香港でデュアルSIM 対応のiphone XRを買う

みなさんこんにちは。

中国文化圏では旧正月、春節が始まりました。

街の至る所に新年と豚年を祝う飾り物があります。

豚年?

って思う方もいらっしゃると思いますが、

日本の猪年は中国文化圏では豚年になります。

なんか面白いですね(笑)

さて今回は、香港のAppleストアでi-PhoneXRを購入しましたのでそのあたりに触れたいと思います。





何故香港でi-Phoneを買うのか??

まず、何故香港で?と思われるかもしれませんが中国で売られているXRは

SIMカードが2枚入る仕様になっています。

(日本モデルは1枚のみ入る仕様です。)

右下にSIMのスロットがあります。

2枚のSIMが背中合わせで装着できるようになっています。

何故中国でその様なモデルが売っているかは不明ですが、

実はSIMが2枚入る携帯は過去にもあります。

特に、新興国で移動する場合に地域によって携帯会社を

切り替える必要がある場合に便利だと聞きました。

中国ではその様な事は少ないと思いすが、

香港、澳門(マカオ)、本土を

しょっちゅう行き来する人には便利なのかもしれません。

日本でデュアルSIMは必要なのか?

さて、日本人の私に何故必要なのか?というところですが。

まず、筆者は古いスマホとiphone6Sの二個持ちをしておりました。

古いスマホを持ち歩く必要があったのは、iphone6Sは

おサイフ携帯機能に対応しておらず、

Suicaをいちいちチャージするのが面倒だったからです。

また、回線もドコモは電話のみの契約に変更して古いスマホに挿し、

iphoneにMVNO(格安SIM)のデータ専用SIMを挿していました。

これで毎月の電話料金は3,000円以下となります。

MVNOについての記事は過去の記事を参照してください

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

しかし、延命するも所詮古いスマホはボロボロ。

一度バッテリーを変えましたがもう充電してもすぐに逝ってしまう状態。

そこで2枚のSIMが使えるiphoneXRの情報を入手。

・モバイルSuicaはiphone7以降で使用可能

・ドコモの電話用とMVNOのデータ用SIM併用可能

これまでの2台持ちからの解放が見えて来ました。

別件での香港訪問

春節直前にで香港を訪れる機会がありました。

ついでにAppleストアに向かいます。

香港には何店かAppleストアがある様ですが九龍のストアを目指します。

空港に着いてからエアポートエクスプレスで

九龍駅に向かいます。

ここからタクシーでAppleストアに向かいます。

春節前とあって店は激混みです。友人を待たせるのも申し訳ないので即決でいきます。

オレンジのTシャツを着た店員さんに話しかけます。

筆者「iphone買いたいのですが…」

店員「わかりました。ストレージの大きさは?」

筆者「値段おしえてください」

店員「こちらです」とスマホの画面をみせる

筆者 香港ドルをスマホアプリで日本円に変換

「これくだささい」

店員「色はどれにしますか」展示品で紹介しようとする。

筆者 時間もないので即決「黒でお願いします」

店員「こちらへどうぞ」展示しているスマホの前に移動

店員「代わりの者が対応しますのでこちらでお待ちください。

ご存知の様に、混雑しているので時間がかかると思います」

<ここまで5分くらい>

<待つ事5分くらい>

新たな女性店員登場

店員 スマホの箱を持って「こちらですか?」

筆者 「OKです。2枚SIM入りますよね?」

店員 「入ります。但し、どっちかのSIMが4Gの場合はもう片方は3Gになります」

筆者 事前に香港の友人から聞いてたので「OK」

店員 「Appleケア入会しますか」

筆者 「大丈夫です」

店員 「どこから来ましたか?」

筆者 「日本です」

店員 「サポートは香港、マカオ、中国となりますがよろしいですか?」

筆者 「OK」

クレジットカードで会計終了。

店員 「ありがとうございました。Happy New year!」

以上で合計15分くらい。

混んでいても予め買うモノが決まっていれば

以外と早く買い物ができるものですね。

無事にi-Phoneを購入することができたので、帰国してからセットアップ。

APNのプロファイルも通常通りインストールできました。APNとはデータ通信するための設定ですが、通常SIMを挿せば自動認識します。但しMVNOの場合は個別に設定が必要となる場合があります。詳細は過去の記事を参考にしてください。

【格安・海外】海外で現地SIMを使うときの準備(APN設定方法など)

モバイルSuicaの移行もバッチリ。

アンテナはこんな感じの表記になります。

まぁ、筆者の様に2枚のSIMを同時に使いたい人は少ないと思います。

海外に毎週行く人?

ローミングSIMを入れっぱなしにして、

使うときに課金だけして使いたい人?

プライベートと会社用のケータイを2個持ちしたくない人?

自宅と会社付近で違うキャリアを使いたい人?

