えない場合は以降のAPNの設定を行います。

便利なAPNの設定ファイル提供サイト

APNの設定についてはネットで検索すれば詳しく説明があると思いますが私のオススメは、APNの設定ファイルを作成してくれるAPN Changerというサイトです。ネットが使える環境が必要なので、空港のフリーWi-Fi等を利用します。

日本国内で設定する場合も、Wi-Fiを利用するようにしましょう。
何故なら、日本のSIMを使用した状態でこのサイトにアクセスすることは可能ですが、サイトから設定ファイルをインストールしてもうまく機能しないからです。

予想するに、インストールを実施した時点で、日本のSIMの通信設定が変更されてしまうため、最後まで処理が正常に終了しないのではないかと思います。

インストールするときは、Wi-Fiか友人のスマホでテザリングしてもらうなどの方法で実施してください。

また、現地で設定する場合は、入国審査後のエリアでフリーのWi-Fiが使用できることが多いです。そちらを活用しましょう。
空港でWi-Fiが使用できない場合は、ホテルでの設定になってしまうかもしれません。

ネット環境が整ったら、SafariでUnlockit.co.nzを入力すると以下の画面が表示されます。

そこでCreate APNをタッチします。そうすると、対象の国とキャリアを選択する画面に遷移します。

Countryをタッチし、今回は台湾を選択します。

キャリアは中華(Chunghwa)電信のSIMを買ったとしてChunghwaを選択し、Create APNをタッチする。

すると、本体の設定を変更するので良いか?という意味のメッセージが表示されるため許可(Allow)をタッチする。

インストールをタッチする。

パスコードを入力する。

インストールが完了して、しばらくすると4Gの表示が出るようになります。これでデータ通信が利用可能になります。

帰国時は、このAPN設定を削除する必要があります。

削除する方法については前項で説明した、設定->一般->プロファイルをタッチし、プロファイルの削除を行えば完了です。

また、格安SIMを使用している方は、新たに格安SIM向けの設定をインストールする必要があります。

このサイトでも、概ね日本の格安SIMの設定をサポートしていますし、それでもうまくいかない場合は、格安SIMのホームページに設定方法が記載されていますので、事前にこちらもチェックしたほうが良いですね。

いかがでしょうか、SIMの準備方法をしっかりマスターして、海外での快適なスマホ生活に役立つことを期待しています。

【格安・海外】中国国内だってLINE,FBができる!

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!


5180【有効期限2019/9/30・1枚】大中華 30日間 中華圏用(中国全省、香港、マカオ、台湾) 3GB データ通信 専用 プリペイド SIMカード 簡易日本語説明書添付【中国聯通香港】


【正規オリジナル版】4G高速データ通信 大中華 中国全省 香港 澳門 台湾 30日間利用可能 4G(LTE)通信データ容量3GB 128kbps通信無制限 日本語マニュアル付き プリペイド SIMカード