【海外・オススメ】オトコ旅史上No.1の海キューバ

今回はキューバについて書いていきたいと思います。何故キューバを訪れかについては過去の記事を参照してください。さて、キューバの位置ですがメキシコの東端から東、アメリカのフロリダの南でしょうか。

社会主義国キューバ


キューバと言えば、社会主義国でカストロ議長が思い浮かぶのではないでしょうか?その他にもスポーツ選手や高度な教育システムで有名です。キューバへの入国は主にカナダ経由とメキシコ経由があると思いますが今回はメキシコのカンクンから向かいました。飛行機が空港に着陸すると同時に拍手喝さい。日本人からすると不思議な光景です。余談ですが、残念なことに、帰国してから数ヶ月後にキューバ国内線で飛行機が墜落する事故があったようです。

バラデロまではタクシーで2時間程度

本題に戻りますがキューバの空港に到着し、目的地のバラデロまで数時間のタクシーの旅です。キューバの通貨は、価値で言えば日本の20分の1ぐらいなのですが、外国人は外国人専用の通貨を使います。その通貨の影響もあってタクシー代も結構な額に。目的地を伝えて値段交渉をしていると、みんなそんな安い金額では無理の様子、他をあたろうとしていると、ちょっと待ってろと言われ、待ってると、別のタクシーが登場。不審感を抱きつつ、面倒なので何でもいいという結論へ。そこから陽気な運転手との旅が始まります。聞いたことのないメーカーの車で何年使っているか分かりません。窓を開けようとしたら、運ちゃんが降りて助手席の窓を真剣白刃取りのように手で挟んで開けてくれます。そしてドヤ顔で「オートマテーイーコ(automático)!!」と。


自動だと言いたいのでしょう笑笑 しかもエンジンランプ点灯しっぱなしの車にはなかなか日本では乗れません。道中は、運ちゃんの独壇場で、どこで見たか分からない侍が刀で切る仕草で盛り上げてくれました。

オールインクルーシブのリゾートホテル




バラデロではこのMuthu Playa Varaderoホテルに宿泊。プライベートビーチ付きのオールインクルーシブプランです。オールインクルーシブというのは宿泊費用の中に滞在中の食事や飲み物代が全て含まれているものです。したがってホテルの敷地内では財布を持ち歩く必要がありません。好きな時間に食べ飲みが出来る仕組みです。ホテルの敷地内に複数のレストランとバー、クラブ、プール、ビーチなどがありホテルから出る必要はありません。ちなみにホテルの周りを移動する場合は車が無いと不便です。Wi-Fiのカードもフロントで購入することが出来るのでフロント近くの席やバーなら、ネットを楽しむことが出来ます。

ホテルの滞在中に葉巻を買わないかと2回聞かれました。1人は、西洋人でビーチの監視員をしている男性、もう1人は何回か会話したウエイターのおじさんです。何か怪しい気がしたので断りましたが、もしかしたら麻薬なんかも絡んでいるかもしれません。麻薬関係は国によってはかなり罪が重い場合もあり、下手をすれば乗り継ぎ地で御用となって帰国出来ない可能性もあります。皆さんもくれぐれも注意してください。筆者の場合は航空券発券時により細かなセキュリティチェックを受ける乗客に選ばれ(多分ランダム)乗り継ぎ地のヒューストンで洋服付いているものを機械で検査し、手荷物も再度詳細までチェックされました。5分程度で終わりましたが・・・

オトコ旅史上No.1のビーチ


さていよいよ、ビーチですがこれまで行ったビーチの中で最も綺麗なビーチです。

どこまでも続く白い砂浜。サイコーですね!


翌日は、同じタクシーで中心地に戻ります。

小さなお店で途中下車し、ビールをいただいて出発です。いかがですかキューババラテロのビーチ?筆者は日程の都合上1日しか滞在できませんでしたが次は1週間ぐらい滞在したところですね〜〜

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!