日本ではどこの大手のキャリアであっても電波状況は良好だと思います。

あまり良い情報とは言えませんが、

もし必要な方がいれば参考にしていただければと思います。

尚、法的には日本の電波に関する法律に適合している必要があります。

訪日に観光客も自国で買ったスマホを使っている現状からすると

かなりグレーな部分でもありますがそのあたりは自己責任でお願いします。

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【格安】海外で現地SIMを使うときの準備(iphoneのAPN設定方法など)

現地SIMやローミングSIMを使う場合の準備、

設定について説明したいと思います。

この記事は、あくまでもSIMフリーのiphneを対象としていますので、

SIMロックされている端末の解除の方法はWEBで検索してください。

また、Wi-fiをレンタルするのではなく、

事前にネットまたは、海外の空港なのでで安いSIMカードを使うメリットについては

以下の記事を参照してください。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

複数の国を訪れるときには1枚のSIMカードで複数の国で使える

ローミングSIMがお勧めです。

詳細については以下の記事を参考にしてください。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

AISのプリペイドSIM(SIM2Fly)でローミング可能な国をまとめてみた

SIMの購入

さて、実際のSIM購入は大きく分けて2種類となります。

1つは、事前にAmazonなどでネットなどでSIMを注文した場合、

2つ目は現地の空港等でSIMを購入する場合です。

2つ目の場合ですが、

特に空港で購入した際には設定まで実施してくれるため

自分で設定する必要がありませんが、

1つ目のSIM単体で購入した場合は設定が必要な場合がありますので

そちらについて説明していきたいと思います。

SIMを差し替える(現地に着いてから)

今回はiphoneのケースで説明していきたいと思います。

まず、一番最初に日本で使っていたSIMを抜き取り、新しいSIMを差し込みます。

日本で使っていたSIMは帰国してから使用するので失くさないようにしましょう。

(確か、SIMの再発行には手数料がかかるはずです)

SIMのアクティベート

アクティベートとはSIMを使える状態にすることですが、

大きく分けて2つのパタンーがあります。

1つはSIMを挿して、

電波をキャッチした時点で自動的に有効になるもの。

2つ目は電波をキャッチしてから

決まった番号などに電話してアクティベーとする方法です。

電話でアクティベートする場合は

SIMに同梱されている説明書に記載されている手順で

開通専用の番号に電話すると使えるようになります。

日本で購入する際は説明書が付いているものを

購入すると手間がかからないと思います。

現地語の説明書でアクティベート出来ない場合

英語の説明書ならまだしも、

タイ語や中国語やアラビア語だった場合

設定するのはかなりハードルが高くなってしまいます。

どうしようもない場合は、ホテルのフロント等で聞いたりしています。

プリぺーどSIMが良く使われている地域や、

SIMロック無しで端末を販売している地域では

比較的簡単に教えてもらえると思います。

データ通信が出来ないときはAPNの設定が必要

キャリア(電話会社の名前)が上部に表示されて、

電波キャッチ出来たのに、

データ通信が出来ない場合があります。

この場合はデータ通信の設定、

いわゆるAPNの設定が必要になってきます。

APNの設定については、以降説明しますのでのそちらを参照してください。

また、ローミングSIMの場合は、

スマホのローミングを有効にする必要があります。

(以前、XperiaでローミングSIMではないのに、ローミングをONして使える様になったことがあります)

ローミングとは、SIMの発売元の国や地域以外で使うことです。

筆者が紹介しているローミングSIMの発売元はタイや

香港の会社なので、その地域以外で使用する場合ローミングという扱いになります。

複数の国で安く使えるSIMがローミングSIMです。

良く海外旅行をするときに、このローミングを有効にしていると

後になって高額な請求があるという話を聞くことがあると思いますが、

これは、日本の携帯電話会社との契約の中で、

海外でもデータ通信を使用する設定になることで、

高額な通信費用が発生することによります。

従って、定額の契約が含まれるローミングSIMを挿入してから、

ローミングを有効にすれば高額の請求を求められることはありません。

SIMによっては、日本国内でアクティベートできる

ローミングSIMの中で、

日本でも使用することができるものがあります。

例えば、タイのAIS社のローミングSIM。

こちらはローミングして使用できる国の中に日本が含まれているため、

出発前に、日本でアクティベートすることが可能です。

【海外スマホ】ローミングSIMは便利なのか!?

