【国際免許】海外のレンタカーでドライブだって楽しめる!

海外で、特に公共交通機関が発展していない場合や、

中長距離を移動したいのであればレンタカーもオススメです

運転には国際免許が必要!

海外で車を運転するにあたっては一般的には国際運転免許証が必要となります

一部、日本の免許でも運転できる国がありますが、

ハワイ、韓国?

国際免許が無難です。

国際免許は、免許センターで手数料を

払えば一年間有効な免許が発行してもらえます。

但し、台湾のように国連に加盟していない国では

国際免許が使えないため、

そういう場合はJAF事務所にて現地語訳の書類を

作成して持参する必要があるようです。

事前に運転する国の状況確認が必要!!

国際免許があれば対象の国でレンタカーを

運転することが可能ではありますが、

交通事情を確認して決める必要があります

交通ルールが守られていない国も沢山あるため、

現地に慣れていない人間の運転は

事故のリスクが高くなります

国際免許でレンタカーが運転しやすかった国

都市部は、車の運転もリスクがあるため、

比較的のんびりした地域で運転しましたが

そのあたりは事前に調査が必要です。

参考までに、運転して運転しやすかったのは、

アイラ島(UK)、

パース(オーストラリア)、

カンクン(メキシコ)、

ランカウイ島(マレーシア)、

コロール(パラオ)です。

また、コロール(パラオ)では、車の品質がよくないということを

事前にネットの情報で知ってはいましたが、

即効バッテリーがあがってしまうという状況に遭遇。

近くのトラックのおじさんにケーブルで助けてもらいました。

予約はRentacars.comで手配しています。

このサイトも一定期間キャンセルが無料だったり、

スマホのアプリがあるので現地での説明もそこまで難しくありません。



カーナビもオプションでつけることが出来ますが、

写真のパース(オーストラリア)で借りたナビは、

あまり使い勝手がよいものではありませんでした。

大陸製なのか若干日本語も不自然でした。

最終的にはGoogleマップのナビを活用してました。

やはり、現地でスマホが使えると選択肢が広がります。

【格安・海外】スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル

ナビを返却する際は英語表示に戻しておくことを忘れなく。

借用時、受付のマダムからお願いされました。

まとめ

国連加盟国なら、原則国際免許でレンタカーの運転が可能。

国連に加盟していない国でも、JAFで翻訳の資料を作ってもらうことで

レンタカーが運転できる場合もある。

国際免許は近くの免許センターで発行可能。

有効期限は1年。

運転する場所の事情は事前にチェック要。

都心部は事故リスクが高い場合もあるので、

地方であれば比較的安心して運転できる。

いかがでしょうか?

リスクを最小限にすれば、国際免許を使った

レンタカーでの移動も快適にできます!

【格安・海外】現地でツアーを予約してみよう!

【格安・海外】まずは安く航空券を買う!

最強な日本のパスポート!?2018年世界一に!

【格安・海外】コスパの良い宿を見つけよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【格安・海外】やっぱり電車か地下鉄、なければタクシー!

航空券と宿の確保が出来たら次は具体的なスケジューリングについて書いていきたいと思います。まず、現地での移動手段についてですが、これは目的地によってだいぶ異なってきます。

交通インフラが整っている国は?

交通インフラが整っている国であれば、地下鉄や電車が非常に使いやすいです。

また、日本と同じようにICカードがあれば、ある一定金額をチャージしておけば気にせず乗り降りができるため非常に便利です。

台湾であれば悠遊カード

香港であればオクトパスカード

タイであれば、Rabbitカード、のように、

一番初めに駅での券売機か駅員の居る窓口にいってカタコトの英語もしくは、写真等を見せれば購入する事ができます。

電車以外でもコンビニの買い物等でも使用することができるため、オススメです。

バスは正直、初心者は難しいかも

次にバスについてですが、実を言うところ筆者はあまりバスを使用したことがありません。

理由はどこで降りたら良いのかが分かりにくいところです。バスの場合は、現地語でのアナウンスおよび表記等なので、正直外国人にとってはハードルが高いのが現状かもしれません。

しかし、筆者の友人は台湾にてバスを使いこなしています。その内容については、機会があれば触れたといと思います。

日本と比べてはるかに安いタクシー

バスに比べて、使い勝手がいいのはタクシーです。

日本に比べてはるかに安い料金設定で、目的地さえうまく伝えることができればかなり便利です。

現在は、スマホなどを使うことができるので、地図を見せたり、店の名前などを示すことで、大体は問題なく目的地に到着することが可能です。

但し、筆者がベトナムで2回経験したように、ターボーメーターと呼ばれるメーター付きのタクシーもあり、観光地のいい場所でスタンバイしているわりには、誰も乗っていない外車のタクシーなどは注意です。桁がひとつ異なると、料金が10倍になりますので。

ドライブだって楽しめる!
現地でツアーを予約してみよう!
スマホは必須、できれば現地SIM、最低でもWi-Fiレンタル
まずは航空券をとろう!
最強な日本のパスポート!?
コスパの良い宿を見つけよう!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!