【メキシコ・カンクン】シュノーケリング・遺跡・ドライブ

さて、メキシコのリゾート地で有名どころといえばカンクンですね~。テレビの旅番組でも紹介されたりするこのリゾート地ですが、今回オトコ旅初のメキシコということで紹介したいと思います。まずは、カンクンの位置を確認しましょう。

メキシコの東側、キューバに一番近い先端とでもいいましょうか・・・・

メキシコって治安悪いの??

さて、メキシコは治安が悪いということを聞きます。カンクンは観光地なので比較的良いといわれていますが、どうなのでしょうか?今回のオトコ旅で、カンクンには3日程度滞在しましたが、特に危険と感じた事件は起こりませんでした。但し、日本と比較して治安が悪いのかもしれないと感じた点は、夜間のコンビニ。日本だと24時間関係なくコンビニで買い物ができますが、カンクンのコンビニは夜になると入り口ドアにある小さな窓だけが使えるようになり、店員さんに欲しいもをもって来てもらう流れです。
予測するに、夜間はコンビニへの強盗などの犯罪が発生する可能背があるからだと思います。加えて警察の車両ですが、日本でいうパトカーはピックアップトラックのようなもので、後ろの荷台に機関銃のようなものと重装備の警官が立ちながらパトロールしています。

まずはレンタカーを入手!

今回の旅は、相変わらずの弾丸でカンクン到着してから第1部、キューバから戻ってきてから第2部というような2部構成。前半はレンタカーを使います。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
カンクン着・宿泊 シュノーケリング・遺跡 キューバへ移動 キューバ泊 カンクンへ移動・宿泊

さて、空港に到着したら、予約していたレンタカー会社のカウンターに行きましょう。レンタカーの予約については、過去の記事を参照してください。
カウンターへ行くと、出口をでたところにバスが来るからそれに乗ってオフィスまで行ってくれとのこと。
確かにいろんなレンタカー会社のバスは来るものの、お目当てのバスが来ません。20分程度待ったでしょうか、バスが来ましたので
乗り込みます。オフィスに着くとレンタカー待ちの大行列。車を入手するまでに1時間は待ったと思います。空港以外で借りた方がいいかも
しれませんが、英語が通じるかどうか不安ですね・・・
4人分のスーツケースを運ぶ必要があるので、ちょっと大きめの車です。ただし、失敗したのはサイドミラーがに変なミラーが貼ってありました。


夜借りたので暗くてよくわかりませんでしたが、たぶん壊れていたのを補修したのだと思います。これが変な反射で見えにくいことこの上ないということに気づいたのは翌日となります。


グランセノーテでシュノーケリング

さて、翌日はグランセノーテーとトゥルム遺跡までのドライブです。場所を確認してみましょう。
グランセノーテまでは車でおおよそ2時間程度でしょうか。大きい通りをひたすらまっすぐに走ります。

駐車場に車をとめて、入口で入場料金を払います。シャワーを浴びてから洞窟に向かいます。シュノーケリングのセットを持っていきますが
フィンの使用はできないので、その辺に置いておくかロッカーに入れましょう。なお、ロッカーを借りるときはパスポートを預けます。
ロッカーのカギを返す時に、パスポートを返してもらうのを忘れないようにしましょう。筆者は後で焦ることになりましたが・・・

そこまで広くないので1往復くらいすれば十分でしょう。水の中はキレイですが小さい魚ばかりです。

マヤの遺跡・トゥルム遺跡!

次はトゥルム遺跡まで移動します。
グランセノーテからトゥルム遺跡までは30分程度

ショッピングセンターが隣接しているので、そこに車を止めました。
やはり遺跡は迫力がありますね~~。



見上げている感がいいですね。

そして、この標識、正直言ってWi-Fi以外は全くわかりません・・・・

遺跡見学のあとは、近くにあるレストランで食事をし、そのあとの目的地について打ち合わせです。
議論の末に決定した目的地は、細長いとこを攻めてみよう!という結論。地図で見てもらえるとよくわかります。

細長い半島はこんな感じです。

一通りドライブを終え、カンクンに戻ってきました。翌日は朝からキューバへ移動です!

HOME

ブログの更新情報はツイッターで配信しています。ぜひフォローしてください!

>ブログの更新を知りたい!おすすめアプリ!