海外でアクティベートするときは、

うまくいかなかった時に問い合わせるにしても

日本よりはハードルが高くなりますし、

日本でアクティベートできれば、

事前に詳しい人に聞いたりすることが可能です。

また、現地の空港に着いてすぐに利用可能なので、

スマホが使えない時間を短縮することができます。

注意点としては、購入したSIMには使える期間があります。

従って、アクティベートした時間からその期間を

消化し始めますのでその点は注意が必要です。

AISのSIMの場合は、タイの現地時間で期間が消化されます。

旅行開始の数日前からアクティベートを行い、

旅行の途中で使用期限を迎えることになってしまっては意味がありません。

しっかり計算をしてからアクティベートしましょう。

まず、購入したSIMを挿入して、ローミングを有効にしましょう。

しばらくすると、日本の電話会社の電波をキャッチします。

その後、4GとかLTEの表示がでれば準備完了です。

インターネットを開いて

ページが表示されることを確認しましょう。

問題なければこれで準備完了ですが、

インターネットの表示が出来ない場合はデータ通信の設定、

いわゆるAPNの設定が必要になってきます。

APNの設定については、以降説明しますのでの

そちらを参照してください。



データ通信(APN)の設定について

アクティベートが出来ると電話が使えるようになりますが

重要なのはデータ通信ですね。

データ通信も設定が必要な場合がありますが、

かなり多くの通信会社の設定がiPhoneには

最初から登録されています。

従ってSIMを挿入してアクティベートすればそのまま

4GやLTEの表示がされて使える場合が多いと思います。

また、最近は日本でも格安SIMのユーザーが増えています。

筆者もその一人ですが、格安SIMの場合は、すでに格安SIM通信会社と接続する

APN設定がインストールされていることが多いです。

従って格安SIMを使用している方は、

事前にAPNの設定を削除する必要があります。

APNは設定を手動で打ち込むことが出来ますが、

一般的にはプロファイルというものをインストールしている場合が多いと思います。

従って、プロファイルのアンインストールを実施してください。

(ちなみにYモバイルの場合は、一括初期設定のプロファイルを間違って削除しない様にしましょう)

設定から一般を選択

プロファイルを選択

プロファイルに格安SIMの設定が有(筆者はIIJMOと契約)

削除をタップし、暗証番号を入れればアンインストール完了です。

それでも、使えない場合は以降のAPNの設定を行います。

(プロファイルの削除を行うと、iphoneにデフォルトで入っている

APNが自動的に選択されます)

便利なAPNの設定ファイル提供サイト

APNの設定についてはネットで検索すれば詳しく説明があると思いますが

私のオススメは、APNの設定ファイルを作成してくれるAPN Changerというサイトです。

ネットが使える環境が必要なので、空港のフリーWi-Fi等を利用します。

日本国内で設定する場合も、Wi-Fiを利用するようにしましょう。

何故なら、日本のSIMを使用し、データ通信した状態で

このサイトにアクセスすることは可能ですが、

サイトから設定ファイルをインストールしてもうまく機能しないからです。

予想するに、インストールを実施した時点で、

日本のSIMの通信設定が変更されてしまうため、

最後まで処理が正常に終了しないのではないかと思います。

インストールするときは、Wi-Fiか

友人のスマホでテザリングしてもらうなどの方法で実施してください。

また、現地で設定する場合は、

入国審査後のエリアでフリーのWi-Fiが使用できることが多いです。

そちらを活用しましょう。

空港でWi-Fiが使用できない場合は、ホテルでの設定になってしまうかもしれません。

ネット環境が整ったら、

SafariでUnlockit.co.nz

入力すると以下の画面が表示されます。

そこでCreate APNをタッチします。そうすると、

対象の国とキャリアを選択する画面に遷移します。

Countryをタッチし、今回は台湾を選択します。

キャリアは中華(Chunghwa)電信のSIMを買ったとして

Chunghwaを選択し、Create APNをタッチする。

すると、本体の設定を変更するので良いか?

という意味のメッセージが表示されるため許可(Allow)をタッチする。

インストールをタッチする。

パスコードを入力する。

インストールが完了して、

しばらくすると4Gの表示が出るようになります。

これでデータ通信が利用可能になります。

しばらくしても電波がつかめないときは、

スマホの電源オフオンを試してください。

帰国時は、このAPN設定を削除する必要があります。

削除する方法については前項で説明した、

設定->一般->プロファイルをタッチし、

プロファイルの削除を行えば完了です。

また、格安SIMを使用している方は、

新たに格安SIM向けの設定を

インストールする必要があります。

(Yモバイルの場合は不要です)

このサイトでも、

概ね日本の格安SIMの設定をサポートしていますし、

それでもうまくいかない場合は、格安SIMのホームページ

に設定方法が記載されていますので、事前にこちらもチェックしたほうが良いですね。

いかがでしょうか、SIMの準備方法をしっかりマスターして、海外での快適なスマホ生活に役立つことを期待しています。

【格安・海外】中国国内だってLINE,FBができる!

国内でも格安SIM(MVNO)を使ってみよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!


5180【有効期限2019/9/30・1枚】大中華 30日間 中華圏用(中国全省、香港、マカオ、台湾) 3GB データ通信 専用 プリペイド SIMカード 簡易日本語説明書添付【中国聯通香港】


【正規オリジナル版】4G高速データ通信 大中華 中国全省 香港 澳門 台湾 30日間利用可能 4G(LTE)通信データ容量3GB 128kbps通信無制限 日本語マニュアル付き プリペイド SIMカード